Tag Archives: アラブ首長国連邦

ドバイ(アラブ首長国連邦)

アブラ

皆さんはドバイと言ったら何を連想しますか?

石油、セレブ、ビーチ、豪華なホテル、そして世界一高いビルことブルジュ・ハリファ。

 

私も実際に現地に行くまで、ドバイには「世界一がいっぱいの豪華都市」というイメージしか抱いていませんでした。

日本から遠く離れた中東の地、アラブ首長国連邦の中心都市として近年発達しているドバイ。

 

でも、ひとくちにドバイといっても街中には様々な風景があふれていること。

実際にドバイに旅に出て、たくさんの風景を目にして大きく刺激を受けました。

そんなドバイの旅の様子をお届けしたいと思います。

 

 

まずは空港についてメトロにゆられて30分、ドバイの中心部へ。

あ、そうそう、ドバイのメトロは居眠り禁止だとか。

寝てしまうと罰金がとられるようです!おそろしい笑

そんなこんなで中心部のオフィス街へ到着。

ドバイ中心部

とっても高いビル群が出迎えてくれました。

まさに近代ハイテク都市ってかんじです。ここらへんはビジネス街だとか。

街中を走る車も高級車が多かったような・・・・・。

ビルの高さに圧倒されました。

 

そして、ドバイといったらあれですよね、あれ!!

ギネスブックにも載っている、世界一高い超高層ビルであるブルジュ・ハリファ。

私もちゃーんと拝んできました。

ブルジュ・ハリファ

全長828m!!!のこの巨大なビルをカメラに収めるには一苦労でした。

上に展望台もあるようなのですが残念ながら行けず、、、

それにしてもとっても存在感がありました。

夜になると噴水ショーなんかがあるみたいですね!見たかったなあ~。

 

次に、中心街から少し離れた地区へ。

中心街から離れた地区

先ほどのオフィス街とはうってかわって

川が流れており、なんだかのんびりした雰囲気が漂っていました。

 

このあたりの地区はアパートメントなどもたくさんあったので

おそらく現地の人が住んでいる地区なのでしょう。

 

しばらく川の流れをみながら一息ついて、

川の向こう側に面白そうな建物が見えたので

向こう岸までいきたいなあ~と思っていたところ、

アブラ

この「アブラ」という船が大活躍!

 

アブラとは、ドバイの人々の生活を支える伝統的な交通手段である木製の船のこと。

このアブラという乗り物、時間で発車するのではなく人が集まったら発車するのです。

スペースに余裕がある船だったので、結構待つのかな~と思っていましたが

割とすぐに人が集まってきました。観光客はもちろん、現地の人々にとってもこのアブラは重要な移動手段のようです。

アブラにのる現地人

乗車時間5分ほどで対岸に到着。

1乗車たったの約25円だから本当にお得!

都会の喧騒とはかけ離れた、どこか懐かしい雰囲気を味わうことができました。

 

次に向かったのはアラブ地域ならではの市場(ス―ク)!

ス―クの入り口

ドバイにはいくつかのスークがありますが、

今回はゴールド・スークとスパイス・スークへ。

ゴールド・スークにはドバイならではの金が売られており、

スパイス・スークにはシナモンやサフランなどの香辛料がありました。

 

でも、私が訪れたのは朝だったのであまり活気がありませんでした。(笑)

 

さて、少し歩き疲れたからジュースでも飲もうか~なんて思っていると・・・・!

アラビア語

出た、アラビア語!!!!

これは何ジュースだろう、、、?

まったくわからないです。笑

 

そうそう、この時のドバイの気温は約42度。

少し歩き回っただけで溶けちゃいそうなくらい暑かったです。

冷房ガンガンのメトロの中が天国に感じました。

 

次はタクシーを捕まえてメトロでは行きにくいエリアへ!

 

まずはジュメイラ・モスク。アラブ世界といえばモスク。

そしてこのジュメイラ・モスクはドバイで一番大きく美しいとされているモスクです。

ジュメイラ・モスク

ちょうど訪れた時はお祈りの時間で内部には入れませんでした、残念。

でも、お祈りの声は外からでもしっかり聞くことができました。

 

お次はあの有名な豪華ホテル、バージュ・アル・アラブへ!

ドバイといったら海沿いのビーチに立ち並ぶ高級ホテル群。

このホテルは「7つ星」ホテルとも呼ばれるそうです。

バージュ・アル・アラブ

タクシーの運転手曰く、

「ここのカフェでティーを飲もうとすると$100かかっちゃうよ」

・・・・・・1万円の紅茶か。なんてセレブなんだ。

 

近くには真っ青なビーチ。

ビーチ

沖縄の海みたいに透き通っていてとってもきれいでした!!!

