Tag Archives: バンクーバー

【留学体験記】ドイツ(フランクフルト)

今回は大学2年の春休みにフランクフルトへ4週間短期留学をした体験記をご紹介します!

 

 

***************************************

 

上智大学2年(留学時2年)

留学の国:ドイツ  地域:フランクフルト

留学期間:4週間

語学研修先:Sprachcaffe Frankfurt

総費用:約50万(観光、食事、土産代含め)

滞在形態:ホームステイ

留学を決めた理由:

ドイツ文学科という学部で2年間ドイツ語、ドイツの文化を学びドイツという国に魅入られ、実際に自分の目で確かめたいと思ったため。また自分の今の実力を試したいと考えた。

 

 

 初めは留学斡旋会社を通した留学を考えていましたが、話を聞きに行ったり、調べているうちに自分で飛行機と学校、滞在先をそれぞれ決めた方が安く、更に自分の好きなスタイルで留学ができると分かり後者を選びました。

 

 航空券が一番安い2月3月、気温に関しても想像より寒くなかったです。

今回はドイツの航空会社ルフトハンザを利用しました。直行便で約12時間です。

 

 

 留学という名のドイツ1人旅でもありました。そのため平日の午前中は学校、その放課後は毎日フランクフルト散策、休日は少し足を伸ばしてドイツ観光をしました。

フランクフルトという都市自体はベルリンやミュンヘンに比べ有名な建物や食べ物が少ない街ですが、ヨーロッパ最大級の空港があるということ、またドイツの中央に位置し交通網も発達しているのでドイツ各地へ移動するのに便利でした。

 

ドイツの移動手段にはS-Bahn、U-Bahn,Straßen–Bahn、バスなどがあり、1回券から1日券、1週間など自分の用途に合った切符を買う必要があります。

 

私は1ヶ月の滞在だったのでMonatsKarteというマンスリーカードを中央駅で後々買うことになりました。

 

空港に直結する駅にてわからないながらに私も初めて切符を買ってみました!

しかし!目的の電車に向かって歩いて行くとそのままホームにいました!電車がきました!そうですドイツは駅に改札がありません!

 

 買わなくてもいいんじゃないか、そう思ってしまいそうですが、電車内でたまに抜き打ちで監査員がチェックしにきます。私も1ヶ月の滞在で5回くらい見せました。目の前で捕まり罰金を払う人もみました。罰金は40ユーロだそうです。

 

フランクフルトにはありませんでしたが、ベルリンやミュンヘンには刻印機というものがあって、買った券の使い初めに必ずホームにある刻印機に入れてから使わないと罰金など地域によってルールが違うので注意が必要です。

 

 

▲S-Bahn、ドアのところにボタンがあり打ちからも外からもボタンを押さなければドアはあきません。

 

 電車では大声で喋ったり、電話したり、バナナを食べたり、自転車を置く場所があったり、犬が乗っていたり、日本では考えられない光景を沢山みました。

ヨーロッパでは遅延などが多いと聞いていたので心構えしていましたが、定刻にくることがほとんどでした。

 

 初めての電車に戸惑いながらもようやくステイ先につき、挨拶をしました。

 私のステイ先はトルコ人の家庭でドイツ語を話しますが、料理や文化などはトルコのものでした。初めて触れるトルコの文化に初めは驚きましたが、美味しい料理やお酒を飲まない習慣、トルコティーを毎晩飲むなど私には親しみやすい生活でした。

暖かい家族で不自由なく、のびのびと過ごせました。Wi-Fiも使えました。

 

2年間学んだドイツ語の自信はドイツにきて打ち砕かれました。

ホストファミリーにも初めのころは、聞き取れない、伝えたいことがうまく伝えられないもどかしさがありました。

ステイ先には6歳になる男の子がいて沢山遊んでくれました。一人だし、ドイツ語の壁にブルーになっていた私でしたが、遊ぶなかで癒され、言葉もどんどん覚えていきました。

 

 

▲家にはグミの棚があって毎日、男の子が色んな種類のグミをくれました。ドイツのニュースやアニメをみながらグミを食べる時間が好きでした。

 

 

 

▲普通のスーパーにあるグミの棚です。この棚があと4つくらい。

 

 

 

 

▲どこのスーパーにいってもこの規模のソーセージ売り場。ドイツはソーセージ、納得でした。

 

 

 

▲フランクフルト、レーマー広場

 学校でできた香港の友達にフランクフルト観光してもらいました。

 市場やゲーテハウスなどに連れて行ってもらい、フランクフルトを1日で満喫できました。

 

フランクフルトで毎日行ったのはツァイル通りのMyZeilです。

ここは人気なお店が揃っていて、トイレが無料、WiFiフリー、くつろげる場所、給水所、なんでもあります。

 この旅に携帯Wi-Fiを持って行かなかった私にとって救いの場でした。

(のちにインターネットは大切だと痛感し、SIMカードを買いました。)

 

 

▲トイレが無料と言いましたが、ドイツにある公共のトイレはほとんど有料です。

 駅のトイレも1ユーロです。無駄に綺麗でした。コインをいれたら次回半額券がでてきました!

