【世界の街並紀行】イスタンブール(トルコ)

 

私は2月にトルコに10日間行ってきました。

今回はその中でも一番長く過ごしたイスタンブルを紹介したいと思います。

 

イスタンブルはトルコ第一の都市、アジアとヨーロッパをつなぐ都市として知られています。

 

イスタンブルは一日では行ききれないくらいたくさんの観光すべき場所があります。

私がまず行ったのはアヤ・ソフィア。

 

アヤ・ソフィアは世界でも珍しい、キリスト教とイスラム教の二つの面を持つ建物です。当初はキリスト教の聖堂として建てられましたが、この場所が制圧された後モスクとして改修されました。今は塗りつぶされてしまっていたイエス・キリストのモザイク画などは修復され、見ることができます。

   

現在はモスクとしてではなく、博物館として開放され多くの観光客が訪れています。

このアヤ・ソフィアの近くにあるモスクは、スルタン・アフメット・ジャーミィ、通称ブルーモスクです。

こちらは今現在もモスクとして使用されているため、礼拝の時間はイスラム教徒以外は入ることができなく、入れる時間でも女性はスカーフなどで肌を隠さなければなりません。

私は行ったのは冬だったので自分が持っているマフラーで代用しましたが、入口の所で布を配っているのでそれを使って隠せば大丈夫です。

モスクの中に入ってみるととても広い空間があり、見事なステンドグラスがあります。

  

スルタン・アフメット・ジャーミィは世界で唯一6本のミナレット(周りにある細長い塔)を持つモスクです。

モスクを建造するスルタンたちにとって、このミナレットの本数や高さが権威の象徴でした。

モスクを見て回った後は、買い物を…ということでグランドバザールに行きました!

入ったら右のも左も可愛い雑貨が売っていてあちこちに目移りしてしまいました。

お店が出している値段通り買ってもいいですが…せっかくなら値切ってみるのもいいですね。

夜にはガラタ塔に行きました。

ガラタ塔は石造りの塔です。ここからはイスタンブルの街を一望することができます。

ここでは夜景をお届け!

エレベーターで上まで登るとこんなにきれいな夜景を見ることができます。

また、トルコと言ったら伸びるアイス…ということで、トルコにあるMADOというお店にも行きました。

 

MADOはイスタンブルのあちこちにあって、空港にもあります。

ここのアイスはとても固いので、スプーンではなくナイフで切って食べるのが驚きでした。

アイス以外にも写真のような軽食も売っているのでとても利用しやすいです。

他にも、世界で一番短いと言われている地下鉄があったり、地下宮殿があったり、ヨーロッパ最大と言われるショッピングセンターがあったり…イスタンブルにいる間、ぼーっとできる日なんてありませんでした!

  

また、私がトルコに行ったとき、ちょうどバレンタインデーがありました。

日本のバレンタインは女から男ですが、トルコのバレンタインは男から女です。

電車に乗ると男の人たちがバラの花束や花瓶にバラをいれて持っていて、ああ渡しに行くのか…と。

そんな私も、お店で食べていたら最後にフラワーシャワーとバラの花束をもらいました♡

外国ならでは!の体験でした。

 

トルコでできたならではの体験と言えばもう一つ、「GEA」というボランティア団体のお話を聞くこともできました。

東日本大震災の時には、トルコの子供たちから集めた絵葉書を一冊の本にしてくれました。

トルコに行くことは私の夢だったので、本当に楽しい旅行でした。

行ってますます好きになりました!!!

みなさんもトルコに行く時はアクティブにあちこちに行ってみてください!


PAGE TOP