ロンドン〜スーパーマーケット〜

 

こんにちは!ロンドン留学中の世界市海外支部・はんりーです。

 

リアルな現地情報をお届けしているこのロンドンレポートも、あっという間に最終回。ということで、今日のテーマは、「海外のスーパーマーケット事情」

 思えば、海外に来て何が一番楽しいかというと、スーパーマーケット巡り!という程、私はふらっとスーパーに寄るのが大すきです。日本には売っていないものや可愛いパッケージを見ながら、食文化や言葉のちがいを感じたり、スーパーの店員さんとの会話を楽しんだり…スーパーには魅力がいっぱい!!!

特にロンドンは欧州一の超多国籍都市のため、大きめのスーパーには、日本のお寿司から、タイやインドカレー、モロッコ料理や中華系の調味料…世界中の色んなものが売っています。

そこで、前半は、【旅行する人向け】観光で来る際には必ずチェックしてほしいスーパーマーケットリストと、喜ばれること間違いなしのお土産ランキングを、後半は、【勝手にランキング】わたしがハマったおすすめリピート買い商品をご紹介します。

 

 

 

 

まずはロンドンのスーパーについて。

 

ロンドンには大きく分けて5つの大手スーパーチェーンがあります。

 

①    【セレブ系高級スーパー】Waitrose(ウェイトローズ)

 

 

 

②    【米国発のオーガニックスーパー】Whole foods market(ホールフーズマーケット)

 

 

 

③    【プライベートブランドが中心・信頼感バツグン!】M&S (マークアンドスペンサー)

 

 

 

④    【リーズナブルな商品が揃う】Sainsbury’s(セインズベリー)

 

 

 

⑤    【お財布の味方!】TESCO (テスコ)

 

 

 

イギリスのスーパーの特徴は2つ。

 

1. スーパーごとに違う価格帯

 

日本のコンビニだと、ローソンもセブンもファミマもだいたい値段設定は同じだと思うのですが、英国は階級社会意識が強い国ということもあって、スーパーごとに価格帯が大きく異なり、ターゲットにしている消費者層が分かれています。例えばわたしも、M&Sに行くときは、素材にこだわっているものを食べたいとき。ミネラルウォーターを安く買いたいときはセインズベリー…その時のニーズによって行くスーパーが変わったりします。

 

 

2. まとめ買い“2for4£”って??

 

イギリスはスーパーに限らず、お土産ショップやドラッグストアなど、どこでも、「2個買ったら1個無料」「1個だと1.5£だけど、2個まとめて買ったら2£」といった売り方をしているので、まとめ買いしないと損することばっかりです。(笑) 特にリーズナブルな価格展開のスーパーでは、予想外に買わされてしまうこともしばしば。

 

 

 

さーて、そんな個性豊かなスーパーの中でも、お土産選びに訪れるべき3つはこちら!

 

①    Whole foods market (Piccadilly Circus店)

デリやサラダバー・2階にオーガニックコスメのブースも!とにかく店内ディスプレイがすごく可愛くて、イートインも可能。

https://maps.google.co.uk/maps?q=whole+foods+piccadilly&hq=whole+foods+piccadilly&radius=15000&t=m&z=16

 

②    Waitrose (Oxford street JL Food Hall)※John Lewisという百貨店の地下1階に入っています。

チーズやお酒を豊富に扱っていて、デリやテイクアウトのケーキコーナーも。質の高い商品が揃い、お客さんも、THE・イギリス人といったおしゃれな装いの人ばかり。

http://www.waitrose.com/bf_home/bf/456.html

 

③    Mark and Spencer (Covent Garden店)

※M&Sは、大きめの駅の中や大通り沿いに多く、とっても探しやすい。Bond streetからも近いMarble Arch店や、テートモダンから近いSouth wark店は比較的大きめ店舗。

https://maps.google.co.uk/maps?q=marks+and+spencer+covent+garden&fb=1&gl=uk&hq=marks+and+spencer&hnear=Covent+Garden&t=m&z=16

 

 

 

そして気になる、ロンドンスーパーで探すオススメのお土産 BEST・3はコチラ!

