【勉強会 特別コンテンツ】世界の果て

こんにちは!

こちらのコーナーでは先日おこなった勉強会の成果発表について発信していきます!

************************************************************************

 

今回お伝えするのは…「世界の果て」

 

  

何とも不思議なタイトルですが💦

みなさん、「世界の果て」と聞いてどんな世界を思い浮かべますか?

 

自然豊かな神秘的な世界でしょうか?

はたまたマグマが煌々と噴き出す少し怖い世界でしょうか?

 

じつは実際に「世界の果て」と呼ばれている土地があるんです!

 

その場所は…南米アルゼンチンの最南端に位置する島々「ティエラ・デル・フエゴ」。

この土地の住民があちこちで焚き木をしている様子が、島の大地から火が噴き出ているように見えたことから日本語で「火の土地」を意味する名前が付けられています。

 

それでは気になる「世界の果て」の風景、こちらです↓↓

 

 

 

いかがですか?

息を呑むような世界が広がっていますが、その一方で南極大陸から1000㎞(東京―大阪間の往復)ほどの距離に位置していることから、南極への玄関口としても知られています。

 

 

 

「世界の果て」と言われている「ティエラ・デル・フエゴ」。実は地名以外でも…

 

ティエラ・デル・フエゴの主島、フエゴ島にいた先住民の生活や文化に関する品々が展示されている「世界の果て博物館」

アルゼンチンとチリの国境、ビーグル水路を通り動物観察が楽しめる「世界の果て巡り遊覧船」🚢

ティエラ・デル・フエゴ国立公園内を走る観光列車「世界の果て号」

 

など、島の観光名称にも「世界の果て」がたくさん使われています!

 

みなさんも「世界の果て」の風景を求めて、訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 


PAGE TOP