シドニー(オーストラリア)

私は、2008年の夏休みにオーストラリア シドニーに2週間語学研修に行きました。当時、私は高校1年生。英語を中学1年から習い始めて、初めての海外。楽しみと不安の両方でいっぱいでした。

 

私は、2週間ホームステイをしました。初対面の家族と過ごし、そして日本語を話せる人が周りにいない環境に置かれましたが、ホストファミリーは私を優しく迎えてくれ、つたない英語でも話を熱心に聞いてくれました。

そんな私が、ホストファミリーに連れて行ってもらった、シドニーの様々な観光名所を紹介したいと思います。

 

まず、シドニー。シドニーに着いた途端、私は自分の住んでいる横浜を思い出しました。なぜなら、港がありつつも高層ビルやショッピングセンターなどの商業施設があるからです。しかも、世界遺産のオペラハウスもあります。前の記事にあるシンガポールのマリーナエリアにも似ていると思いました。

 

 

 

上の写真は、シドニーオペラハウス。「シドニーの港を意識した、帆の形」「海のイメージの貝の形」だと思われがちですが、実際は、建築家がみかんの皮をむいているときに発想したものなのです。

 

下の写真は、シドニーにあるハーバーブリッジ。このブリッジの上を歩くという「ブリッジクライム」という、スリリングなツアーもあります。

 

 

オペラハウスとハーバーブリッジのベストショットです。

 

シドニーには、近代的な高層ビルもあるが、古風な建物もあります。

ぶらぶらと町を散歩しているだけでも、様々な建築様式・建築物をみつけることができます。

 

 

上の写真は、岩でできた「ミセスマッコリ―ズチェア」。オーストラリアに移住してきた初代総督マッコーリー氏の夫人がホームシックにかかってしまい、頻繁に訪れた場所です。ここからの眺めは、すごくきれいでした。皆さんも実際に行って、ここからの眺めを見ていただきたいです。シドニーの港を一望できます。

 

そんな都会的な港町であるシドニーから、車を1時間半ほど走らせるとガラッと雰囲気が変わります。雄大な自然が広がるブルーマウンテンがある山々が視界いっぱいに広がるのです。このブルーマウンテンがある一帯、グレーター・ブルー・マウンテンズ地域は、世界遺産にも登録されています。

上の写真は、3姉妹が3つの岩にされてしまったというオーストラリア原住民アボリジニーの伝説が残る「スリーシスターズ」。

シドニーから、約1時間半でこんなに自然を味わえる場所があります。

 

 

シドニーに行ってから、4年が経ちました。私は再度是非あの街を訪れたいと思っています。

皆さんにもぜひオーストラリアに行き、文化・自然などを味わってもらいたいです。

また、オーストラリアには、様々な人種の人が住んでいるので、初めての海外旅行の人にも優しい国だと思います。ぜひ、みなさんも機会があれば行ってみてください!

(若尾)


PAGE TOP