ドレスデン(ドイツ)

ベルリンからECに乗り約2時間!!

ドレスデーーーーン!!!!!

ベルリンに滞在するわたしたちは「ドレスデンにでもいくか」的な超適当なノリでドレスデンに行きました。

めちゃくちゃ快晴!!日頃の行いが良いから快晴!!いえい!!!

現代アートがさかんな街・ベルリンとはうってかわって

何やら荘厳な感じの街並み。

美しい。

街の中は市電やバスが主な交通手段。一日券5ユーロくらい。(約500円)

たまに馬車も。さすが。街並みから想像できる限りである。

とりあえず、ガイドをペラリ。ふむ、ドレスデン城に行ってみよう。

ドレスデン城内は美術館になっていてばっちし見学しました。

美術的価値がわからないわたしたちは結構適当に見てたんだけど(おい)

それでもたくさんのダイヤとサンゴ、ガラスや水晶などで装飾された時計細工には

目を奪われました。(館内は写真NGのため写真でお伝えできないのが残念)

ドイツには本当にたくさんの大道芸の人たちがいて、ここにもいました。

右の茶色い服着てる人、浮いてるんですよ。

最後までどーなってるのかわからなかった。

今にも歩き出しそうなポーズで静止してる大道芸のひと(写真じゃ伝わりにくいですかね)

お次は・・・・

☆ザクセン州立歌劇場☆

学割で4ユーロで見学できます。ドイツ語ツアー付き。

ドイツ語専攻のくせに、ドイツ語よくわからないままツアーに参加。

途中ガイドさんがドイツ語わからないでしょ。大丈夫?って英語で話しかけてくれて、ざっくり説明してくれたりして愛を感じましたね。優しい。もっとドイツ語勉強しときゃよかった。

わたしたちは8月に行ったのですが、毎年5月下旬から6月上旬にはここで「ドレスデン音楽祭」というのが開かれるらしいです。ぜひ音楽好きは行ってみてはいかが?

「街中でも散策するべ」ってなって

とりあえず市電に乗り、某ガイドブックが紹介してるお店探し!

雑貨が多かったかな。なにやらアーティストたちが集まって建物の中庭にお店を構えているところもあった。

こんな可愛い建物、日本にはないよねえ。。。見てるだけでわくわくします!

そしてゆーくり散策していたため、夕刻に。

「やばい!!あと10分でフラウエン教会閉まる!!」

あせって中を見学しようとして中へ。

しかし、なんだか礼拝(?)が始まりそうな雰囲気。。。

結局なんだか他の人に申し訳ない感じになりそうだったのですぐにでました。

日本語のオーディオガイドもあるらしいので、ぜひ時間に余裕を持っていってみてください。

ちなみにこの写真は夕方6時近くに撮った写真なのですが、

夏のヨーロッパは昼がとても長くて

夜9時くらいまでこんな感じ。明るすぎ!

はっきし言って調子狂います(笑)

からの、なにやら急激にお腹が空く。

ぐるるるるるる「もうだめだ!その辺で食べよう!!」

まじでこだわりもプランも何もないわたしたちは適当なデパートの適当なフードコート的なお店へ。(せっかくならもっといいとこいけばいいのに)

デデーン!これで7ユーロくらいかな。安い。

ドイツはごはんめっちゃ安い。

ぱくり。美味しいーーーー!!!!!!

お肉大きすぎて残しましたすみません。

そして夜はユースホステルへ。

電車でFreiberger Str.という駅に移動。

Jugendgaestehaus Dresdenという大きめなユース。

泊まれなかったらどーする?って心配してたけど大丈夫でした。

ここのユースは200室近くあってベッド数は500近くあります。

ドレスデンに貧乏旅行するならここをおすすめします。

一泊朝食付きで22ユーロでした。

ちなみにユースホステル発祥のドイツにはたくさんユースホステルがあり、

わたしも何回か利用したことがありますが、

海外からの旅行者だけではなく、小学生か中学生くらいのドイツの子たちが宿泊学習みたいな旅行にも使っていたのを見たことがあります。

日本ではユースホステルはまだまだ浸透していないので、旅館とかに泊まるのもいいけど、このようなユースを使って宿泊学習するのも楽しそうだなあって思います。

朝食はこんな感じ。

美味しかった^^❤

緑茶もあったで。日本人の心に戻った感じがしました(?)

そしてユースを出て、電車に乗り、Stadt Wehlen st.で下車。

ふふふ~~~これからザクセンスイス国立公園に行くのです!!

でも、ガイドブックにはここが最寄ってことしか書いておらず

のんきなわたしたちも何気に不安。あってるのだろうか?

人に道聞いたりマップもらったりして移動。

なにやら、駅がある岸から向こう岸まで船にのる必要があるらしい。

 

ほう!ブーン。

 

到着。

 

船乗ってただけなのに「ふう疲れたね」ってことでカフェへ(ただ食べたいだけ)

ドイツのチーズケーキ、Eierschecke(アイアーシュッケ)と紅茶。

うまあああああああ!!!!(ふたりして歓喜)

いやあ、貧乏旅行なはずなのにグルメなわれらはここでケーキのおかわりもしました。てへへ

(ちなみにApfelkuchen、アップルケーキを食べました。)

とはいっても、ドイツはカフェもレストラン同様安いです。

ケーキ2つ+紅茶でも6.5ユーロくらいでした。(約650円)

ウマス!!(>U<)

そして街を出て、公園の中にあるビューポイントBastei橋目指して遊歩道を歩き始める。

「こっちであってんのかな?」「えーと地図地図。。。あ、落としたわ」

迷子になりました。

道ゆく人に聞くとわたしたちの目的地までは3時間くらいかかると言われ断念。

カフェがあった街に戻り結局バスでいくことに。なにやってるんだろう(笑)

30分程度でBastei橋近くにつきました。

バスだけじゃなく、馬車という手段もあった模様。まじ優雅。

 

Bastei橋とそこからの眺め。エルベ川~~っ!!絶景でした。

(高所苦手な人はもしかしたらきついかも。。。笑)

行きは良い良い帰りが怖い。

高い所に登ったということは、帰るためには坂を下らなくてはならないということです。

つらい。なんだこれなんだこの山道は!!もう若くないんだよ!!

エスカレーターギブミー!!

行きバスで来てよかった。。。と心底思う友人とわたしでした。

チェコとの国境近くにあるザクセンスイス国立公園と荘厳な建物を見ながら歩くことができるドレスデン。

中欧を訪ねる際はアクセスが非常によく、冬はクリスマスマーケットが開かれる有名な街でもあります。ぜひ立ち寄ってみてください^^


PAGE TOP