ベルリン(ドイツ)

ベルリン

2012年夏。

ドイツ留学中の友人に会うために、私は日本を旅立ちました。

もう1人すでに日本から欧州入りをしていた友人と3人で現地集合する予定です。

初めて行く国、土地での現地集合・・・

しかも待ち合わせ場所はスタバ周辺に19時。

はたして本当に出会えるのだろうか・・・?と多少の不安を抱えながらも出国。

(結果的にうまく出会えず、私は言葉も通じない、Wi-Fiも飛んでいない駅でひたすら30分間待ちぼうけをくらったのでした。)

 

ベルリン中央駅

待ち合わせ場所のスターバックスコーヒーがあるベルリン中央駅。

国内線から国際線まで多くの列車がこの駅から出ています。空港行きのバス停も駅前にありますよ。

スーパーや飲食店などたくさんお店が入っていて、どれも朝早くから夜遅くまで営業しているため便利でした。

 

ベルリンは商業施設が多いためいわゆる観光地というものがあまりありませんでした。

その中でも有名な観光地がこちら。

ベルリンの壁

昔ドイツを東と西に分断していたベルリンの壁。

ベルリンと聞いて誰もが思い浮かべるであろう観光スポットだと思います。

一晩で作られたというだけあり、意外と薄いんだなというのが最初の印象でした。

 

壁の1枚1枚に絵が描かれています。

ベルリンの壁,アート

こちらはメッセージやサインを残せるスペースのようです。

ベルリンの壁はひたすら同じような壁が続くので自転車をレンタルして観光する人がほとんどでした。

徒歩で観光していた私たちはすぐに退散。4女には辛い観光スポットでした。

 

 

続いてブランデンブルク門。

ブランデンブルク門

こちらはヨーロッパらしい観光スポットでした。

門の周辺には大道芸人がたくさんいます。

大道芸人

ちなみに、大道芸人の間に挟まれているのが世界市メンバーのうめです。

(気になるうめちゃんの記事はこちら!)

 

観光スポットがあまりなかったので、ドイツらしい食べ物をご紹介したいと思います。

まずはプレッツェル。

こちらは駅の中などにあるDitschで購入しました。

もちもちで塩味がきいていて美味しかったです。これで約65円!

プレッツェル

 

続いてお菓子。

スーパーやコンビニで気軽に購入できるグミ、HARIBO。

日本でも人気がありますよね。今回はとっても可愛いスマーフの形をしたHARIBOを買いました。

ただこのスマーフグミ・・・味は美味しいのですが、触感が歯にくっつくタイプのもので私は苦手でした・・・。

HARIBO

 

最後にベルリン名物CURRYのカリーブルスト。

こちらはソーセージにカレーパウダーとソーセージ用のソースがかかったものです。

CURRYはチェーン店なのでベルリンの至る所にありますが、友人曰くNo.36が1番美味しくて人気があるそうです。

カリーブルスト

カリーブルストが気になる!食べてみたいという方にはこちらのレシピがおすすめですよ!

 

 

ベルリンは日本人がイメージしている「ドイツ」とは異なる街でした。

まず、ヨーロッパの特徴である石畳が少ないです。

どちらかと言えば東京に近いような街でした。

(しかもパイプが多い!)

パイプ

 

今回は留学中の友人もいるし、何とかなるだろうと思って何も勉強せずに訪れてしましました。

実際は思った以上に英語が通じません。(私の英語力の問題かもしれませんが)

ドイツ人、特に高齢の方はこちらが明らかな外国人観光客でも気にせず流暢なドイツ語で話しかけてきました。

簡単な挨拶だけでも良いので、少し勉強してから訪れることをおすすめします。

 

 

 


PAGE TOP