 

 

 初めての土日は家族とゆっくり過ごしました。

 

▲公園にお弁当をもっていってピクニック。

 子どもたちが無邪気に遊ぶ姿は世界共通なのかな。変わった遊具も沢山あって楽しそうでした。

ドイツでは日曜日は休む。それが当たり前でお店などもほとんど閉じています。

 

 

 

▲フランクフルト名物フランクフルタークランツ。

ガイドブックには載っていない美味しいケーキ屋さんなどをみつけたり毎日街を歩いて新たな発見をすることが楽しくてたまりませんでした。

 

 

 

 

▲ドイツはサッカーも盛んな国です。

フランクフルトは長谷部選手や乾選手の所属するアイントラハトのホームでもあって練習を見に行くこともできました。

 写真やサインもちゃっかりもらいました!

ブンデスリーガも見にいきたかったです!

 

 

 

 

▲学校は10人くらいの少人数クラスで自由な雰囲気でそれぞれの国の文化の違いについて驚いたり笑いあったりしました。わきあいあいで楽しかったです。

 

 

 

▲学校でできた日本人の友達と行った木曜日と土曜日限定のマルクト!

 屋台や酒場などが集まって賑やかな雰囲気です。空いた席に座ると夫婦やおじさんが話しかけてくれました。

 

 

 

 

▲お酒を勧められワインは好きじゃないと言ったらとなりのおじさんが白ぶどうのジュースを買ってきてくれました。優しい人が多いです。

 

 

 

▲ドイツはワインというイメージはあまりありませんでしたが、フランクフルトはアップルワインが有名で、ワインが好きではなかった私でも美味しいと思えました。

 

 土日にはローテンブルク、ノイシュバンシュタイン城、 ベルリン、ケルンなど現地ツアーを申し込んだり、DBというアプリで高速列車ICEの格安券を買ったりと、ドイツ中自分の行きたいところを旅できました。

 同じドイツでも地域によって雰囲気や文化が全然違くて、ドイツがもっと好きになりました。

 

 

これはドイツ全域にいえることですが、治安はとてもよく、びっくりするほど親切な人が多いです。

 物価も安いです。洗剤、お酒、ビールなど同じものが日本の半額以下で買えるものも多く、お土産に喜ばれました。

 

 学校はもちろん、なるべく部屋で1人になる時間を減らして家族と話したり、外へ出て買い物をしたり生活に馴染む時間を増やした方がお得でした。

 

 自分の知っているドイツ語はまだまだ観光のレベルだと思い知ったし、性格や行動の面でも自分の弱点を痛感しました。

 

 1ヶ月の留学ではどうしても観光になってしまい、いいところが目立って見えがちと思いますが、短い期間でも自分次第でその国のガイドブックなどに美化されていない雰囲気を感じられると思います。

実際ショックだったり日本すごいなと思ったりしたこともありました。

それを踏まえても、行く前では将来ドイツで働くなんて無理だと考えていましたが、働きたいと思ってしまうほど魅力のある、過ごしやすい国でした。

 

 「自分のしたいことをしたいときに。」ホストマザーに言われました。

どうしてもお金や時間の問題が発生する留学ですが、解決する方法を必死に考えて、できるとき貪欲にしたいことをすることで楽しいかけがえのない経験ができると思います。

 一度きりの人生、留学に行きたいけど、悩んでいる人におすすめしたいです。

 満足の1ヶ月でした。

【留学体験記】カナダ(バンクーバー)

 

立教大学2年 奥田祐希 (留学時2年)

 

留学の国:カナダ 地域:バンクーバー

留学先:CET Vancouver

 

 

 

大学二年生の夏、こんなに長い休みがあるのだから何かしなければ、と、語学留学をすることに決めました。高校一年生の時に2週間ニュージーランドに行ったことがあるので、語学留学は私の人生の中で2回目になります。高校1年の時の留学では、英語を聞き取ることも難しく、伝えたいこともすぐには伝えられず、あまり積極的でなかったのを覚えています。その反省を生かしつつ、今回の留学ではたったの三週間ではあるけれど、たくさんのものを得たいなという想いをもって留学を決めました。

