グラナダ・コルドバ(スペイン)

 

スペインと聞けば、フラメンコやパエリア、闘牛といった情熱の国というイメージが思い浮かぶでしょうか?今回紹介するのは、そのスペインのイメージのもとになっているスペイン・アンダルシアにあるグラナダとコルドバいう都市です。

スペイン北部に留学中だった私は暖かい地方に行ってみたくて人生初の1人旅を決行しました。私の住んでいたところからグラナダまではバスで10時間。1人という不安を抱えながらグラナダを目指します。

グラナダに着いたのは夜だったため、宿泊先に直行。次の日の観光に備えます。

ほのかな朝焼けがきれい。ちなみにこの日の朝ごはんは、おしゃれカフェで chocolate con churrosというカロリー高めなスイーツを食べてから出かけました。こちらです。


ホットチョコレートに揚げたてチュロスをたっぷりつけて食べるというスペイン王道のスイーツ!!ごちそうさまでした。

 

さてさて、朝一で目指すのはアルバイシンという丘から見える景色です。


向かっている途中こんなにかわいい家発見。真っ白な壁に青いお皿や赤いお花がかわいい。この家がお気に入りすぎてFaceBookの壁紙にしています笑。

 

コカコーラの標識もこんなにさわやかおしゃれに・・・・!!景色を見る前から周りの風景にテンションが上がります。

そしてお目当ての景色がこちら

グラナダの街を一望。ほんとに快晴でよかった。澄み渡ったお空!!!
ガイドブックにはライトアップされている夜がおすすめだとか書いてありますが、朝一だっておすすめです。なんてったってここにいたのは観光客のわたし1人と、犬の散歩をしていた地元のおじさんの二人。景色を贅沢にひとり占めできてしまいました。

グラナダで有名なのがもう一つ。世界遺産のアルハンブラ宮殿です。
アルハンブラ宮殿はとにかく広い!見どころもありすぎてよくわからなかったのが本音です。おすすめの写真をピックアップしていきましょう。

 

宮殿からみたアルバイシン地区です。ここだけ時間がとまっている感じで昔から変わらない風景がステキ!

 

こちらは鍾乳洞を思わせるような装飾。写真では伝わりませんが天井が高くて迫力満載です。

 

こちらはTHE宮殿という雰囲気でライオンの中庭という場所。大理石の柱が100本以上立っていて高級感満載です。噴水のまわりをライオンが囲んでいます。ライオンのお顔はゆーるい憎めない表情をしているのでゆるキャラ好きにはおすすめです。

このアルハンブラ宮殿は一つ一つじっくり見ていくと半日はかかるといわれていますが、わたしは2時間で済ませました。観光客もたくさんいるので、ささっと進んでいくことをおすすめします!!

グラナダはほかにも、世界史で有名なイサベル女王とフェルナンド国王の霊廟がある王室礼拝堂もあります。撮影NGだったため写真はありませんが、両王が眠る棺が見ることできますよ。祭壇の装飾も豪華でした。こちらはとってもスピリチュアル。

 

お次はコルドバを紹介します!
コルドバで有名なのがこちらメスキータ。

赤と白のしましまアーチが何連にもなっています。とにかくこちらも広い!ずっとしましまアーチを見続けると不思議な感覚になります。大学の授業で紹介されていたので個人的にはものすごい感動しました。

 

 

メスキータの近くにはユダヤ人街という場所があります。雑貨屋さんやお土産屋さんが多いので、白い街並みを見ながらお買いものが楽しめますよ。ここでも白と青の花の赤色がすごく気に入りました。好きな色は青になったといっても過言ではないです!

グラナダ・コルドバの雰囲気は伝わりましたでしょうか??

グラナダとコルドバは結構栄えていて都会な部分を持っている一方、一歩踏み込むと、全然違う街並みが。また、イスラム文化も交じっているのでヨーロッパともまた違う雰囲気が味わえます。冬でもあったかいスペインのイメージを支えているこちらの2都市、ぜひ一度訪れてみませんか?


PAGE TOP