チェンマイ(タイ)

タイのバンコクから北へ飛行機で約1時間。

私はチェンマイへと向かった。

 

11月24日に行なわれたロイクラトンというお祭に参加するためだ。

ロイクラトンとは、タイ全土で陰暦12月の満月の日を中心に開催されるお祭りであり、毎年11月頃に行われる。

チェンマイではイーペン祭りといい、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」にも登場する何千個ものランタン(コムロ―イ)を夜空にあげる。

コムロ―イと花火が一緒に上がってとても神秘的!!!

これについては最後にご紹介!

ちねみに24日に開催されたのだが、24日以外にも、前日にも市内ではちらほらとランタンがあがっていた。

 

 

さて、日本人に大人気のコムローイ祭りをご紹介する前に、お寺と大自然溢れるチェンマイをご紹介しましょう。

 

今回私は象ツアーに参加し、

ゾウに乗る

ゾウのパフォーマンスショー

首長族の集落訪問

イカダ下り

花園

という満喫した1日を過ごしました。

 

チェンマイの交通網はあまり充実しておらず、タクシー、トゥクトゥク、ソンテオという乗り物が主な移動手段です。

ソンテオ

ソンテオ。

値段は交渉次第。

 

 

山奥にあるゾウキャンプへのアクセスはツアーを使うのがとても便利でした。

そして何よりもツアーは人とのコミュニケーションが楽しい!!!

 

 

一緒にツアーをしたフランス人のご夫婦と事あるごとに笑いあってお話。

 

現地人のガイドさんとも冗談を交わしたり。

 

 

ツアーは人とのコミュニケーションの場だなと思いました。

 

 

さあ、ゾウに乗ってみよう!

 

 

….

 

 

エレファントキャンプ

意外と早い!!

 

道もデコボコなせいもあり揺れる揺れる。

しっかり捕まっていないと外に放り出されしまいそうでした(笑)

 

乗り心地はとてもいいです。

 

 

ただ、私のゾウはせっかちなのか、動きが激しく軽いジェットコースターにようでした(笑)

おかげで腕の筋肉が鍛えられたような…!

 

 

川に入ると嬉しいのか急に荒ぶりだして水をバシャバシャ…ゾウ使いの人はゾウを落ち着かせるのに必死でした(笑)

エレファントキャンプ

 

次は首なが族の街へ

山岳地で涼しいかと思いきや暑い暑い

ただたってるだけで汗がダラダラ垂れてきます

ちなみに11月下旬

半袖でも汗がダラダラとたれてきます!

日本の真夏です!

 

集落には手作りのジュエリーやストールが!!!

山岳民族

 

民族衣装がかわいい!

すべて手作り!きれい!!

こどももアクセサリーを売っています

 

 

イカダ下りはのんびりと川下の方へ下っていきます。

まる焦げになるかと思うほど暑かった…

でもゆっくりと時が流れすれ違う筏乗りのおじさんたちに

「こんにちは~」

「サワディーカー」

と挨拶しながら流れに身をまかせるのもの楽しかったです。

イカダくだり

 

 

チェンマイにはお寺もたくさんあります

キレイなお寺

 

もうひとつチェンマイに来て忘れてはならないのが

ナイトバザール!!!

ナイトバザール

たくさんの屋台があり、かわいい雑貨やおいしい料理、インテリアやお香などなど

見て回るだけでも楽しいです。

 

ナイトバザールにはかわいい雑貨がいっぱい

かわいい石鹸!

 

ちなみにナイトバザールではおかまショーも見れますよ!(笑)

結構美人です。

女子力高かったー!

ショーは見てませんがおしゃべりしました(笑)

行った時のおたのしみ!ということであえておかまさんの写真は載せません!

 

 

 

 

 

さあ、それではこのタイの旅行で1番楽しみにしていたイベント、コムローイ祭りです!!!

コムロ―イ

 

一見幻想的に見えるコムローイ祭り。

しかし、ランタンをあげるときに爆竹のような音がするものもあります。

ごく一部のものでしかならいので謎ですが…

 

時には燃えながら落下するものも(笑)

落ちてくる燃え盛ったランタンを見て、会場はざわめきます(笑)

どうか自分の上に落ちてこないで…と。

 

落ちてきた燃え盛ったランタンをキャッチした勇者には拍手が(笑)

 

補足ですが、露出が多い服装では入ることができないので注意です。

そして、虫除けスプレーも持参することをオススメします。

 

ちなみに会場に行くにはこのいかにも壊れそうな臨時に作られた橋を渡るのでスニーカーで行くのがおすすめです。

帰りも相当暗いのですが、渡ります。

多くの人が渡ったせいで帰りはボロボロ(笑)

一部行きにあった竹がなくなってたり、橋自体が傾いていて現地の人が支えていましたよ(笑)

不安定な橋を渡って会場に行きます

 

日本人の方も多く、常に日本語が聞こえます。まるで日本の夏のお祭にきているかのようでした。

コムロ―イ

イメージは隅田川花火大会の人混みと暑さです。

17:00過ぎ頃に会場に行きましたが、すでに人がたくさんおり、ギリギリ場所を取ることができました。

 

 

会場の奥には屋台もたくさんあります。会場の中心では20:00に一斉にあげるのですが、屋台のあたりでは18:00頃から徐々にあげはじめる人もいます。

コムロ―イ

 

ちなみに18:30頃にはお経のようなものがはじまり、合掌してお祈りする人もたくさんいました。

 

そして19:30になるとお経がはじまり、周りの電気も消え、一気に神秘的な雰囲気に会場全体が包まれます。

 

会場のいたるところにあるロウソクに現地の方々が火をつけてくれます。

コムロ―イ

 

このようにランタンに火をつけて…

地元の方が手伝ってくれました

 

しばらく空気をいれてランタンが大きくふくらむまで待ちます。

 

ちなみにランタンは意外と大きい。

4、5人で持つ人が多かったです。

 

 

願い事を込めて…

 

 

空に放ちます。

コムロ―イ

 

一斉にランタンが空に!!!

 

 

もう言葉にはできないほど美しい。

まさにラプンツェルの世界です。

ラプンツェルの世界

感動して泣きそうになるほど本当にキレイ

 

来てよかった、心の底からそう思いました。

 

何度も言いますが本当にキレイ

 

夜空に満面の星が散りばめられている、そんなイメージです。

コムロ―イ

 

 

 

ぜひ一度皆さんもコムローイ祭り、参加して見てください!!!

言葉にはできない感動がそこにはあります!

 

 

チェンマイは人がとても温かくて親切で、とってもおすすめの場所です。

 

タイに行くならバンコクだけじゃもったいない!

 

コープンカー!

 

 


PAGE TOP