現状報告(カナダ)

tim hortons

こんにちは、お久しぶりです。5期世界市メディア局の大隅倖代です。英語の上達と、北米で暮らしてみたかった願望が叶い、2012年9月より語学留学中!今回はカナダ、トロントでの様子お届けします!

 

まずはトロントの基本情報。私目線でお届けします。

カナダの南東部に位置するトロントは、カナダ最大の都市であり、多数の民族が暮らす多国籍な都市です。イタリア人街、グリークタウンの他に、中華街、コリアンタウン、サウジアラビア向けスーパー、日本人向けのスーパーもあり、時々ここはアジアか?と錯覚するような場面もあったりなかったり・・・。

日本食

(中国人向けの大型スーパーには、こんなものが棚いっぱいに置いてありました)

 

住宅街は静かで緑が豊か!歩道はコンクリートと芝生が1:2(当社比)で、2人で並んで歩くのが限界。3人目は芝生を歩く羽目になります。朝は冷え込むトロント、芝生を歩くと靴やズボンの裾が濡れるので注意が必要です。

Toronto

 

食文化やサブカルチャーはアメリカとほぼ同じ。日本でも人気のある海外ドラマ”Bones” や”Glee” の新シーズンが放送中です。 映画は日本でもおなじみの”バイオハザード”が上映中!ファッションに関して言うと、H&MやZARAなど、日本に進出しているお店が主流です。9月下旬になりやっと秋冬ものが出始めました。ダウンタウンや大きなモールに足を運ぶと、買い物や映画を楽しむことができます!地下鉄やバスが発達していてアクセスも便利です。

物価が高い点がネックですが、トロントは“治安がよく、穏やかなアメリカ”だと思います。(アメリカはシアトルしか行ったことがないのですが・・・笑)

 

 

 

さてさて、カナダと言ったら何を想像しますか?メープルシロップ、バンクーバー、トロント・・・・他に何が思いつきますか?

恥ずかしい話ですが、私自身トロントに来るまではこの3しか思い浮かびませんでした。1ヶ月経った今でも、カナダを上手く表現できないのが現状です。カナダは掴みどころがなく、小悪魔のような国です、憎らしい(笑)。

 

そんな小悪魔カナダ、トロントで私がよく行くお店を紹介!

トロントの街にはカフェ(チェーン店)があちこちに存在し、通勤中のバスや大学内では、コーヒーを片手に移動する人の姿がたくさん。ドライブスルーが可能なカフェも多く、駐車場を広く取っている店も多いので、運転のお供にコーヒーを買う人々もよく見かけます。

 

王道、Starbucks Coffee

ダウンタウンに行くと、50歩進むたびに赴きある外観のStarbucksに遭遇します。お値段は日本とあまり変わらず、味も変わらず。雰囲気も変わらず。国境を越えても変わらないその姿に、世界中から愛される秘訣を実感しました(真剣)。2012年秋のシーズンフレーバーは”パンプキン・スパイス・ラテ”、日本とは異なりますね!個人的におすすめは”マシュマロドリームバー”!!!

マシュマロドリームバー

とくに面白味はありません。ただ甘くておいしい。日本で見かけたことがないので紹介してみた。

 

続いてcountry style

country style

カナダ版ドトールコーヒーだと思ってください。Starbucksさんと比べるとお値段はお手頃(味は劣りますが)。ここのWiFiはなぜか接続が悪いので、Mac愛用中の意識が高い学生の皆様にはおすすめしませんが、内装が落ち着いているので、読書に最適です!

 

私が最もおすすめするお店はこちら!

tim hortons

Tim Hortons

このお店がカナダで誕生してから40年。Tim Hortons のコーヒーとドーナツは、カナダ人のアイデンティティーと言っても過言ではないでしょう。コーヒーが1$、ドーナツも1$(カナダドル、1$=約80円、2012年9月30日現在)!お財布に優しく、ドーナツがとてもおいしいので、甘党のみなさんにはぜひともご利用いただきたいです。おすすめのドーナツはメープルディップ。

メープルディップ

ドーナツやマフィンは焼き立てを狙って買いに行きましょう。焼き立てのフワフワドーナツは中毒性があり、買い占めたくなるはず。

 

これはカナダに限ったことではないですが、一見無愛想だけど、フレンドリーな店員さんが多い!”Have a nice day!” はもちろん、くしゃみをしたら”Bless you” と声をかけてくれます(笑) とても通いやすいこれらのカフェですが、アイスのカフェラテには注意!!出てきたものがとても甘かった。蜂蜜やガムシロップが入った甘いもののことを指すそうです。コーヒーも食べ物も甘いものが多いので、自己管理が必要です。太らないようにしなくちゃ・・・!!!

 

 

便利で都会的な一面と、のどかな一面を持つトロントは、とても暮らしやすい街です。私は日本、韓国、タイと3か国に在住経験がありますが、もし永住するならトロントがいいな!なんて思ったり。長期滞在するなら、トロントをおすすめします!

今回は私の生活に沿った、低刺激なトロントを紹介をさせていただきました(笑) もっとダウンタウンの様子が知りたい!刺激がほしい!など、何かあれば世界市メンバーに連絡してくださいね♪ 世界市を通してお伝えします!

 

(大隅・カナダ留学中)


PAGE TOP