タイ

タイと言えば日本人が多く訪れる観光地として有名ですよね。

僕自身はじめてのアジアへの旅行ということで有名どころのタイのバンコクに夏休みを利用して旅してみました。

今回の旅でこれでもかと思うくらい刺激されたのが「嗅覚」と「味覚」でした。そこでタイで出会った「匂い」「味」を題材に旅行を振り返りたいと思います。

「匂い」

タイの空港についてまず感じるのが匂いの違い。

日本に来た外国人が、日本は醤油の匂いがするって言うのと同じで、世界各国それぞれの匂いを持っているんですかね。

タイの匂いは、はっきり言って少しくさい感じがしましたね。

生ぬるい空気に少し甘いような感じの匂いが混ざり、心地良いものではなかったです。

空港の匂いがこんな感じで、町中に出るとまた違った匂いが…町中に屋台が出ていていろいろな食材の匂いがするのはもちろんなんですが、生ごみが放置されているのか生ごみ臭い通りがいくつかありました。

後は、やっぱりトイレが臭いですね(笑)

トイレットペーパーを水で流してはいけなくて、便器の横に設置されたゴミ箱にトイレットペーパーは捨てないといけないんです。

臭い理由は納得できました。

もちろんデパートだとか、スーパーなんかは臭くないんですが、においに敏感な人は、タイにいると少し苦痛に感じることも多いかなーなんて思いました。

「味」

タイ料理は日本でも人気があるし、食べたことあるって人も多いんじゃないかな?

本場のタイ料理はやっぱり辛い。

メニュ―に「hot」って書いてあったらそれは、「激辛」だと思った方がいいですね。

日本人が多く訪れるタイ料理を扱っているファミリーレストランに行ったのですが、

注文の段階で店員さんが「これ辛いけど大丈夫?」って親切に聞いてくれました。

そんな忠告を無視して「hot curry」「hot tom yum kun」なんてのを食べました。

「hot」って書いてあっても日本にある「hot chicken」的な辛さだろうと思って、頼んだんです。

カレーの中を見てみると唐辛子がそのまま2、3本入ってました。舌がひりひりするし、口から火が出そうな辛さでした。

結局友達に食べるのを手伝ってもらったんですが食べきることはできませんでしたね。タイに行ったら「hot」を甘く見ちゃいけませんよ。

タイと言えば、「トムヤムクン」や「タイカレー」を思い浮かべる人が多いと思いますが、南国フルーツもとってもおいしかったです。

屋台で、上野のアメ横でよく見るくし刺しフルーツみたいなものがたくさん売ってました。

食べようかとても迷ったんですが、ザ是か躊躇してしまい屋台のフルーツは食べませんでした。

でも代わりに、マンゴー専門店に行ってきました。

路地裏にある店でしたが、日本にあるパンケーキ屋さん並みにたくさんの人が並んでいました。

日本のガイドブックにでかでかと載っているからか並んでいる人を見るとほとんどが日本人。

メニューもしっかり日本の表記で書いてあったので選びやすかったです。

僕は、メニューの名前は忘れてしまったんですがマンゴープリン、マンゴアイス、カットマンゴーが一皿に乗ったものを頼みました。

実はカットマンゴーを食べるのが初めてだったんですが、ここのマンゴーは本当においしかったです。

濃厚なプリン、さっぱりとしたアイス、自然な甘みのカットマンゴーは日本ではなかなか食べることができないと思います。行列ができるのも納得です。

もう一つ「甘い」関連でとても気になったことがありました。

今回の旅でいろいろな飲食店に行ったのですが、そこで頼んだドリンクがすべて「激甘」なんです。

例えば「ブラックコーヒー」を頼むとテーブルに出された段階でシロップがすでに入っています。しかも本当に甘いんです。

例えるならマックのアイスコーヒーSサイズにガムシロップを3,4個入れた感じです。

これは食べ物が辛いから口直し用なのかとも思いましたが理由は、はっきり分からなかったのです。

こんな感じで、人生で一番の「辛い」と「甘い」を満喫できた旅でした。

 


PAGE TOP