 

3位 CLIPPER TEA(オーガニック紅茶)

 

Clipper Teaはオーガニック・フェアトレードにいち早く取り組んだイギリスの会社で、グリーンティーと紅茶はどのスーパーでも取り扱われています。カラフルなパッケージがとっても可愛いので、ばらまき土産用におすすめ!値段も1.5£前後で、箱も軽いので、持って帰るのも(かさばるけど…)楽ちんです!(わたしが探した限り、一番品揃え豊富なのはWhole foods market)アールグレーやアッサムなどスタンダード系の茶葉から、レモンジンジャー・アサイベリーといった変わり種のティーバックまで、お好みでセレクトできます。

 

http://www.clipperteashop.com/

 

 

 

 

2位 包装紙が可愛すぎる板チョコたち

続いておすすめするのが、お土産の定番・チョコレート。もちろん各スーパーで、詰め合わせの箱も沢山探すことができますが、見て下さい。この可愛さ…うっとり!(笑)

 

 

ユニオンジャックのチョコは、特にお土産感たっぷりでイチオシです。包みだけでなく味の種類も豊富なので、買いすぎに要注意!

 

大量に買って帰らなきゃという人には、どこのスーパーでも必ず買えるDAIRY MILKがおすすめ。ナッツ・ドライフルーツ・キャラメル・季節限定ものなど、リーズナブルでこちらも種類が豊富!

 

 

 

 

 

 

そして、堂々の第一位は… “Walkersのショートブレッド”

このパッケージはまさに英国っぽさ満点なので、世代を問わず誰にあげても必ずよろこんでくれると思います!食文化に“定評のある”イギリスのお土産の中で、わたしが唯一、胸を張って「これ、おいしい!!」と言えるお菓子。今はちょうどクリスマス限定の缶やクリスマスオーナメント型のパッケージも販売されていました!スーパーの方が百貨店やお土産屋さんで買うより少し安めかも。

 

どうですか?ロンドンスーパーのお土産向けグッズ。どれも可愛くて欲しくなっちゃったでしょ??ビッグベンがあなたを待ってますよ~~!!

 

 

 

 

次に、「ロンドンに来たら試してほしい!!私がハマったスーパーで買えるものランキング!」(ベスト9)(なぜか、ベスト9)

9位 サンペレグリノ リモナータ(炭酸飲料)

イギリスじゃなく、イタリアの飲料ブランドが出している炭酸飲料。(笑)今年のロンドンの夏は暑かったので、とってもお世話になってました。すっきりとした味わい。

 

8位 りんご

こっちで売っているリンゴは日本に比べてとても小さくて手のひらサイズ。そして、学校でも、道を歩きながらでも、あちこちでりんごをかじっているひとを見かけます。

 

「リンゴの皮には美肌効果あるから!」と友達に説得されてから、皮ごと食べられるようになりました。わたしのクラスでは休み時間になると、おんなの子が一斉にりんごをかじり出す光景をよく見ます。(笑)わたしの定番おやつです。

 

 

 

 

 

7位 おうちで簡単!Ainsley Harriottのモロッコ料理シリーズ

実は、6月にモロッコに旅行に行ってから、クスクスやモロッコの煮込み料理にものすごくハマってしまって、なんとかロンドンでも食べたいなあと思っていたところ、ホストママのベブがスーパーで発見してくれたこのシリーズ。

写真の商品は、お湯に戻して簡単においしいクスクスが食べられます。他にも、鶏肉や玉ねぎを炒めて加えるだけでモロッコ煮込みがおうちで楽しめる商品は本当におすすめ!!!モロッコ料理ってなに????というそこのアナタ!ぜひ一度味わってほしいです。

(ちなみに、ロンドンでは休日のマーケットでもめちゃめちゃ美味しいモロッコ料理が食べられます。わたしのおすすめはイーストロンドンのブリックレーンマーケット。)

(そしてちなみに、モロッコは私が訪れた国の中では断トツでおすすめです。ぜひ!!(笑))

 

 

 

 

 

 

話が逸れちゃいましたが、

 

6位 いちごビール

イギリスと言ったらパブ・ビール・フィッシュ&チップスというように、英国人にとってのビールは、日本人にとってのお味噌汁みたいなもの。(笑)

でもビールってあんまり好きじゃない…そんなあなたの味方が、このいちごビール。もちろんスーパーにも置いてあります。他にもラズベリー・洋ナシ・林檎系の果実酒(イギリスではCiderと呼びます)もよく見かけます。私が飲んだ中では、りんごの果実酒・アスポールがおすすめ。パブには意外にも色んな種類の飲みやすい果実酒が置いてあるので、ビール好きでない人も、これで楽しくお酒が飲めるはず!

