Tag Archives: アイルランド

【世界市海外特派員】アイルランドの魅力

アイルランドってどんな国であるか皆さん知ってますか?
 
 
 
 
**************************

Dia dhuit!

こんにちは!

 

世界市海外支部ぽっぷです!

今回は現地アイルランドから日本人にとってまだまだなじみの薄い「アイルランドとその魅力」についてお伝えしてしまいたいと思います!

 

まずアイルランドがどんな国か、みなさんご存知ですか?

 

アイルランド共和国 は、北大西洋に浮かぶ北海道よりやや大きいほどの島国で、島の北部ではイギリス領の北アイルランドと面しています。意外にも国の第一言語はゲール語、第二言語が英語となっていますが、国民の大半は主に英語のみを話します。それでも、標識など街の至るところにゲール語は英語とともに併記してあり、小中学校では必修科目にもなっています。

 

人口はおよそ460万人で、福岡県単体の人口がおよそ500万人であることを考えるとアイルランドは決して大きな国ではありませんね。

しかし、そんなアイルランドがこれまで世界に与えてきた影響は多方面で大きく、非常に興味深い国なのです!

地図

 

さて今回は、

①観光

②お酒

③文化

を中心にスポットを当て、最後に番外編として「ヨーロッパをもっと安く手軽に満喫しちゃおう!」を付け加えてお届けしたいと思います!

 

①アイルランドのここがオススメ!観光編!

日本から訪れる場合、首都ダブリンがその玄関口となります。2015年11月現在日本からの直行便はなく、アムステルダムやロンドン、中東などを経由する必要があります。ダブリンには歴史あるOld Libraryが見どころのTrinity Collegeや、世界屈指のパブ街Temple Barなどがあるほか、いまや世界中から愛されているアイルランドが誇るギネスビールやアイリッシュウイスキーの工場見学などが魅力です!街そのものは大きくなく、丸一日あればダブリン市内の観光は楽しめるでしょう。

映画「スターウォーズ」のJedi ArchivesのモデルになったTrinity CollegeのOld Library

 映画「スターウォーズ」のJedi ArchivesのモデルになったTrinity CollegeのOld Library

 アイリッシュパブが立ち並ぶTemple Bar

アイリッシュパブが立ち並ぶTemple Bar

 おしゃれな街で散策や見学、買い物をしつつ、少し疲れてきたらパブでギネスビールを飲んで休憩して、おしゃべりが大好きなアイルランド人と話に花を咲かせる、なんてのもいいですね。 しかしここは自然豊かなアイルランド、少し郊外に足を伸ばせばアイルランド観光の楽しみはさらに広がっていきます!

 

続いては、世界の中でもアイルランドでしか見る事の出来ない自然の風景をご紹介したいと思います。

 

Ⅰ) モハーの断崖

アイルランド西部の街ゴールウェイから南西へ70kmほどのところにモハーの断崖はあります。その名の通り、高さ120mから200mの断崖が約8kmに渡って続くアイルランド屈指の観光地です。大西洋を雄大に望むその景色は素晴らしく、映画「ハリー・ポッター」シリーズにも登場します。

モハーの断崖

ゴールウェイの街から安く日帰りツアーを利用できるのでぜひともおすすめしたい観光地です。

文字通り断崖絶壁!のモハーの断崖

文字通り断崖絶壁!のモハーの断崖

 

Ⅱ) ジャイアンツ・コーズウェー

ダブリンから北へ250km、イギリス領北アイルランドにあるジャイアンツ・コーズウェーは、六角形に形づいた岩が広く連なって海岸線を成しており、一見異様とも思える風景となっています。この独特な景観を作り出した理由として、大昔アイルランドには巨人が住んでいて、彼が対岸にあるスコットランドの巨人との決闘にいくために架けた橋だった、という巨人伝説などがあります。 一方、地質学的には太古の時代の火山活動の結果であり、人が上って歩けるほどの強度とこれまでの規模のものは世界でもあまりないと言われています。

自然に出来たとは思えない本当に独特な風景なので、太古の巨人が作ったものだとロマンがあっていいですね♪

ジャイアンツ・コーズウェー

 

②アイルランドのここがオススメ!お酒編

ところでところでみなさん、アイルランド人はお酒がとっても大好きなこと知っていますか?

というのもアイルランドの歴史の中でお酒は大きな意味を持っているからなんです!

続いては世界に誇るアイルランドのお酒を取り上げていきますよ!

