【世界文化比較】クリスマス

今回の世界文化比較では、もうあと2日となった「クリスマス」をテーマにご紹介します。
 
 
 
 
**********************

みなさん、時が過ぎるの早く、もう12月になりましたね。

テレビではクリスマス特集が放送され、街を歩けばイルミネーションをいたるところで見ることができる日本です。

他国の文化を模倣しアレンジする国、日本らしいイベントです。

今回はブラジル、フィリピン、ドイツを比較したいと思います。

キーワードは①過ごし方②食事③特徴でいきます。

 

まず、ブラジルです。

①ブラジルの一般的なクリスマスの過ごし方は、家族で集まって仲良く過ごすことです。通常24日は午前だけの半日出勤で、25日は休みます。24日の夕方からフェスタというパーティーが行われます。また国民の多くがカトリック信者なので12月25日には教会に足を運んで祈りを捧げます。各家庭にはクリスマスのリースやツリーが飾られます。小さな子供たちはサンタクロースを信じて、イブの夜、窓際にソックスを吊るして眠ります。

 

②ブラジルの食事では先述のとおり24日の夜、フェスタというパーティーが行われます。オードブルとしてカナッペやチーズ、そしてクリスマス定番料理のPERU(七面鳥)やCHESTER(地鶏の一種)の丸焼きを食べるのが一般的です。食後のデザートとしてはレーズンやプラム、オレンジピールなどのドライフルーツがふんだんに入った甘くてやわらかいドーム型のお菓子「パネトーネ」が多くの家庭で食べられています。

 

③ギネスブックにも登録された世界最大の浮かぶクリスマスツリーがブラジルにあります。それはブラデスコ・セグロス・クリスマスツリーという名でリオデジャネイロ市内のロドリゴ・デ・フレイタス湖に浮かんでいます。その高さは85メートルあり、とても大きいです。

 

次にフィリピンです。

①フィリピンの一般的なクリスマスの過ごし方は、24日に家族全員が家に集まってパーティーをします。年齢を問わず色々なゲームをしたり、プレゼント交換をしたりします。そして子どもたちは祖父母からアギナルドといわれるクリスマスお年玉をもらいます。人口の8割がキリスト教徒なのでこの日も皆が教会のミサに参加し、夜になるとほとんどの家ではお祈りをしたりもします。

 

②ノチェ・ブエナという伝統的なごちそうを食べます。ケソボエラというエダムチーズや子豚の丸焼きであるLechon de Leche(レチョンデレチェ)がテーブルに並びます。そして食べたら長生き出来るというフィリピンの言い伝えもある、Pancit(パンシット)という麺料理も欠かせません。デザートにはBiko(ビコ)というもち米にココナッツミルクと甘いソースを混ぜたものを食べます。

 

③フィリピンは世界一クリスマスが長い国と言われています。なぜかというと9月に入ると街のあちこちで飾りつけが始まり、クリスマスソングが流れます。ハロウィンはもともとプロテスタントのものなのであまり大々的に行いません。パロルと言って星の形をした紙のランタンが有名です。様々な色の明かりが点滅して飾っている家や道路を明るく照らしてムードを盛り上げています。

最後はドイツです。

①ドイツの一般的なクリスマスの過ごし方は、ほかの2つの国と同じく家族と過ごします。働いている人たちは24日の昼ごろには仕事を終わらせます。また、25、26日と仕事を休みます。26日はドイツでは祝日なのです。そしてドイツもキリスト教の国なので多くの人がミサに行きます。11月末からアドベントという期間があり、アドベントカレンダーを毎日開けて楽しむ習慣があります。

 

②ドイツのクリスマス料理の定番はカモか七面鳥です。それらをグリューワインをお供に食べます。グリューワインというのはワインと香辛料を混ぜて温めて作られるホットカクテルです。また、ドイツのクリスマススイーツと言えばもちろんシュト―レンです。っしりとした酵母の入った生地に、レーズンやレモンピール、オレンジピールなどを練りこんで焼き上げたケーキで、上には粉砂糖がたっぷりかかっています。クリスマスまでのアドベントの間に、少しずつスライスして食べていくのがドイツの習慣です。

 

③ドイツのクリスマスにはクリスマスマーケットが欠かせません。世界的に有名なクリスマスマーケットなので多くの観光客も訪れます。一番有名なのがニュルンベルクの「クリストキンドレスマルクト」です。毎年200万人を超える人が訪れます。クリスマスのオーナメントや地方独特の焼き菓子が売られています。その中でもくるみ割り人形は長年愛されています。ただ、クリスマスマーケットはクリスマス直前に終わってしまうので注意してください。

 

以上3ヶ国のクリスマスを紹介していきましたが、地方によって異なりますし、人によっても異なるので気を付けてください。

一度は海外でクリスマスを過ごしてみたいものですね。

 

 


PAGE TOP