【世界の街並み紀行】アウシュビッツ

こんにちは!

今回の街並み紀行はポーランドのアウシュビッツについて紹介します!

 

 

 

*********************************

私は2016年3月、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所のツアーに参加しました!

元々イギリスに旅行する予定で、その際イギリスに住んでいた友人に、日本人のアウシュビッツ強制収容所のガイドさんがいらっしゃる、と聞き折角だから、という事で参加する事に決めました。

まず日本からイギリスに行きそのままポーランドへ、そこで1泊してツアーに参加するというスケジュールです。

(中々ハードでした(..)苦笑)

 

イギリスからポーランドへは小さな飛行機に乗って大体3時間程で到着しました!

~~見学当日~~

クラフク中央駅という駅から出ている大型バスに乗って収容所へ向かいます。駅から1.2時間はかかりました。

 

到着後収容所の記念館の前でガイドさんと待ち合わせです。

私の時は15名程の日本人がいました!

まず第一強制収容所を周ります。

そこでは実際に収容されていた部屋や、資料、地図、遺物等を見ながらガイドさんの話を聞いていく形です。

英語ができない私でも日本人のガイドさんのお陰でしっかりと理解しながら周る事ができました。

 

そして次にバスで第二強制収容所へと移動しました。(10分程で着きます!)

第二強制収容所には、きっと皆さんも一度は見たことがあるであろう鉄道引込線がありました。

この線路の周りには多くの収容施設と草原が広がっており、圧倒されました。

アンネの日記で有名なアンネ・フランクもこの第二強制収容所に収容されていたそうです。

こんな広い場所に自分の想像している以上の人が収容されていたと思うと、とっても心が痛みました・・・

 

 

この第二強制収容所を周ってツアーは終了となります。

 

 

見学している最中、たくさんの国の人とすれ違い互いに挨拶の言葉を交わしながら周りました。

世界中の人々とこういった場で繋がる事も大切なんじゃないかな、と思い、ハードなスケジュールでしたが行って大正解でした(^^)!

 

日本の学生として修学旅行等で沖縄の姫ゆりの塔や広島の原爆ドーム等に行く事はあっても海外の戦争跡地に足を運ぶことって中々ないと思います。

皆さんも海外旅行に行く際、

楽しむ観光にプラス、社会勉強ができるような場に足を運んでみてはどうでしょうか??

 

 

(アウシュビッツ収容所内の写真撮影は不可の場所もあれば可の場所もあります。)


PAGE TOP