【世界文化比較】入学式

 

今回は、世界文化比較として「入学式」をテーマにお伝えします!!!!

 

 

 

*************************************

 

今回の世界文化比較のテーマは「入学式」です。

ec1f16ca15f4bed465daf9768c53f1f0_s

日本にいると4月=入学式ですが、これは日本独自の文化だそうです。
なぜ日本の入学時期は4月に行われているのでしょうか?
その理由は日本の歴史と関係していました!
江戸時代に存在した寺子屋では特に入学時期が定められておらず、いつでも入学が出来ました。
明治時代になると、欧米や西洋の教育が導入されるようになりました。そのため、欧米と同じように高等教育では9月入学が一般的となっていました。

しかし、政府の会計年度が3~4月に行われるようになったり、軍隊の入隊届け出開始期間が4月になったりと当時、国が始めた富国強兵政策により4月に入学へと変化するようになりました。

大正時代になると、高校や大学までもが4月に入学となったのです。そして現在まで変わらずに日本では4月になると入学式が行われるようになったのです。

また海外の学校の入学式がすべて9月というわけではありません。
では海外の入学式はいつなのでしょうか。

1月 シンガポール
1月~2月始め オーストラリア ニュージーランド
3月 韓国
5月 タイ
6月 フィリピン
9月 アメリカ イギリス カナダ フランス トルコ ロシア 中国

d8367915226688a3ae090f6251a13143_s

やはり9月入学の国は欧米諸国が多いです。これらの多くは夏休み明けに新学年が始まるという共通点があります。北半球に位置するオーストラリアやニュージーランドも季節は逆になるので夏休み明けという点は同じです。
シンガポールやタイは乾季や雨季の時期が長期休みになるので一番長い休みが終わると新学年がスタートするように設定されています。

 

最近では、少しずつ日本の大学でも秋入学ができる学校も増えてきました。
しかしまだまだ世界の入学式と比べてみると日本の4月に入学式は珍しいようです。

 

以上、「入学式」の文化比較でした!


PAGE TOP