 

 

 

とにかく移民の国。ステイ先は、中国系カナディアンのお母さんの家で、家の周りにある店の表記はすべて中国語!これには、驚きました。ステイ先が同じのブラジル人は「あれは日本語?」とよく聞いてきました。日本語にはひらがなとカタカナがあるということを説明しましたが、ブラジル人の彼女は「私には記号にしか見えない」と、、、

よく考えたら日本人は文字を学びすぎだなと感じました笑

 

日本系のお店もたくさんありました。日本のお米が恋しくなって食べに行ったお店!

 

 

「牛丼家というお店!何やら見たこともないGYUMENというメニューが!」

 

アジア系の飲食店が多いように思いました。日本では、パスタなどを扱うイタリア料理が多い現象と同じなのかな、、、とか考えながら生活してました。

 

異国で過ごすこと、外国人の友達を持つことは、私にとって刺激いっぱいでした^^

 

 

「キャピラノ吊り橋・大自然テーマパーク的なところです」

 

・なぜ留学をしようと思ったのか(動機、目的)、その国を選んだ理由

大学生の時間のあるうちにいろいろなことをやっておいたほうがいい。先輩にそのようなことを言われることがよくあります。私は、とにかく、大学生の間にいろんな国に行きたいと思っていて、今年の夏は海外旅行いつも一緒に行く友達が留学していることもあり、自分も短期だが留学という選択をしました。高校生のころの体験で3週間だけでは英語力がグーンとアップするのは自分には不可能と最初から分かっていたのでそれ以外のものを何か得たいという想いがありました。

私は、なんとなくありきたりなことじゃなく、人と違うことをチャレンジしてみたい!と思ってしまう人間ですが、実際の行動に関しては「よくいる大学生」になっているタイプです(笑)それでも、最終的に楽しく過ごせています。(今のところ)今年の目標の中に「アメリカに行く」というものがあったので、初めはアメリカに行く予定でしたが、ビザなどの関係で一日に3時間ほどしか授業を撮れないということを聞き、それならば、行ったことがなく、条件の良いカナダにしようという理由でこの国を選びました。日本人が多く留学しているイメージでそこまで乗り気ではなかったのですが、学校選びなどを工夫し、とても恵まれた環境で3週間過ごすことが出来ました。

 

 

「市立図書館。誰でも入れます。6階まであって、とても広い」

・留学先の平日の生活

 

7時起床

9時~15時授業 (金曜日のみ9時~12時テスト)

15時~フリータイム

17時30分夕食

ステイ先の子供たちと遊んだり家でまったり

11時半就寝

 

「ホストマザーが作ってくれた、お稲荷さん(カナダ風?笑)」

 

・休日の生活(過ごし方、街の雰囲気など)

 

 

休日が全部で6回しかなかったので、とにかく観光メインで休日を過ごしました。

学校でできた友達とバンクーバーから船に乗ってゆくビクトリアツアーに参加したり、1泊2日で、4人でアメリカのシアトルに旅行したり(いつか、旅行記載ると思います!)!日経祭りというカナダならではのお祭りにも参加しました。

 

 

出会って数日の友達とそして、また違う国の友達との旅行、観光は私にとってとても新鮮なものでした。

 

 

「日帰りツアーのビクトリアから帰るときにフェリーから見た景色」

 

私的に、土日も平日も家族は家にいて、なんだか境目があんまりなかったように思います。

それもそのはず。なんと公立の学校の先生がストライキで9月にはいっても学校がはじまらなかったのです!これにはびっくり!!だから、街には平日の昼でも子供が歩いていたり、公園にいたりしました。

それでも、大学は9月に始まり、「バスが混む」という体験をすることはできました。

 

・トラブルや悩みはありましたか?

せっかく英語を使える場なのだから、できる限り英語を使っていたいという想いが強かったのですが、放課後に日本人だけで遊ぶと完全に日本語の嵐。日本語使っちゃうのはあんまりよくない傾向といいますが、それでも、そのことがある意味何らかの疲れをふっとばしていたのではないかと思っています(笑)とにかく、この留学ではいつもマイナス思考の私が最大限にプラス思考で活動しました。

 

 

「バンクーバー美術館の前にある、ガムが沢山くっついている現代アート?笑」

 

大きなトラブルではないのですが、ビクトリアの小旅行に行く日に集合時間がとても早かったのですが、バスにとっても早く乗って電車の駅に向かったら、まさかの始発が駅についた30分後。。。駅の構内にも入れず、待ち合わせの時間が迫る中、カフェで待機。しかし、30分後しっかり電車は発車しました。待ち合わせ時間にも間に合ってよかったです。みなさん、時間は調べられる範囲で要チェック!

