【世界の街並紀行】 ロサンゼルス(アメリカ)

今回はアメリカから、カリフォルニア州にあるロサンゼルスを紹介します!

 

 

 

********************

 

私は3月にロサンゼルスに行ってきました

 

LAXから降り立つと、まだ寒い日本から一変、ロサンゼルスの暖かい南風が私を包み込みました♪そのとき自分は今ロサンゼルスにいるんだという実感が湧きとてもテンションが上がったのを覚えています。長時間フライトの疲れも吹き飛びました

 

空港からホームステイ先までの道のりでまず初めに思ったことは「何もかもがBig size!!」ということです。家も車も、もちろん人も、、、すべてにおいて日本の2~3倍の大きさがあり非常に圧倒されました。。。

 

 

 

ホームステイ先はサンタモニカの近くにあったので、まずはサンタモニカ観光へ♪

この時はig Blue Busというバスに乗って移動しました。アメリカは本当に広い割に電車やバスの駅があまりありません。ですので、住むとなると車は必需品なのだとか。

そんなこんなでサンタモニカに到着☆

まずはメインロードを探索。主に服・雑貨屋さんやレストランがメインで立ち並んでいます。意外にも日本でよく見かけるメーカー(forever21,H&M,kitson)が多かったですが、売ってある服の系統のほとんどがいわゆるサーフ系。土地柄というものでしょうか。お上品なワンピースなんかで歩いてたら相当浮きます。基本的にみんなゆるい恰好してます。

レストランに関しては、おそらく世界中の食べ物はサンタモニカで食べられるでしょう。タイ料理、日本料理、南米料理、もちろん王道中のハンバーガー、ギリシャ料理なんかもあります。もうなんでもありです笑 そしてとってもVolumy!!!

 

 

 

 

そしてお次は近くの海岸へ。広くギラギラした海が一面に広がっていました☆

爽快感が半端じゃないです。でも、近寄ってみると水はすごーく汚い。。。

そこは目をつぶりましょう♪ 海岸にはおもに遊園地やサーカスなどのアミューズメント施設がありました。ちなみにここのサーカスはあの、日本でも有名なシルクドゥ・ソレイユらしいです。 たくさんの商業施設・アミューズメント施設があるサンタモニカでしたが、イメージでいうと鎌倉・江の島のBig and American versionといったところでしょうか。大変よく似た雰囲気をかんじました。

 

 

 

ここでアメリカのお土産事情♪

これは私のホームステイの家の近くにあるスーパーのケーキですが、とってもカラフルで可愛いですね♡ケーキ意外にもクッキーなどいろんなお菓子がアメリカにはあります。しかしアメリカにはいわゆるお土産用(日本でいうところの東京バナナてきな食べ物が、ないんです!だから私はお菓子ではなくポストカードやマグカップなどの雑貨を日本に持って帰りました♪

 

 

 

1週間という期間、半分以上はサンタモニカにいましたが、もちろん他の観光地にも行きました!もちろん、ハリウッドに行きました☆

ハリウッドに着いたらさっそくコスプレ集団に狙われました。。。

このコスプレ集団とは、スパイダーマン等のコスプレをし、観光客に自分たちと写真を撮るように勧めてくる集団のことです。ついうっかり写真を一緒に撮ったりなんかするとドルを請求してくるので気を付けましょう♪ とまぁ治安が悪いとこはありますが、マン等のコスプレをし、観光客に自分たちと写真を撮るように勧めてくる集団のことです。ついうっかり写真を一緒に撮ったりなんかするとドルを請求してくるので気を付けましょう♪ とまぁ治安が悪いという難点はありますが街自体はとても賑やかでギラギラした華やかな街です!(^^)!☆ 言わずと知れた有名観光スポットに直接行けたときの感動たるや筆舌に尽くしがたいものがあります。。。

 

 

ハリウッドでの夕食は日本料理屋さん(お寿司やカリフォルニアロールが中心)でとったのですがそのお店がとってもユニークだったのです♪

お店の名前は“CHO OISHII” (超おいしい) 頼んだカリフォルニアロールは3つですがその中でも特に面白かったカリフォルニアロールの名前が、”初恋“ ハイなセンスを感じました♡ チーズケーキを天ぷらで揚げた料理なんかもありました。とっても斬新なアイデアですね!(^^)!

 

 

 

最終日にはディズニーアドベンチャーへ。

カリフォルニアディズニーはディズニーランドとディズニーアドベンチャーの二つによって構成されています。ディズニーランドは対象年齢が低い、子供むけの乗り物が多いのに対してディズニーアドベンチャーは絶叫系の乗り物が多いのが特徴です。

日本のディズニーとの違いはやはり待ち時間!日本のディズニーでのアトラクション街時間が平均1、5時間なのに対してディズニーアドベンチャーの平均待ち時間はおそらく

5分ていど。あのtower of terror でさえ2~3分で乗れたのでとても驚きました。。。

また、絶叫度も日本2倍はあります。非常にスリリングです!!また、キャストのみなさんは日本のキャストさんのように愛想がよくなければ、接客も割と雑です。。。

日本の良さを改めて思いだせるところでもあります。笑

アトラクションやショーの発想もかなり大胆でダイナミックでした!

 

 

アメリカに行ったのはこれが初めてでしたが大胆でアクティブな国、アメリカがますます大好きになりました☆

 

 

 

 

 


PAGE TOP