いつかこんな海で素敵なバカンスを過ごしたいなあ、なんて笑

 

ドバイでは現地のアラブ系の人だけではなく多くの外国人を見かけました。

観光客はもちろんビジネスのために在住している外国出身の方も多いとか。

 

ドバイって本当に面白い都市だと思います。

空港は大きいし空港内にある時計はロレックスだし、

なんだこのセレブの国~!と着いた瞬間思っていたけれど、

実際に街中に行っていろんな情景を目にして。

 

もちろん中心部にいけば「世界一」の看板を背負うビル群が立ち並ぶ近代都市のドバイ。

でも、少し離れた地区にふらりと行ってみると、

そこには現地に住む人の生活風景を目にすることができ、

アラブの雰囲気が漂う伝統ドバイを楽しむことができます。

 

インターネットやガイドブックではわからない、現地の様子を肌で感じることができるのが旅の醍醐味。

興味を持った方がいたら、ぜひぜひドバイを訪れてみてください。

ドバイ(アラブ首長国連邦)

 

2011年の9月、私は人生二度目のドバイに訪れました。

前回は2年半前。

父が単身赴任しているからこそ、1度ならず2度もこんなところへ行けたのだと、強く実感するそんな場所です。

 

 

そもそもドバイは、国ではありません。

中東サウジアラビアの隣に位置する、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国のひとつ。

首都は隣のアブダビで、ドバイはUAEの中では第二に人口の多い都市です。

UAEはイスラム教を国教としていますが、ドバイには現地の人以上に外国人の数が圧倒的に多いこともあって戒律はそれほど厳しくありません。

それ故、観光・リゾート地として注目されています。

 

 

日本からは大阪、成田からの直通便が出ていて、約12時間程度かかります。

長いフライトを終え、着いた先のドバイ空港。まずその大きさにびっくりするでしょう。

そして、空港の外へ出ると…

暑い!暑すぎる!まるでサウナの中にいるみたいな暑さです。さすが湿度100%。

 

 

そして、車で進んでいくと道路の両側に立ち並ぶ高層ビルの数々。

ここがもともとは砂漠だったなんて、この姿からは想像できません。

どんどんと発展し続ける国なので、移動中も建設中のビルなどがたくさんみられます。

 

 

そして、その経済成長率の高さが世界中から注目されているように、

たった2年半ですが以前私が訪れた時にはなかったもの、完成したものがたくさんありました。

 

 

まず、前回私が訪れた時の交通手段は車、あるいはタクシーのみでしたが、ドバイメトロという電車が開通されていました。

しかしそのきれいすぎる駅の姿に唖然。

車しか手段がなかったら父がいないとどこにも行けなかったので、とても便利でした。

日本のスイカのようなカードで支払います。

 

 

そして、私が以前訪れた時には未完成で入れませんでしたが、2010年の1月ついに完成し、今回絶対に行きたいと思っていたところ!

そう、世界一の高さを誇る超高層ビル・ブルジュ・ハリーファです!

全長828m、160階建てのその高さは、近づけば近づくほどてっぺんがみえなくなるほど。

そのえんぴつのような姿は、高層ビルが並ぶドバイの街の中でもひときわ目立ちます。

展望台までのぼるエレベーターは、わずか1分程度で124階まで到達。

驚異の早さで耳が痛くなりました。

 

 

124階からみる景色は、素晴らしいものの、高すぎて少し怖いです。

ここからの景色をみていると、やはり”つくられた街”なんだなあと実感します。

そして、まだまだ裸の部分(砂漠だった部分)が多いことも感じられます。

 

 

そして、この近くに世界最大規模のショッピングモール・ドバイモールがあります。

ドバイは本当に”世界一”にこだわる様子。

この地区に来ただけで、2つも世界一のものに触れることができますね。(笑)

 

モールの中にはなんと1200店舗が入居されています。

大きすぎて、本当に大きすぎて、一度行った店に戻れません。(笑)

私も今回の旅行中2度行きましたが、広すぎて一つの店を探すのにも時間がかかります。

アイススケートリンクや水族館なども展開されています。

 

 

このようにドバイには巨大ショッピングモールが他にも多数ありますが、

その中でも私が気に入った、イブン・バトゥータ・モールというちょっと変わったショッピングモールを紹介します。

ドバイの西端に位置する、テーマパークのような大きなショッピングモール。

14世紀にアラブから中国まで旅をした冒険家イブン・バトゥータの名から命名されたこのモールは、

彼の旅を再現するかのようにモール内が6つのゾーンにわかれています。

アンダルシア、チュニジア、ペルシャ、エジプト、インド、中国とそれぞれの国をモチーフにコーディネートされていて、

何も買わなくても歩くだけで満足できます。

同じショッピングモール内なのに、ひとつひとつのゾーンで雰囲気が全く違って、

大げさかもしれませんがいろんな国をまわっているようででわくわくしてしまいます!

 

ペルシャゾーンには、世界一美しいといわれているスターバックスも!

 

 

このように、ドバイは今もなお発展し続ける街であり、“世界一”がどんどん増えていく場所です。

けれど、もともとは何にもなかった砂漠。そして、綺麗な海も広がっているのです。

私は世界一のタワーにのぼったり大きなショッピングセンターで買い物するのも楽しかったけど、

暑い中、広い砂漠でラクダや小さなカーに乗ってはしゃいだり、誰もいない海で写真を撮るだけでもすごく楽しめました。

 

 

これはラクダに乗った時の写真です!

意外に乗ってるとかなり振り回されるぐらい揺れて、ちゃんとつかまってないと落ちてしまいそうです。

私はカメラを落としそうになりました。(笑)

 

朝きれいな海の写真を撮りたくて訪れたのですが、一人として人の姿が見当たりませんでした。(笑)

きっともっとホテルの近くのビーチなどにいけば、もう少し人はいると思うのですが

ドバイの日中は、外にじっといられないほどとにかく暑すぎるので誰もいなかったのかなあと思います。こんなに綺麗なのに・・・!

 

 

こんなかわいいお土産もあります。

お土産はラクダの形をしたチョコが人気だとか。

 

魅惑の都市、ドバイ。

あなたもぜひ訪れてみてはどうでしょうか。

(有村)

 

PAGE TOP