夜遅くなってしまって、バスを、40分待った日もありました。(一回だけ)

 

それと、、、「物価が高い」←お金がどんどん無くなってゆきました。笑

・留学でよかったことや、成果はなんですか

たくさんの友達ができたこと。英語に触れられたこと。いろんな文化を知れたこと。

とにかく楽しかったこと。

 

特に、私の通った語学学校がとてもいいところでした。(CET Vancouver )

朝は、文法系を習い、昼は軽いゲームなどをしたりする時間割だったのですが、文法を英語で習うというのがとても新鮮でした。「最上級、冠詞、過去分詞」などの用語も英語で説明されます。また、隣の人と一緒に問題を解くというグループワークが多く、違う国の生徒と「これはどうかな?」「私はこう思うけど?」などとやり取りするのはとても新鮮でした。また、各国それぞれ習ってきた英語が違うので、発音などで注意される部分も違います。メキシコ人は結構独特のしゃべり方で、ジャパンを「ヤパン」と間違えます。スペイン語を習った人はわかると思いますが「j」の発音が違うらしい。おもしろかったです。

そんな私は、「-th,-r」の発音を注意されました。

 

 

「ボタンボタンという、日本のガイドブックに載っていたかわいいお店。」

・留学を悩んでいる人へのメッセージ

私は、たったの3週間だったので特に大きなことは言えませんが、もし日本以外の国に興味があるのなら、ほかの国の友達を作ってみたいなら、

是非!短期留学してみてください!楽しむことが目的の一つであるならば、結構いい期間だと思います。

 

6か月くらい語学留学している人は、全然足りないといっていました。

留学の期間選びは意外と目的によって変わると思います。

しっかり、考えてよい留学したいものです(^^)

バンクーバー(カナダ)

「バンクーバー…オリンピック?」

大学2年生の春休み、私は1か月の短期留学をすることにした。

その行き先として選んだバンクーバーに対するイメージがこれだ。

留学会社の人に勧められるがままカナダを選び、「トロントよりはバンクーバーの方があったかいよ」という一言だけでバンクーバー行きを決めた。

 

そんなわけでやってきたバンクーバー。

気温は寒すぎることもなく、コートとマフラーがあれば支障なく過ごせるぐらい。

しかし現地の人が「(バンクーバーとかけて)今はレインクーバーなんだ」と言うように、23月は雨が多く、一日を通して晴れていることはあまりなかった。

もちろん、時には雪も。

 

ホストファミリーの家が田舎だったこともあり(熊が出るとか出ないとか)、雪が降ると一面銀世界でとても綺麗だった。

 

 

バンクーバーはダウンタウンを中心にして、ノースバンクーバーとウエストバンクーバーに住宅街が広がっている。

各エリアにはバスやスカイトレイン、さらにシーバスでアクセスすることが出来る。

料金はバンクーバーを3つのゾーンに分けて設定されており、同じゾーン内であれば90分間、1枚のチケットで全ての乗り物に乗ることが出来るのだ。

さらに定期券を持っていれば、同じゾーン内の乗り物乗り放題と、とにかく交通の便がよく、動きやすい街だと思う。

 

バンクーバーの交通機関が集まる場所、ウォーターフロント駅。

バスもスカイトレインもシーバスも通っていて、とても便利だ。

 

ちなみに、最も使いやすいのはバス。

電車やシーバスは渋滞の心配もなく、頻繁に運行している点では便利だ。

しかし、電車は中心街をメインに通っているし、シーバスでアクセス出来るのはダウンタウン―ノースバンク―バー間のみ。

そんなわけで、田舎住まいの私はバスに一番お世話になった。

運転手のおじさんが停留所でタバコをぷかぷかしすぎない限り、割と時間通りに運行していたし、席がたまたま隣になった人と楽しく話せることも多かったので、出会いにわくわくする場でもあった。

