バンコク(タイ)

カオサン通り

微笑みの国、タイ。

私は2012年の11月下旬にバックパックを背負って友人3人と共にタイのバンコクへと旅立ちました。

 

空港から市内に出る電車の中広告はなんとワンピース!

おお、さすがです日本。

ONE PIECEの広告

5種類ぐらいお茶の味がありました。イチゴ味とか(笑)

イチゴ味のお茶と考えるとゾッとしますが、イチゴ味の紅茶と考えると受け入れられますね(笑)
「オリジナル」という文字のフォント?がなんとも絶妙です。

 

ちなみに電車に乗る際は日本のような切符ではなく、コインを改札にかざします。

タイの電車のコイン

 

 

さてさて電車を降りて市内に出ると・・・
湿気も多く、まるで8月に戻ったかのような暑さがまっていました。
11月下旬なのに・・・

(ちなみに11月にバンコクに行く予定のある方、半そでで十分です!)

すごい渋滞

とにかくバイクや車が多い

ちなみに排気ガスもすごい。

(初めてバンコクに足を踏み入れた時、あまりの排気ガスで息がしにくく偏頭痛がひどくてこのまま旅行できるのか心配になったのは内緒・・・。)

でも排気ガスなんてすぐ慣れます!

 

 

ところで皆さん、「バンコク」と聞いて何を思い浮かべますか?

 

ニューハーフ?

タイのニューハーフ

 

屋台?

タイの屋台はおいしそうなものばかり

おいしそうな料理を売っている屋台が街中にあります!

ザクロ

暑いのでフレッシュなフルーツがおいしい!1度は買ってみるべし!

屋台のフレッシュジュースはおいしい!オススメ!

 

寺院?

ワット・プラケオ

お清めは大切ですね

日本で言う「手水舎」ですね!

蓮の花?蕾?に水をつけて、頭にポンポンってやります。お清めですね。

きれい

 

などをイメージする方が多いのではないでしょうか?

 

でもまだまだタイ、バンコクという場所は魅力がたくさんあります!

 

それは・・・です!

私がこのタイでの旅行で1番感動したことは、タイ人の温かさに何度も触れたことでした。

 

屋台のおじさんがにっこり笑って1個おまんじゅうのようなお菓子をおまけしてくれたり、
ゴミを持っていたら「ゴミ箱はココだよ」って教えてくれたり、「捨てておくよ」ともらってくれたり
電車にバックパックを背負って乗っていたら、わざわざ座っていいよと席を譲ってくれたり・・・

ここには書ききれないほどたくさんの笑顔と優しさに出会いました。

日本ではここまで観光客に人懐こく接する人なんて滅多にいないよなぁ~と思いつつ、帰国したら外国人にもっと優しく接しよう、そう思いました。

中でも1番の思い出は、タクシーのおじさんとの出会いです。
あれは、市内からホテルへと向かうために、タクシーを利用した時のこと。

バンコクのタクシーの運転手さんの中には、よく日本人観光客を乗せるためか簡単な日本語を話せる人も多く、街を歩けば良く

かわいー

ありがとー

安い―安いー

と俺のタクシーを利用してくれとでも言うように声を掛けられます。

 

私が利用したタクシーの運転手さんも日本語が話せました。

はじめは

バンコクドコミタノー?

と聞かれ、楽しく会話していました。

 

次第に仲良くなってくると、タクシーの運転手さんは突然「ネムイーーー」と言って首をパタリと横に倒し、寝たふりをし始めました・・・運転しながら(笑)

(おっと、この運転手さん「ねむいーー」って連呼してる。とりあえず事故起こさない程度に運転してね。おもしろい人だな。と内心思いつつ)

私「寝ちゃダメ―笑」

運「ネムイ―ネルー」

私「だめ―笑」

運「エーイヤダーネルー」

私・運「ハハハハハ」

というどうでもいい会話を繰り広げ、お互い爆笑。

 

なかなかこのやりとりおもしろかったです。

その場にいないとこのタクシーの運転手さんの人懐っこさを伝えられないのが悔しいです。

 

 

ここまではただおもしろい運転手さんだなーと思っていた私ですが、

渋滞にはまり車がなかなか前に進まなくなった時、このタクシーの運転手さんは私のタイの旅行で一番感動したと言ってもいい“ある”行動をしたのです。

 

バンコクでは路上で屋台料理や手軽に食べることができるお菓子を販売しているのですが、

このタクシーの運転手さんはタクシーの窓際に来た屋台のおばちゃんから何かを購入したのです。

そして当然のように「ハイッ」とその購入したものを見ず知らずの観光客である私にくれたのです。

タクシーの運転手さんが購入したのは“揚げバナナ”でした。

決して高価なものではないけれど、それまでの会話でお給料が安いから普段は贅沢できないんだーっと話していただけに、揚げバナナを自腹で買って、それを自分が食べるのではなく観光客にあげる、という親切さに私は本当に感動しました。

 

バンコクでは確かにタクシーや観光地周辺のボートとグルになって観光客からぼったくろうとするタイ人もいますが、その反面、私が出会ったタクシーの運転手さんのように親切な方もたくさんいます。

 

 

ちなみに下の写真はトゥクトゥクというタクシーより安い料金で利用できる乗り物。

大半は高い値段を初めに言われ、交渉して値下げしてもらってから利用しますが、この時はすごく安い料金を提示されたので「まぁいいか」と友人と乗ったところボート乗り場に連れて行かれ、見事にぼったくれられました!

これもいい経験!笑

トゥクトゥクはお気に入りの乗り物!

(このトゥクトゥクという乗り物は遊園地のアトラクションのようでおもしろいですよ!

バイクのような感じで風が心地よいのでタクシーよりもオススメ!)

3人でいっぱいいっぱいというぐらい狭いですが、ここにバックパック4つと女4人で乗り込み、体が半分出ながら走行しました(笑)アトラクションのようでおもしろかったです

 

ぼったくられたボートの上からパシャリ(笑)

ぼったくられたボートの上から。このおじさんは良い人だった。でも降り場で別の人にボート停泊代とかいってお金徴収された

ボートで市民が生活している家々の周辺を周遊しました

 

 

ではでは最後にバンコクと言えばバックパッカ―の聖地でもある「カオサン通り」とおいしいタイ料理の写真をどうぞ!

カオサン通り

これすごくおいしくて2回食べた!

フルーツもたくさん♡

パッタイ。もやしは生のまま

 

 

過去にもタイを訪れた世界市メンバーはたくさん!

こちらもぜひ合わせてお読みいただくと、同じタイでも感じ方が違いおもしろいと思いますよ!

~過去の記事~

きれいな写真と彼女の文才に注目!バンコク女一人旅

純粋ボーイ初めてのバンコク一人旅

6期代表のアユタヤ紀行文

あのラプンツェルの世界!チェンマイのコムロ―イ祭り

メーラ難民キャンプで大学生が見た世界

 

タイに行くのが待ちきれない!今すぐ日本でタイを味わいたい!という方にはこちらの記事がオススメ

タイ料理のお店紹介!

 


PAGE TOP