ハロウィン(フィリピン)

フィリピンのハロウィン

「ハロウィン」からみるリアルな世界・フィリピン編

 

 

 

 

①あなたの国のハロウィン事情・認知度

フィリピンのハロウィンは日本やアメリカとは全く異なった祝い方をします。仮装したり、家を装飾したりしません。(友達同士でパーティを行う場合はあるようです。)

31日にハロウィン、11月1日はAll Souls’ Day、2日にはAll Saints’ Day となっていて、31日から1日にかけて亡くなった家族や親戚のお墓を訪ね、花やキャンドルを供えます。その日は1日中お墓で過ごすのですが、みんながご飯を持ち寄るので決してお腹が空くことはありません。1日は親類が集まって、顔を合わせます。日本のお正月やお盆に似た行事のようです。

フィリピンのハロウィン

キャンドルがいっぱい

ちょっと変わった風景

 

②あなたの国ではハロウィンの時に仮装をするか?また、どのような仮装が多いか?

ハロウィンの日街中で仮装をしている人は一切見かけませんでした。

 

③どのような場所でハロウィンデコレーションを見かけるか?

フィリピンならどこにでもあるモール、SMや大き目の本屋さんで仮装グッズが見られました。しかし、フィリピンは9月からクリスマスの準備が始まるほどで、ハロウィングッズよりもクリスマスの装飾のほうが目立っていました。

 

④ハロウィンの時期限定のお菓子や食べ物

普段と変わらない食事をします。お墓ではアルコール類は禁止されているそうですが、基本的にどんな料理を持って行っても良いようです。

 

(関・フィリピン留学中)

 

 

カナダ編                スペイン編               ブラジル編

ハロウィンカナダ  ハロウィンスペイン  ハロウィンブラジル

オーストラリア編           スイス編

ハロウィンオーストラリア  ハロウィンスイス


PAGE TOP