【世界のレシピ】クネーデル(ドイツ)

今回の世界のレシピは、ドイツの料理「クネーデル」をご紹介します!!
 
 
 
 
******************************

 

 

こんにちは!すみおかですっ

 

 

季節はすっかり秋。

紅葉の模様がテレビで日々映し出されるのをみて、もみじ狩りに行った気分になっております*

 

 

紅葉って日本だけのものだと思っていたのですが、そんなことないんですね!

 

中欧のチェコでも紅葉を楽しむことができるようです。

外国で紅葉を愛でるなんてなんだか贅沢な気分になれそう…行ってみたいですね!

 

 

 

そんな今日ご紹介するのは、チェコの!、

 

ではなく、ドイツのお料理「クネーデル」です。

(でも近いだけあって、チェコにもクネーデルに似たお料理があるみたいです!)

 

 

クネーデルはドイツ語で「団子」を意味していて、

茹でたじゃがいもや潰したパンを生地にして、丸めたものです。

 

お肉料理の付け合わせとしてよくつかわれます。

 

甘い味付けでデザートとして食べることもあるみたいです。万能だなあ~♪

 

 

ではでは、さっそく作っていきましょう!

 

まずは材料から~(^ω^)

 

<材料>2人分ですっ

・じゃがいも:2こ

・たまご:1こ

・小麦粉:40g

・ナツメグ:少々

・塩こしょう:少々

・ミートソース缶:1缶

 

<作り方>

 

①    じゃがいもをよく洗い、ラップで包んでレンジで5分あたためます。

(小さい穴をつまようじで開けておくと破裂しません)

 

 

②    レンジであたためたじゃがいもの皮を向き、マッシュにします。

 

 

③    マッシュしたじゃがいもに、卵・小麦粉・ナツメグ・塩コショウを入れてよく混ぜます。

 

 

④    沸騰したお湯に塩を少々入れ、③の生地を丸めて鍋にいれます。

 

 

⑤    団子が浮き上がってきたら鍋から引きあげて、ミートソースと合わせます。

 

 

完成です!!

 

 

付け合わせというポジションながらも、

これでもうお料理として成立してしまうレベルです!

 

じゃがいもの生地を丸める作業がたのしいので、お子様と一緒につくるのも楽しいおもいます♪

 

ぜひ作ってみてください!


PAGE TOP