ロサンゼルス(アメリカ合衆国)

サンタモニカ

 

 

 

2010年夏。

私は人生で初めて、アメリカ合衆国の地に立った。

ずっと憧れだったアメリカ。

私の初めてのアメリカは…そう、あの西海岸のロサンゼルス!

ヤシの木とビルが並ぶカリフォルニア

とはいえ、私は語学留学として1ヶ月ステイした為、

ロサンゼルス都心からは少し離れたロングビーチという更にのどかな街に滞在していた。

 

ロサンゼルス…ときくと、アメリカ第2の都市と言われているくらいであるし、

とても都会な街をイメージするかもしれないが、

西海岸・カリフォルニアの街々は予想以上に時間の流れがゆるやかで、とてものんびりしている。

そんな魅力を持つ西海岸に私は今回一目惚れしてしまい、半年後にカリフォルニアもう一つの都市サンフランシスコに行っていたとは言うまでもない。

 

しかし、ロサンゼルスは本当に遊ぶところでいっぱい!!!

きっと遊ぶのにネタ切れすることはないのだろうと思うくらい、テーマパークや観光名所が勢ぞろいしている。

今回はそのLAの有名テーマパークや観光地、そしてLAでみつけたおいしいものを少しずつ紹介していこうと思う。

 

まずは、LAに行く人誰もが行くであろうハリウッド。

ハリウッド

私の滞在していた街からはメトロを使ってハリウッドまで約1時間ちょっと…

LAにいるのになぜか長距離通学のようになっている。

ロサンゼルスはとにかく広いのだ。

 

まず最初に、ハリウッドといえばここ!というグローマンズ・チャイニーズ・シアター。

映画が好きな人はおそらく興奮するであろう。

ハリウッドスターの手形や足跡が石に埋め込まれているのである。

刻まれた石

そしてもう一つのシンボル、ウォークオブフェイムという名の星型の敷石がある。

これは俗にいう俳優だけでなく、映画・音楽・テレビ・ラジオ・演劇など様々な分野で活躍したスターたちの名が刻まれている。

ウォークオブフェイム

映画の人はカメラのイラスト、音楽はレコードとそれぞれマークも違うみたいだ。

正直映画があまり好きではなかったわたしには熱があまり入らなかったので、次のスポットを紹介したいと思う。

 

 

LAの中でも私のお気に入りの買い物スポット、サンタモニカ。

サンタモニカゲート

このサンタモニカピアのゲートの写真を見たことある人も多いだろう。

 

このゲートからむこうに木造の桟橋が続いており、ハリウッド映画などにもよく登場するらしい。

ピアにはアーケードやカフェ、新鮮な魚やエビの屋台、ギフトショップ、またジェットコースターや観覧車などがある遊園地パシフィックパークもある。

中にはちょっとあれ?と思うものも発見した。

キ○ィ?

この顔と手が見えてしまっている感じ…いいのだろうか…。

 

そしてここが私がサンタモニカが好きな理由!

サード・ストリート・プロムナードというこの通りには、カジュアルブランドのお店やカフェ、映画館、おいしいグルメなどたくさん揃っている。

サードストリート

プロムナード

何時間でもここにいれる気がする!

Abercrombie & FitchやKitsonなど、カジュアルなお店がいっぱいです。

アバクロ

kitson

私がKitsonに行った時、ミネトンカのブーツやモカシンシューズなどがなんと30$~で売っていて、衝動買いしてしまった。

女の子ならぜひ行ってみてください。

 

 

LAにはたくさんのテーマパークが存在する。

中でも私が滞在中に訪れたのは3つ。

 

まず1つ目は、大阪にもあるユニバーサル・スタジオ。もちろんinハリウッドバージョン。

ユニバーサル

イメージは日本のものと変わらないのだと想像してもらっていいだろう。

しかし、本当に映画の撮影に使われたセットやスタジオなどを見れるツアーや、迫力のあるショーがより本格的だった。

もちろんアトラクションも多数あるが、映画好きにはたまらないテーマパークだろう。

ジョーズ

ジュラシックパーク

 

次に、みんな大好きディズニー!!!

アメリカのディズニーといえばフロリダの方が有名ですが、

カリフォルニアにもディズニーランド・パークと、ディズニーカリフォルニアアドベンチャーという2つのパークがあるのだ。

 

私が行ったのは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの方。

迫力やディズニーの世界観は少し落ちるかもしれないが、

こちらのパークのが東京にあるそれとあまり似ていないので私はおすすめしたい。

ディズニー

こんなミッキーの観覧車とか普通のジェットコースターがあるのが、さすがアメリカという感じ。(笑)

 

写真では少しわかりにくいが、夜に行われるワールド・オブ・カラーという水を使ったショーがものすごく綺麗だった。

パーク内のアトラクションなどは全て営業終了し、このショーだけを開催するため迫力と見ごたえがある。

アメリカのディズニーってこんなもんか~って思ってた矢先に、素晴らしいショーを魅せられたという感じだった。

ワールドオブカラー

 

 

そして最後に紹介したい私の一番のおすすめのテーマパーク、というより遊園地。

その名もSix Flags Magic Mountain!

恐怖の遊園地!

LAから少し離れているが、車で1時間くらいで行ける距離にある。

広大なカリフォルニアの土地を使い、迫力あるたくさんのジェットコースターで敷地が広い。

 

なんといっても、見るからにスリル満点の絶叫アトラクションばかり!!!

私も弱い方ではないのだが、あまりにも過激なものばかりなのと、アメリカのクオリティが大丈夫なのかという不安でかなり怖かった。

絶叫大丈夫!絶叫大好き!という方はぜひとも行って欲しい。

ここを体験すれば、もうどんな絶叫マシーンにも耐えられると思う。富士急も余裕で行ける。(笑)

スリル満点!

 

たくさんのスポットを紹介したが、LAにはまだまだおすすめしたいところがいっぱい。

でもとにかく私が言いたいのは、アメリカ第2の都市にも関わらず、本当にゆったりしていて過ごしやすいということ。

東京や大阪、名古屋などの日本の都市とは明らかに流れがちがう。

 

それは住んでいる人、もの、空気、自然、すべてから成り立っているのではないかと感じた。

 

もうひとつのカリフォルニアの都市、サンフランシスコの魅力を伝えるのは、また半月後。

 

(有村)


PAGE TOP