ロサンゼルス(アメリカ)

 

 

2011年の春、ロサンゼルスへ

 

約10時間のフライトを経て、ロサンゼルス国際空港に着いたのは夕方だったので、

まずはレンタカーを借りてホテルへ行きました。

 

 

ユニバーサルスタジオ近くのホテルに宿泊し、夜ごはんを食べに歩いてシティウォークへ行きました。シティウォークは日本と同じように、ネオンの光で夜もとても賑わっていました。

 

 

 

早朝からユニバーサル・スタジオ・ハリウッドへ。

もともとあった映画の撮影スタジオにテーマパークを造ったため、映画好きにはたまらないアトラクションがたくさんあります。

特にオススメなのがスタジオツアー。約50分かけて、実際に映画で使われたセットや特殊効果をトラムに乗って見学します。ただ見学するのではなく、洪水や地震、火災などが次々に起こり、迫力満点です!運が良ければ撮影に遭遇することも!

 

 

 

 

次の日は、観光に欠かせないスポットであるチャイニーズシアターへ。

ハリウッドで活躍した映画スターたちの手形や足型、サインなどがたくさん並んでいます。

チャイニーズシアター前の歩道「ウォーク・オブ・フェイク」には、星形の中に映画関係者の名前が刻まれています。

 

 

 

 

 

チャイニーズシアターのすぐ隣にあるマダムタッソー館へ。

近くで見ても本物ではないかと疑うほど、精巧に作られた蝋人形のハリウッドスターと写真を撮ることができ、往年のスターから今現在、活躍しているスターまで幅広い年代のハリウッドスターの蝋人形があります。

 

 

 

 

次の日はディズニーランドへ向かうため、移動兼ドライブでした。

時間の関係で車内からしか見ることができませんでしたが、再度訪れたい名所がたくさんありました。

 

 

 

 

ディズニーランドに到着!

次の日、早朝からディズニーランドへ。

ロサンゼルスにはディズニーランドパークとカルフォルニアアドベンチャーパークの二つのパークがあります。

ほぼ一日でこの二つのパークを回りました。

日本にないアトラクションがたくさんあり、夜に行われたショーはとても迫力がありました。

ただ、アメリカではお土産を買う習慣がないらしくチョコや洋服ばかりで、日本のような雑貨などのお土産がなかったのが少し残念でした。

 

 

 

 

アメリカ第二の都市であるロサンゼルスは、どこに行っても多くの人々で賑わっていました。そんな多くの人々のニーズに応えるかのように、広大な土地はたくさんの観光名所であふれていました。広いので車やバスをうまく利用して旅行するのがオススメです。

またその広大な土地は自然も豊かで、大都市であるのに関わらず時間の流れがゆっくりしていました。

 

 


PAGE TOP