僕がお酒好きだからではないですよ!違いますからね!

古くから親しまれているギネスビールとウィスキーのご紹介です!どどん!

 

Ⅰ)ギネスビール

いまやアイルランドの代名詞ともなっていますね!!ギネスビールは1750年代創始の老舗ビールメーカー・ギネスが作るスタウトビールで、ほかのビールにはないクリーミーな泡が特徴です!

自分は日本にいた頃、どちらかというとこのギネスは苦手でした!そんな自分ですが、本場アイルランドではすっかりギネスの虜になってしまいました!笑 ビールサーバーから注がれるギネスは、黒ビールにある苦みや「つん」とくる味の濃さとは違い、香ばしい香りと濃厚な味なのにすっと飲める飲みやすさがあり、衝撃的でした!

また、アイルランドではクラフトビールの醸造が盛んで、地方に足を伸ばせばその地方でしか飲むことができないビールを楽しむことができます。時間のある滞在をされる方にはそちらを楽しんでみるのもオススメです :)

さらに、アイルランドはカキの生産地として有名で、毎年9月にはオイスターフェスティバルがゴールウェイの街を中心に開催されています!美味しいビールとカキ、くーーーっ!!

ギネスビール

 

Ⅱ)アイリッシュウィスキー

続いてはウィスキーを見てみましょう!

突然ですが、世界五大ウィスキーってご存知ですか?

スコッチ、アメリカン、カナディアン、朝ドラのマッサンで日本でもブームが巻き起こりましたね!ジャパニーズ、そしてアイリッシュの五つが数えられています。アイルランド人はウィスキーの歴史に誇りを抱いており、日本のウィスキーが世界で一番に選ばれたよ!実は日本のも結構すごいんだよ!! と話しても信じてもらえませんでした笑

 

特徴として、他のウィスキーに比べ、アイリッシュは製造過程の違いからくせが比較的少なく、飲みやすいウィスキーとして知られています。ジェムソン (JAMESON)や、ブッシュミルズ (BUSHMILLS)などが有名です。 お酒が好きな方は他地方のウィスキーと味わいの違いを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ウィスキーという言葉の語源はゲール語のuisce(イシュケ)という言葉に起因していると言われており、ウィスキーは古くから根付いた文化の一部である事が伺えますね!

 

③アイルランドのここがオススメ!文化編

話は打って変わって、文化的なアイルランドの一面をお伝えしようと思います。アイルランドは世界的に有名な文豪が多く、ジェームス・ジョイスやオスカー・ワイルドがその一部です。彼らは世界的に著名な作家たちですが、アイルランド出身ということは知っていましたか?

彼らが生きた時代のアイルランドは、主にイギリスとの間で不安定な状況が続いており、その際の苦労や経験が彼らの作品に影響を与えていたのかもしれませんね!

 

また、先日日本でもハロウィーンがありましたね!

みなさんは仮装してどこかへでかけたりしましたか?

 

実はこのハロウィーンの習慣もアイルランドが発祥と言われています!ハロウィーンの前後いずれかの週は学校が一週間お休みになったり、小さい子供たちがかわいらしい仮装を身にまとってお菓子をもらいに近所の家を尋ねてまわります。ダブリンの街中では、大勢の人が仮装をして練り歩きます。みなさん本当に手の込んだ仮装をしていて、本当に楽しい瞬間でした!

ハロウィーン

写真左のイケメンが着ているのはアイルランドに住むレプラコーンという妖精の衣装で、よく似合っていますね!ちなみに彼らはブラジル人でした!笑

ハロウィーンのTemple Bar

ハロウィーンのTemple Bar。たくさんの人が街を歩きます。

 

みなさんも来年はアイルランドで本物のハロウィーンを経験されてはいかがですか? 写真を撮ったり撮られたり、間違いなく楽しく素敵な思い出になりますよ!

 

そろそろ終盤です!ここまでお読み頂き本当にありがとうございます!

