【世界の街並み紀行】レーゲンスブルグ(ドイツ)

今回の「世界の街並み紀行」はヨーロッパはドイツのレーゲンスブルクをご紹介します!!

 

 

 

*************************************

 

さて!今回わたしが旅したのは、ドイツのレーゲンスブルクという都市。

日本語に訳すと「雨の城」とかそんな感じ。当日天気は残念ながら曇りでした。

 

ミュンヘンからALXという快速電車で約1時間半。

 

 

ちなみにこれがALX車内。

車内販売のホットショコラーデを飲んでリラックス。

居心地良いです。

 

そして到着!\ばばーん、、、!/

 

この地域は、古代ローマ時代に成立した旧市街。


石畳の地面に、ピンク、緑、黄色、クリーム…と色とりどりの建物が、並びます。

まさに旧市街なかんじ!

 

 

 

入り組んだ路地には、小さなお店がたくさんありました。

小物好きにはたまらん道です。

 

道を進んでいくと…

 

 

 

大聖堂!

入るのは無料なので、ちょっと休憩も兼ねて中へ^^

 

そしてどんどんドナウ川のほうへ…

 

 

 

この石橋はドイツ最古らしいです!

時間があるならばドナウ川の遊覧船もあるので

ぜひ!ドイツ最古の石橋の下を通ってみては♪

 

そして!

ここには、850年続く世界で一番古いソーセージのお店、

Historische Wurstküche(ヒストーリッシェ・ヴルストキュッヘ)があります。

おなかペコペコなわたしはここで腹ごしらえ。

めーちゃ並んでた。有名なんですね。

 

 

うま!!!!

850年の歴史を感じながら、ドナウ川を眺めながら、ぱくぱく~

(ここにビールもあれば最高なんだけど、この日は寒すぎて控えました笑)

850年の歴史が感じられるソースも売っていたのでお土産として購入。

たしか400円もしなかったと思う。

ぜひ話題作りにお土産としていかがでしょうか?

 

 

そして郵便局で家族にお手紙を書いて、

カフェで休んでるおじさんにウインクされたり、

またお店をのぞいたりして…

旧市街から中央駅の方へいったん戻ります。

中央駅から出ているバス5番線に乗り、ヴァルハラ神殿へ!

高校のころ、世界史を選択していた方は、一度は聞いたことがある神殿ですね。

 

ここには、1830年ごろ、バイエルン王ルートヴィヒ1世が丘の上に建てた神殿で、

121人のドイツの偉人たちの胸像があります。

バスで30分ほど乗って、Donaustauf(ドナウシュタウフ)というところで下車。

バスの運転手さんにどーやっていくのか聞いて歩いていくと、山道。

…誰もいない。(高まる不安)

ひとり旅+地図とか持ってないノープラン旅だったため、運転手さんの情報だけが頼り。

一本道って言ってたけど、まじで大丈夫か…?!

とかいいつつ、歩いていくと到着しました。

ちなみにひとり怖すぎてトトロの「散歩道」とか歌ってました(´・ω・`)

 

 

ででーん!!!!


これが…!神殿ですか!!

大きい!柱太い!!

入場料を払い、中へ。

 


偉人いっぱい。(けど誰が誰だがよくわからない)

神殿から眺める田園風景とドナウ川。上から遊覧船も見えました。

 

 

 

高所がちょっと苦手なため、

この写真の人のようにはじっこに座ったりはできませんでした(びびり)

みんなお弁当とか広げてました。

 


歴史を感じつつドナウを眺めながらランチはいかがですか?

 

小さな街、レーゲンスブルク。

ぜひ、歴史を感じながら、お散歩でもしてみませんか?


PAGE TOP