ミラノ(イタリア)

 

ファッションの街、ミラノ。

2011年12月、留学先の学校が3週間のバカンスに入るということで2週間弾丸旅行にでかけました。そのなかのひとつがここ、ミラノ。

まずはメトロに乗って中心部に出ると迎えてくれるのは

 

街のシンボルDuomo !

大きい、白い、怪物みたい。

このDuomo、世界で2番目におおきい大聖堂なんだとか。ちなみにゴシック建築だと世界一。

最近元の真っ白に戻って地元住民もびっくりなんだとか。わお。

 

ちなみに中はこんな感じ。

 

ちょっと分かりづらいですが、中もゴージャス。

信じられないほど高い天井と太い柱、細やかな装飾、きらびやかなステンドグラスと揺れるキャンドルの光がすごくきれいでした。

礼拝にきて真剣にお祈りしていらっしゃる方もちらほら。

毎年500万人くらいの人が世界中から礼拝に訪れてくるのだそう。

これが宗教の力なんですかね~

 

 

床のタイルまでかわいらしい。

 

 

上にのぼることもできます。上からの景色です。

そしてDuomoの裏手にあるのがこのお店。

 

「 Superdry 極度乾燥しなさい 」 嫌です(笑顔)。

ヨーロッパで流行っていたのか滞在中やたらとこのお店を見ました。

ものすごく乾燥してる季節にこれ以上乾燥させるのかとか思ったのはここだけの話。

 

そのままぐるっと正面までもどると、さきほどちらっと見えた大きな建物、

ガッレーリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

 

 

有名ブランドも立ち並んでいるおおきなショッピングモール。

お店のショーウィンドーもそれを覗く人たちもすごくおしゃれ。

Macまでおしゃれに見えるんだから不思議。

 

アーケードの中はこんな感じ。うーん、リアルディズニー。

もうちょっと歩いていくとレオナルド・ダ・ヴィンチがお迎えしてくれます。

 

 

ダ・ヴィンチはミラノにとてもゆかりのある人で街のあちこちでそれがうかがえます。

たとえば黄金率の標識。

 

 

かわいい。余談ですが、他にも可愛い標識があちらこちらにあったので探してみるといいかもしれない。

そしてダ・ヴィンチの目の前には・・・

 

 

かの有名なスカラ座!

当日券を買おうと思ったのですが、あまりの並びように断念。

お金持ちになったらいつかいい席で観てみたい。

さてさて、ちょっと離れてスフォルツェスコ城。

 

 

またまたレオナルド・ダ・ビィンチも建設に加わったといわれる古城です。

このお城、中にはとても大きい庭が広がっていて地元の人々の憩いの場になっているのです。

 

 

 

パニーニを買ってピクニックなんかいいなあ。

このお城、中には大きな博物館もあります。

展示品の一つにミケランジェロが死に際まで作っていたといわれる「ロンダニーニのピエタ」が。

 

 

 

「慈悲」を意味するピエタ。

イタリアではこれをテーマにした美術品がたくさんありました。

さすがカトリックの総本山。ちなみに手前がキリスト、後ろがマリアだそう。

 

 

次に紹介するのはここ。

 

 

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂。

「最後の晩餐」が壁画として描かれているあの大聖堂です。

朝8時。寝ぼけ眼を擦りながら向かったのですが、その絵の迫力に目が覚めました。

予約制でかつ15分という短い時間しか鑑賞できませんが、それでも行く価値はあります。

ご予約はお早めに。

 

 

さて、イタリアといえばジェラートですが!

駅から大聖堂に行く途中にある“Shockolat”。

ここ、地元の人もミラノ一おすすめというくらい美味しいジェラート屋さんです。

こんなに美味しいチョコレートフレイバーは初めてでした。凄く濃厚。

 

是非お試しあれ。

 

 

もう一つ忘れちゃいけないのがミラノといえばaperitivo。

ひとつドリンクを頼めば食べ物は食べ放題。

ドリンクも大体8ユーロなのですごくお得!

ただ、お店を事前に調べていくことをおすすめします。笑

よく調べもせずお店に入ってしまうと泣きをみます…

 

最後にご紹介するのはここ。

 

 

ただの川じゃん。と思うのはまだ早い!

このナヴォリオ地区、旧市街なのですが、学生があつまる地区でもあります。

昼間はヴィンテージショップやアンティークショップ、ギャラリーが開いている素敵な場所。

惜しくも私が行ったときはクリスマス直前で閉まってました。泣

 

ミラノを訪れる際にはぜひ注意してくださいね☆

それでは、Ciao!

(羽鳥)

 


PAGE TOP