【国際フェスティバル世界市2015】2日目

10月10日、11日に開催された「国際フェスティバル世界市2015」の様子をお伝えします!!!

 

******************************************

 

2015年10月10日(土)、11日(日)の2日間、さいたまスーパーアリーナ前けやきひろばにて

「国際フェスティバル世界市2015~世界の飲食と雑貨が集まる祭典~」が開催されました!

今回は2日目の様子をレポートします!!

(1日目の様子はこちら

 

2日目の天気予報は雨のち曇り。

朝、準備のためにけやきひろばに着くと土砂降りの雨…。

ですが…!!!

イベント開始の11:00頃になると雨も小降りになり、雨が上がり(!)予定通りにイベントを開催することが出来ました!

何より、天気が悪いなかでもたくさんの方が世界市に足を運んでくださったことに感激でした…!

本当にありがとうございました!

それでは、2日目も盛況だった世界市フェスを順に振り返っていきましょう~。

 

 

2日目最初のステージイベントは「Kumu Hula Kapono Kamaunu」。

Kumu Hulaはフラの先生という意味だそう。ハワイの伝統文化継承に精力的に活動されている方です。

フラダンスとは一味違う、ハワイの文化を見ることができました!

 

こちらは「Studio odissi」のみなさん。東インドの古典舞踊です。

インドの古典芸能を目にする機会ってあまりないので新鮮でした!

 

世界各国のダンスや音楽のステージイベントが多いなか、私たち世界市プロジェクトプレゼンツの企画がこちら!

国名ビンゴです!

ルールは簡単。数字の代わりに国名を使ったビンゴ大会です!

かなりの盛り上がりです!

なんと、一等の商品は「ハワイアンズペアチケット」!!

他にも、世界市に出店してくださったお店の商品や英会話の本など世界市フェスならではの豪華景品が揃っていました!

楽しんでいただけたでしょうか?!

 

さて、今回のレポートでも世界市の魅力をお伝えしたいと思います!

イベントタイトルにもあるように、世界各国の雑貨を買うことが出来ること!

こんな可愛いフランス雑貨や、

ロシア雑貨、

日本ではあまり馴染みのない(?!)グアテマラの雑貨、

ゴージャスなインドのテープなどなど…。

ヘナ・タトゥーと呼ばれる、インドのボディーペイントを楽しむこともできちゃいます!!

食べ物はもちろんですが、雑貨を見て回るのも世界市フェスの楽しみ方のひとつです。

 

 

そして、小さなお子様でも楽しめる企画がたくさんあること!

こちらは芝生スペースでのワークショップです。

 

何を作っているのかと言いますと…

 

じゃーん!マラカスとでんでん太鼓です!かわいいですね!

世界市メンバーの「芝生スペースで楽器を作りたい!」というアイディアから生まれたこの企画。

当日はたくさんの方と楽器作りを通して交流することができました!

 

 

そろそろステージの様子に戻りましょう!

2日目のメインイベントはこの2人のパフォーマンス!

そう!あのギネス・ワールド・レコーズにも認定されたマジシャン、山上兄弟です!

次から次へと繰り広げられる驚きのイリュージョンに思わず目が釘付け!

たくさんのひとが足を止めて山上兄弟のステージを見ていました!

 

こちらは、「S.I.T.Glee GOSPEL」のみなさんです!

「WAになっておどろう」など有名な曲を素敵なハーモニーでを響かせてくれました!

 

アフリカ系ブラジルパーカッションバントの「Alawodudu」のみなさんは、カラフルなTシャツで力強い演奏を披露!

見てください、この会場の盛り上がり!!フェスの醍醐味ですね~♪

 

2日間の世界市フェスのフィナーレを飾るのは、「日本マリネラ協会」のみなさん!

マリネラはペルーの国民的ダンスのことです。独特のリズムがあります。

演技の後にはステージ下で来場者のみなさんと記念撮影タイム!

 

2日間にわたって開催された「国際フェスティバル世界市2015」いかがだったでしょうか?

イベントをつくるにあたってご協力してくださった出演者・出店者のみなさま、来場者のみなさま、ご支援いただいたみなさま、

本当にありがとうございました!

 

これからも世界市プロジェクトは「世界と日本の架け橋をつくる」という理念に沿って、様々な活動を行う予定です。

引き続き、世界市プロジェクトをよろしくお願いいたします!!


PAGE TOP