 

 

 

 

 

5位 スパークリングウォーター

みなさんは炭酸水って飲めますか?わたしはここ最近まですごく苦手だったのですが、我が家には炭酸水しか置いてないので飲み続けていたところ、私もある日を境に大すきに…!!この感覚、なんだかクセになります。お試しあれ。(笑)

 

 

 

 

 

4位 イギリス版かぼちゃ バターナッツスクウォッシュ(butternut squash)

イギリス野菜シリーズで一番びっくりしたのがこの、かぼちゃ。スクウォッシュと呼ばれ、日本のものよりも柔らかくて火が通りやすいので、スープやグラタンによく使います~。見れば見るほど愛くるしい色とかたち。(笑)

 

 

 

 

3位 イギリス朝ごはんの定番・クリスプタイプのシリアル

わたしは今まで、コーンフレークのあの牛乳に浸ってしっとりするかんじが嫌いで、朝ごはんにシリアル…?無理…。と思っていたのですが、こっちのスーパーに売っているクリスプタイプのシリアルは、もう少しごつごつしていて、牛乳に浸らない…!!(笑)

このシリアルに感動を覚えた私は、週に3-4回はシリアル生活です。

ヨーグルトやフルーツと一緒に食べるのもすきです

朝ごはんの定番なだけに、どのスーパーにも物凄い種類のシリアルが並びます。下の写真は全部納まりきらなくて、実際はシリアルコーナーが、この2倍のスペース・ほぼ陳列棚一列を占めていました。

 

 

 

 

 

 

2位 Yeo Valleyのヨーグルト/Mullerのcornerヨーグルト

わたしは一日2ヨーグルトという位、ヨーグルトが大好きなんですが、そんな私の一押しが、このふたつ。

Yeo Valleyはオーガニック・Low Fatの英国メーカーのヨーグルト。このヨーグルト、食べた後にわかるんですが、容器の内側がこうなってるんです。

この可愛さに毎回きゅんとします。わたしの一番は、いちごヨーグルト。

 

 

そして、もう一つがMullerというドイツの会社のCornerシリーズ。容器の右上に入っているジャムやチョコレートのつぶつぶと一緒に食べるというおやつヨーグルト。

 

すごくクリーミーで、わたしのヨーグルトランキングの1・2を争うおいしさです。ホストママがヨーグルト大すきな私のためにいつも買ってきてくれていた、心温まるヨーグルト。(笑)

 

 

 

 

 

 

そして堂々の第1位!! “セインズベリーの1£クッキー”

このしっとりタイプのクッキー、この大きさ×5枚入りでなんと1£、たまに衝撃の50pセールの期間もあります。お店で焼いたものをそのまますぐに店頭で売っているので本当においしいです。私の体重増の原因は、確実にこのクッキー(笑)。

 

チョコチップ・ホワイトチョコチップ・チョコ生地タイプ・オートミールの全4種で、暖かかった季節は、いつも学校帰りにこのクッキーを買って、みんなでピクニックが定番コースでした!

 

 

 

ということで、ロンドンのスーパーマーケット特集、楽しんで頂けたでしょうか?少しでも現地の生活の様子やロンドンの魅力を感じて頂けたら幸いです!

 

 

 

 

さいごに わたしの考えるロンドンと留学。

 

4月から留学生としてロンドンで生活を始め、様々な角度から、この都市を見てきました。

 

経済・歴史・政治、様々な理由が挙げられますが、現在ロンドンは、イギリス人が人口の半数以下、300以上の言語が話されていると言われるほど、超多文化・多国籍な都市です。

 

わたしは「ロンドンには普通が存在しない」ということに一番の魅力を感じます。ブロンド・黒髪・ドレッドヘアー、髪型にふつうもヘンもありません。平均身長も平均体重も誰もわかりません。キリスト教のひとが一般的なのか、仏教徒やイスラム教徒が珍しいのか、そんなこと考えられない位たくさんの宗教がこの場所には存在しています。

 

そういった意味でも、ロンドンは日々「出会い」に溢れていて、今まで意識もしなかったようなことを友達と何時間も話し合ったり、ひとりで考えたりする機会を通して、「何に価値を置いて生きていきたいのか」という心の軸や、自分がいかにオリジナルで特別でユニークな存在なのか、日本がどれほど素晴らしい国なのかが次第にわかるようになりました。

 

間もなく長くも短かった留学生活も幕を閉じますが、自分の育った東京の他に、ロンドンという比較対象ができたということは、今後の私にとって大きな財産になると思います。自分のいる環境から飛び出すことは、語学や学問の域を超えて非常に意義のある選択だと実感しました。

 

 

この記事を読んでくださっているひとの中に、留学やロンドン旅行について感想や質問・興味を持った方、私で役に立てることがあれば何でもお応えするので、なんでも聞いてくださいね!

 

 

さいごまで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

世界市海外支部 半田理絵(はんりー)

 

 

 


PAGE TOP