クアラルンプール(マレーシア)

 

3月下旬にマレーシアの首都クアラルンプールに行ってきました!

今回はクアラルンプールについて紹介します^^

THE観光地!っていうところしか行っていないので、なるべく行かないと分からないようなことを書けたらいいなーっと思っております!

 

まずはマレーシアの基本情報から。

地図上にピンク色で表示されているのがマレーシア。日本からも比較的近く、時差も一時間です。クアラルンプール自体はとても都会でビジネス、文化、政治などを総合評価した世界都市格付けで49位の都市と評価されています。(ちなみに東京は4位)

 

▼公用語はマレーシア語と英語

公用語はマレーシア語ですが、準公用語として英語が使用されており、英語ができればクアラルンプールに旅行する分には困らないです。(地方に行くと少し厳しいらしい)

ただ訛りがすごいので少し手こずります。むしろ最初は驚きます。笑

マレーシアは多民族国家なので、マレー系が話す英語、華人系が話す英語、インド系が話す英語で少しアクセントや発音が違うような印象がありました。また、俗に言う「カタカナ英語」的なものも結構通じるので、発音に自信がなくてもマレーシアではなんとかなると思います。

 

 

▼青いタクシーは比較的安全(らしい)、でも料金は二倍。

旅行者の主な足となるタクシー。街中でも色々な種類のタクシーが走っています。赤いのとか、白いのとか。そんな中でも比較的安全と言われるのはこの青いタクシー。車内も広く5人でも乗れます。でも料金は2倍。(それでも日本と比べたら安いです)

現地の人いわく「まあ言ってしまえばどんなタクシーに乗ろうが騙されるときは騙されるから、もうしょうがないよね!」だそうです。

 

▼  電車の切符はコイン型!

ただのプラスチックのコインに見えるのは私だけじゃないはず。

 

券売機はこちら。表示は英語とマレー語から選べます。路線図が表示されるので行きたい駅をタッチ。

車内はこんな感じ。イスがプラスチック製で固いやつです。ちなみにこれは優先席。車内はこれでもか!ってくらいに冷房が効いてます。

 

切符は最後こんな感じで回収されます。自動販売機みたい!入るときはICカードのようにピッとタッチ式です。

▼KLタワーとツインタワー

左がKLタワーで右はツインタワー。クアラルンプールについて最初に目に付くであろうこの建物。ガイドブックによく載っているので詳細はそちらで!

 

8時頃に撮ったツインタワー。まだ日が沈みきってなかったので完全に暗くなったいなく、雲の色が不思議な感じ。ツインタワーの片方は日本が建設を手がけているんですよー!

 

▼  食べ物も多様なマレーシア

ご飯の上に好きな具を乗せていくパターン。何も言わないとお店の人にどんどん盛られるので要注意。これで400円くらいです。これは一応マレー系らしいです。辛かった。

 

先述した通り他民族国家なマレーシアでは食べ物もいろいろな種類があります。マレー系、中華系、インド系などがメイン。さらにマレー+インドといって混ざり合ってるものが多いそうでこれがマレーシアならでは!っていうものは少ないんだとか。

 

▼  個人的におすすめ、KLCC水族館!

ぐっすり寝てたイグアナちゃん。※水族館です

マレーシアだからと言って独特の生き物がいるわけでもないのですが、水族館なのに魚以外のものが多すぎて笑いました。

カブトムシ・蝶々の標本とかタランチュラとかいましたから。・・・・昆虫博物館?

あ、ビーバーとカワセミもいました。・・・・・動物園?

※ちゃんとお魚もいます

 

▼  まとめ

クアラルンプールは本当に都会でした。なので思っていたよりか目新しいものはなかったです。笑

けれど最近は老後にマレーシアに住む日本人が増加しているなど、注目度は年々増しています。今後の視察に行くのも面白そうですね。

 

わたしは勇気がなくてできなかったのですが、マレーシアのトイレには必ずホースがついてます。用を足したあとに洗浄するためらしいのですが、もし行った際にはチャレンジしてみてください!


PAGE TOP