【世界市海外特派員】韓国~大学生活~

韓国の大学事情に迫ります!
 
 
 
 
 
 
********************************

 

 

アンニョンハセヨ〜!!

 

こんにちは!

私は韓国の西江(ソガン)大学に

交換学生として一年間留学しています。

 

韓国の大学についてどんなイメージを持っていますか?

韓国といえば、

厳しい受験戦争

が有名かもしれませんが、

 

やはりその受験戦争を乗り越えて集まった学生たち、

そして日本よりも就職が厳しい韓国です。

私の印象では、日本の大学生よりも

めっちゃ勉強してる…!

 

日本の学生が勉強してなさすぎといわれればそこまでですが、

入学するのも難しく卒業することも難しい韓国の大学。

夏休みやテスト期間など関係なく、

いつも遅くまで勉強している人が多いです。

 

 

じゃあ勉強しかしてないのか…?

いやそんなこともありません。

韓国の学生たちはその中でも楽しさを見つけながら過ごしています。

 

そんな学生たちと過ごす私の留学生生活を少しご紹介したいと思います。

 

 

 

ざっくりと

①  1日の主な流れ

②  学校・授業

③  寄宿舎

④  その他の生活

 

これらについて紹介します!

 

 

一日の流れ

===平日の主な1日の流れ===========

8:00 起床

8:30 朝食

午前 1コマ 講義

12:00 昼食

13:30~17:30 語学堂

18:00 夕食

19:00~22:00 勉強など

22:00 ジムで運動

23:00 シャワー

寝るまでラジオを聞きながらゆったり

1:00   就寝

=========================

 

大体いつもこのような感じで1日を過ごしています。

 

 

学校・授業

 

◼︎西江大学のあれこれ

 

 

私が通っている西江大学は創立55年の比較的歴史の浅い大学です。

西江大学の創立者は、日本の上智大学と同じ人物であり、

レベルもだいたい同じくらいの大学です。

現在韓国の大統領であるパク・クネ大統領の出身大学として有名です。

学生は1万人ほど、敷地も韓国のほかの大学に比べて狭く、

宿題も多いため、「西江高校」と呼ばれて笑い話にもなります(笑)

 

また勉強を一生懸命する韓国の学生の中でも、

特に勉強ばかりしている人が多いということからも

そのようなあだ名がついているとも言われています。

 

大学は、新村(シンチョン)という街にあり、

周辺には韓国でトップクラスの大学が集中しています。

それゆえとても学生が多い街です。

 

◼︎授業のあれこれ

日本の大学は

1科目90分授業を週に1コマの講義を聴くのに対し、

韓国の大学は

1科目75分授業を週に2コマの計150分間聞きます。

 

 

私は現在、平日に1日5時間半ほど授業を受けています。

授業は主に2種類ありますが、

午前中に講義、午後に韓国語の授業を聞いています。

 

午前中には日本の大学と同様、

学生たちとともに韓国語や英語で講義を受けています。

韓国と日本や中国、アメリカなど、

韓国と世界との関わりについての授業を

前期はアメリカ人の教授から、後期は韓国人の教授から

講義を聞いていますが、いろんな視点を持つきっかけになり

とても楽しいです。

韓国や多国籍の留学生たちと勉強することは

決して簡単なことではありませんが、

とても有意義な時間を送っています。

 

 

午後は毎日4時間ずつ、

韓国語教育院(構内にある語学学校のようなもの)

韓国語を学んでいます。

 

ひと教室10人ほど、50分×4コマで構成されています。

 

初級は日常会話が多いですが、級が上がるごとに、

プレゼンやディベートが増えてきます。

 

 

西江大学はスピーキング中心なことで有名で、

一日4時間、とにかく韓国語で学生たちと会話しながら学んでいます。

机もひとつに3、4人で向かい合って座ります。

 

 

 

スピーキングの能力が上がるだけでなく、

喋ったことのない国の人たちと

様々な価値観や考え方を持ちながら話し合うことで、

とてもいい刺激になりますし、新しい発見も多いです!

 

 

③ 寄宿舎

私は学校の寄宿舎で生活しています。

寄宿舎は学校の敷地内にあるため、遅刻したり、

朝の通勤ラッシュに巻き込まれ心配もなくとても快適です(笑)

 

寄宿舎には900ほど住んでおり、主に留学生が多いです。

 

2人1部屋で、部屋ごとにトイレとシャワーがあります。

前期のルームメイトは韓国人の新入生でした。

現在はインド人の学生と生活しています。

 

寄宿舎では朝夕の2回食堂でご飯を食べられます。

「韓国食」と「西洋食」が用意されており、

片方を選んで、自分で食べる分だけ皿に盛ります。

 

 

これはある日の夕食です。

メインはヘジャングッという料理で、私が大好きな韓国料理の一つです!

そしてやはり、キムチは毎日でてきます(笑)

 

その他にも寄宿舎にはジムや洗濯室などがあります。

私はジムが大好きでよく通っています。

その延長で、

ソウルで開催されたマラソン大会なんかにも参加していまいました(笑)

 

◼︎図書館・自習室

西江大学にももちろん図書館がありますが、

とにかく広く、また図書館が構内にいろんなとこに点在しているため

すべてをまわったことはありません(笑)

 

そして自習室も図書館の中だけでなく、

校内に何箇所もあります。

 

主に図書館内にある自習室はなんと

365日24時間営業……

 

すごいのはちゃんと毎日人がいるんですよね…

 

私はこれを知って

韓国の勉強に対する熱量の高さを知り、言葉も出ませんでした…。

 

ちなみにテスト期間は構内すべての自習室が

24時間営業になります(笑)

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

もちろん日本と異なる点も多いですが、

韓国の大学生も勉強だけでなく、

サークル活動やボランティアに一生懸命に取り組んだり、

やはり大学生活をそれぞれに楽しんでいます!

 

いろんな大学生に出会うことで、

自分の考えの幅も大きく広がったのではないかと思います。

 

では私はのこり3ヶ月、

一生懸命、楽しく、過ごしたいと思います〜!(^o^)/

 

 

韓国から大学生活についてお届けしました!

それでは、

アンニョン〜〜〜

バイバイ!


PAGE TOP