今回は観光、お酒、文化に焦点を当ててアイルランドを取り上げてきました。これまでの歴史の多くをイギリスの影響を受け続けてきたアイルランドは、かえってイギリスとは少々異なった文化や、国民の価値観を形成してきました。

街中で知らない人と会話をしても話が盛り上がったり、週末にはお昼からパブでビールを飲んだり、とにかくのんびりでマイペースを保つ国民性であるように感じています。おそらくイギリスに住んでいる人々よりもその側面は強いでしょう。

それでいてカトリックらしい情熱的な一面もあるのがアイリッシュ。ラグビーが盛んなアイルランドでは、私たちが日本人であることを知ると、ラグビーW杯で南アフリカを破ったことに対して、すごく感動したよ!いいチームだったよ!なんて突然ハグをしてきたりもします。笑

 

それでは最後に、いまやヨーロッパをまたにかけていると言っても過言でもないアイルランドの誇る格安航空会社をご紹介して終えたいと思います!番外編「ヨーロッパをもっと安く手軽に満喫しちゃおう!」行きまっしょう!

ライアンエアー

『ライアンエアー』(https://www.ryanair.com/ie/en/)

ヨーロッパをよく旅行される方ならご存知かもしれませんが、ヨーロッパへの旅行をこれからお考えの方にはぜひとも利用を検討して頂きたい航空会社です!その名も「RYAN AIR(ライアンエアー)」です!

アイルランド国籍の世界最大規模の格安航空会社で、ヨーロッパ大部分とモロッコの30以上の国々に就航しています。最も衝撃的なのはその価格設定で、たとえばダブリンとロンドンであれば片道9,99ユーロでチケットが買えちゃうんです!

航空チケットサイト

たとえばこちら!1月半ばのダブリンからスペインのマドリードへのフライト、一番安くて17ユーロ、2000円少々で行けてしまうのです!

 

もちろん時期であったり、離着陸の時間が早朝だったり、なんてこともありますが、それでもこの価格であればお得感があると思いませんか?日本語の公式サイトがない点や、搭乗時に諸条件などありますが、有効活用できればみなさんのヨーロッパの旅行の可能性がもっともっと広がっていくと思います!ぜひ一度お試しいただければと思います!

 

日本人にとってはまだまだ馴染みの薄いアイルランドですが、素敵な国民を持ち、のんびり休日を謳歌するにはもってこいの国です!みなさんが今までよりちょびっとでもアイルランドに興味をお持ちいただけていると嬉しいです!またどこかでお会いしましょう!ぽっぷでした!

アイルランド留学体験記

氏名 遠藤早姫

大学名(日本の)学年 国際基督教大学2年

留学先の国、地域 アイルランド、ダブリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ダブリンの街並みと緑色のポスト!)

留学期間: 6週間

総費用(私費・交換・大学プログラム・その他): 60万くらい(プログラム費で50万、私費で10万)

留学先学校名:University College of Dublin (略してUCD)

滞在形態(ホームステイ、寮、シェアハウス、その他): 前半の3週間がホームステイ 後半の3週間が大学の敷地内にある学生寮

 

なぜ留学をしようと思ったのか(動機、目的)、その国を選んだ理由

私が留学するきっかけは学校のプログラムでした。もともと大学生になったら留学に行きたいとは思っていたものの、どの会社で申し込んだらいいかわからない!一人だと危険かも!ちゃんとしたプログラムで留学したい!と思っていた私にとって大学が提供してくれたこの短期留学プログラムは即決でした(笑)。

 

大学の短期留学プログラムの提携大学はたくさんありましたが、一番わたしにとって馴染みのない国、アイルランドを選びました。英語を日常会話にすることと同時に、たくさんのアイルランド文化を吸収することを目標にしました。

 

留学先の平日の生活

(タイムスケジュール、授業内容、学校の雰囲気、普段の食事、住環境など)

7 起床(ホームステイのときはホームステイメイトと一緒に登校していました!中国人の女の子だったので中国語をたくさん教わりました。ホームステイ先から大学までは徒歩25分の長距離だったのでたくさんお話できて仲良くなれて楽しかったです。学生寮に移ってからはぎりぎりに起きる生活が…← )

9時 授業開始(現地の学生は夏休みまっただ中なので、大学に来て勉強するのは、英語を第二言語とする外国人のみ。授業はレベル別になっていて、私はたまたま日本人一人のクラスだったので思う存分英語を使えました!クラスにはスペイン人サウジアラビア人ロシア人韓国人中国人と国際色豊かなクラスでした。国が違うのにみんな英語という共通の言語を使ってコミュニケーションが取れることがとても楽しかったです。休憩時間にはいろんな国の文化や言葉を教えてもらったりして、アイルランド文化のみならず、様々な国の文化を学べてなんだか得した気分でした。授業自体は前半が英語でディスカッションプレゼンを行う英語のレベルを上げる授業。後半はアイルランド文化についての授業の2コマでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クラスメイトとの写真です!ほんといいクラスでした!)

