ロンドン〜食生活〜

 

こんにちは!世界市海外支部はんりーです。今回もイギリス・ロンドンから留学生活の模様をお送りします。

 

今日のテーマは「ロンドン食生活」

 

ちなみに普段の食生活の話をすると、ロンドンは超多国籍な都市なので、留学前は食べ物がまずいまずいと思って怯えていましたが、スーパーである程度なんでも手に入るので、まったく不便は感じていません。(野菜は比較的高く、もやしが100円…)かわいいカフェやお洒落なレストラン巡りも楽しみのひとつで、土日のマーケットではトルコ・インド・モロッコ・アジア・メキシコ・ジャマイカ…色んな国の料理が食べられるので、毎週末が世界市です~!ちなみに今年の世界市は、2013年10月12・13日 開催決定ですよ~!!⇒http://sekaiichiweb.com/?page_id=11583

 

 

と、話はそれましたが、(笑)

今日は“外国人のハートをがっちり掴む方法”をお教えしましょう。

 

 

ある日、私とチリ人の友達でお寿司を食べに行ったときの会話です。

 

「わたし日本食だいすき!チリでは週に2回はお寿司食べてたんだよー!」

「えー!チリでそんなにお寿司って人気なの~??」

「うん!!お寿司はヘルシーだし、家でもたまに作ってたよー!それにみんなお箸も使えるよ~!わたし日本に住みたいな~!だって毎日のようにお寿司食べれるんでしょー?」

「…わたし日本では、月に1回位しか食べてなかったかも!」

「えー!?」

 

と、こんなかんじでした!(笑) 特にチリは海産物が豊富にとれるので、サンティエゴなどの大きな都市ではお寿司屋さんがとても賑わっているみたいです。

 

ヘルシー志向の女の子はお寿司がだいすきで、一緒にランチしよう!となると、よくwasabiという韓国人オーナーの経営するチェーン店に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Itsuもお寿司を主力メニューとして扱うテイクアウトのチェーン店でとても人気なんですが、エスニック風にアレンジを加えてあったり、フュージョン要素が強いです。(笑)

 

Itsuもwasabiもあちこちにあるので、ロンドン旅行の際にはぜひ立ち寄ってみてください。違った視点で日本食を感じられておもしろいですよ!

 

私は留学する前、あまり他の国から見た日本を意識することはなかったのですが、日本の食文化は海外でとても人気なので、日本にとって相当な武器だなあと強く感じるようになりました。韓国人や中国人はそこに目をつけてどんどんビジネス展開しているので、日本の外食産業ももっとヨーロッパ進出してほしいなあと、強く思います。

 

また国際交流の面でも、日本人だよー!というだけで、「じゃあ今度、寿司パーティーしようよー」となるので、お寿司は友達の輪が広がるとってもいいキッカケになっています。わたしは一緒にお寿司を作りながら、友達やホストファミリーと色んなことを話す時間が大好きです。これぞ、すしコミュニケーション!

 

先日も、友達のフラットでお寿司パーティーをしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アボカド・きゅうり・サーモン、カニカマだってスーパーで買えちゃいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のおこめと格闘しているところ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

どれが私の作った太巻きでしょう~?

「日本人も外人も大して変わんないじゃん!」とかなりなめられました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“外国人のハートを掴みたいなら、まずは胃袋から!”

 

ということで、お寿司はみんなでワイワイしながら作れるので、盛り上がること間違いなしです。ぜひ日本でも外国人を誘ってやってみてくださーい!

 

半田


PAGE TOP