ブダペスト(ハンガリー)

2012年9月ヨーロッパの旅5日目の朝、私は一人猛烈なかゆみと共に目を覚ました。

ふと、自分の体を見てみるとなんと手足全体に無数のじんましんが出来ている。なぜ?心当たりは全くない。

全身をかきむしりたい衝動を抑えつつひとまず街に出る。

外は晴れていてとてもいい天気!湿気もなくカラッとしていて思わずスキップしたくなるよう。

ブダ近郊

ブダペストの街はヨーロッパでありながらもどこか雑然としていて、日本人にはとても親しみやすい。

たとえば、こんな感じ。

トラム乗り場

初めて見た景色なのにどこか懐かしい気もする。窓ガラスには紅葉が映りもう秋だ。

窓に映った紅葉

それにしても体がかゆい。かゆすぎて気分はこんな感じ…

首つりマネキン

(街で見かけた首つりマネキン)

そんなことはさておき、街歩きを続けていくと温泉を発見。実はハンガリーにはたくさんの温泉があり、

日本にも負けない温泉大国なのだ!こんなところにも共通点を発見し、うれしくなる。

セーチェニ温泉

それにしても気持ちよさそう。シャワーしかないヨーロッパでそろそろゆっくり浴槽に浸かりたいなあと思った私。

しかし、水着を持っていない。しかも、みんなカップルや友達・家族などと楽しんでいて一人でいる人は皆無・・・。

15分ほど本気で入るか入るまいか悩んだ挙句、結局あきらめた。勇気が出なかった。それでも見るだけで満足し、

ひとまずお茶をする。

カフェにて

これで約300円!ハンガリーにはカフェがたくさんあり、しかもお手頃な値段で楽しめるので私も滞在中何回も立ち寄った。

今度は気分を変えて王宮に行ってみる。

王宮

すっすごい。市内を一望する高台にあり遥か遠くまで見渡すことが出来る。

私も城内に入って王様気分に浸ろうと思ったのだがあいにくの工事中。ということで周りを散策していると、彫像の修復作業に出くわす。

それにしてもこのお兄さんイケメンだった。本当にかっこいい 。

その近くにはこんな教会が。屋根のタイルがお見事!明るい色使いが青空に映える!

教会

 

このようにヨーロッパの美しい街並みを持ちながらもどこかほっと出来る街、ブダペスト。

ぜひ一度訪れてみてはいかかでしょうか。

 

P.S. 全身のじんましんは薬局で薬を買い毎日せっせと塗り続けたにも関わらず、帰国するまで治らなかった。

(石嶋)


PAGE TOP