13 授業終了 (学生寮に移ってからは、放課後は自炊していました。物価が高いためおひるごはんを大学内のカフェで食べると1000円近くかかることも。 節約するため自炊は欠かしませんでした!)

15  social program (放課後は大学側主催のsocial programというアイルランドの観光名所をツアーしてくれるプログラムに参加していました。平日は無料でガイドしてくれて、週末は泊りがけで遠くの観光名所に行ったりもしました。このプログラムに放課後ほぼ毎日参加していたのでガイドブックに載っているアイルランドの観光名所は6週間ではぼ周りきりました。放課後のスケジュールが埋まるので、毎日が充実していました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19pub crawl (アイルランドと言えば、18歳からの飲酒が合法!パブが有名なアイルランドだったので、夜になるとおしゃれなパブをはしごしていました。大学のアドバイザーやスタッフのひとも合流して一緒に飲んだりして仲良くなれました。)

23時 帰宅→課題 (次の日のプレゼンに向けての資料づくりなどひたすら課題をこなしました。英語にたくさん触れられていい機会だったと思います!)

 

 

休日の生活(過ごし方、街の雰囲気など)

休日は大学側が泊りがけのツアーを企画してくれたのでそれに参加していました。

有名な観光名所をまわってくれて充実した休日になりました。アイルランドの観光名所はどこも自然がいっぱいで、街並みがきれい!肌でアイルランド文化を感じられます。

ツアー以外にもクラスメイトと一緒にお出かけしたり、学生寮に移ってからはルームメートとお買いものをしたり。充実していました!

 

(大学のパーティ会場を貸し切ってカラオケパーティしました!)

 

□トラブルや悩みはありましたか?

悩みは特になかったですが(たぶんもともとアメリカに住んでいたため、驚くほどすぐに順応できたからかな?)、トラブルは数えきれないほどたくさんありました(笑)。

わたしにとって一番の敵はわたしの方向音痴さでした。ホームステイ先から大学まで何回も迷子になったり、集合場所までバスで行くのですがバスが複雑すぎて変な場所に行ってしまったり、挙句の果てに学生寮に移ってから学生寮の敷地内で迷子になるほどでした。

けれど、アイルランドの方々はほんとに優しくて、迷子になっているわたしを見かねて一緒に道案内してくれたり、地図を書いてくれたり…。現地で必要なのは適切な方向感覚よりも自分から英語をフル活用して助けを求めることだと学びました。←

留学でよかったことや、成果は何ですか?

留学でやってよかったなあ、と思うことは、6週間日本語を封印したことです。元々大学のプログラム留学したため同じ大学の友達が20人いたのですが、日本人同士でも英語でコミュニケーションをとることを心がけていました。

その結果、帰国して成田空港で6週間ぶり日本語を解禁したときはお互いの日本語の不慣れさに爆笑しました。

また常に英語で会話していたため、外国の友達もたくさんでき、また彼ら彼女らと深い繋がりが出来ました。今でもアイルランドで出会った友達とは頻繁に交流があり、友達が日本に来たり、逆にわたしが韓国に行って友達に会いに行ったりしました。貴重な経験と出会いが出来た6週間だったと改めて思います。

 

□ホームステイ

前半3週間はホームステイでした。初めてのホームステイだったので不安でいっぱいでしたが、ホストファミリーが気さくで優しい方だったのですぐに馴染めました。またお家のルールも着いてすぐに説明してくれたので、生活しやすかったです。

 

 

□学生寮

6人で1フラットの学生寮で後半の3週間は生活しました。様々な国の学生がいたので、放課後は各国の料理を作ってパーティをしました!あとは暇になったらリビングに行ってルームメイトと夜中までずっとお話ししていました。いい思い出です!毎日が修学旅行な気分でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ホームステー先のホストマザーとの写真です!)

 

□留学を悩んでいる人へのメッセージ

生活も言語も何もかも違う中で慣れるまで大変な思いをするかもしれませんが、留学後には絶対にそれ以上の素晴らしいものを得られます。

わたし自身も留学を通じて、英語力が向上したのはもちろん、異文化理解、いまだに繋がりのある様々な国の友達を得ることができました。

不安に思っちゃうのは当たり前だけど、でもその先にある非日常に対するわくわく感を持って、留学してみて下さい。

PAGE TOP