ちなみにバス停はこれ。

バス停というか、ただの棒である。

ダウンタウンの方にはもう少ししっかりしたボードがあるが、郊外は大体これだった。

そして降りる時には日本のボタンの代わりに、車内に張り巡らされている紐を引っ張って知らせるという仕組み。

しかし、バス停によっては名前をアナウンスしてくれない所もあるのだ。

まるでバス停なんか無いかのように、静かーに通り過ぎていく。私は学校への登下校で、それぞれ1回ずつ降り損ねた。

ちなみに下校時に降り損ねた時には、最終的に樹海みたいな所に行き着いて、さすがに泣きそうに。ランニングしてるおじさんなんて、きっとほんとは幽霊なんだと思った。

こんなハプニングも振り返れば楽しいが、基本的にカナダの人はとても親切なので、運転手さんに降りたい場所をあらかじめ伝えておくのが確実だ。

 

 

さて、バンクーバーの中心、ダウンタウンは、ショッピングモールや飲食店、バーが立ち並び、観光地というよりは生活感を感じる街だった。

 

 

道路は碁盤状になっており、それぞれに名前がついているので、道に迷うことはあまりない。

時にはこんなかわいい標識も。

 

 

ダウンタウンで最も賑わうロブソンストリートには、有名なカナダブランドの専門店やかわいいアクセサリー屋さんが立ち並ぶ。

少し割高ではあるが、日本の食品ばかり売っているコンビニもあるので、日本食が恋しくなってしまった時は良いかも。

 

りんごを丸ごとチョコでコーティング。

これはロッキーマウンテン・チョコレートファクトリーというチョコレート専門店に売っている。

この他にもかわいいチョコがたくさんあり、プレゼント探しにぴったりのお店だ。

ちなみにここのアイスは種類も豊富で、どれもとても美味しい。

バンクーバーに行ったらぜひ。(私は2月に3日連続で食べていた)

 

 

ロブソンを抜けた先、ダウンタウンの西側には、巨大な国立公園スタンレーパークがある。

湖の回りをぐるっと一周サイクリングするだけで1時間はかかるが、景色がよくてとても気持ちが良い。

ぜひ晴れた日に!

 

 

さらに夕暮れ時に行けば、とっても綺麗な夕日を見ながらサイクリング出来るのでおすすめ。

 

 

バンクーバー発祥の地、ギャスタウン。

レンガ造りの建物や石畳の道など、19世紀の街並みが残されている。

 

有名な蒸気時計があり、15分に1度スチームが出るため、この時間を狙って来る観光客も多くいた。

ちなみにこの時計、私の滞在中に壊れて時間が止まってしまったのだった。あーあ。

 

ギャスタウンに近い所には、ハーバーセンターという高層ビルがある。

このビルにはオフィスが入っているが、上に展望台があり、15ドルのチケットで1日何度でも入退場ができるのだ。

バンクーバーの景観を360°楽しめる。

 

私は時間の都合でお昼しか登れなかったが、ルームメイト曰く、夜の眺めが最高とのこと。

 

ところで、冒頭でも少し触れたが、ダウンタウンとノースバンクーバーの間には入り江があり、シーバスで行き来することが出来る。

入り江の外を回れば陸路で移動出来るが、渋滞の心配がないこともあり、ノースバンクーバーの人はシーバスを使って通勤・通学する人も多いそうだ。

ちなみに定員は400名と、中はかなり広い。乗車時間10分程度で、あっという間にノースバンクーバーに着いてしまう。

 

ノースバンクーバー側のフェリーターミナルには、ロンズデール・キーと呼ばれるマーケットも。

中には生鮮食品やかわいい雑貨、レストランが並び、休日は賑わっていた。

 

ロンズデールからバスで30分ほどのところには、バンクーバーで最も古い観光スポットであるキャピラノ吊り橋がある。

ゲートをくぐると広い森林が広がり、湖や小さなアスレチックも。

吊り橋はゆらゆら揺れるし、かなり高い。

高所恐怖症でない私でも少し怖かったが、青空と下に流れる川の音がとっても気持ちよかった。

 

特に物価が安い!というわけでもないし、アウトドア好きの人でもなければ旅先として選ぶことは少ないであろうバンクーバー。

確かに、世界中の人に「バンクーバーと言えばこれ!」とアピール出来るものはないかもしれない。

しかし、都会的な遊び方も出来れば、自然と思いきり触れ合うことも出来る、実は盛りだくさんな場所である。

欲張りな旅がしたいあなたでも、きっと満足出来るはずだ。

 

最後に…

初日の夜、ホストマザーから「ぜひ夏に来てほしかったわ。バンクーバーは夏に楽しいアクティビティがたくさんあるの!」と言われた私。

バンクーバーをめいっぱい楽しみたい方は、ぜひ夏にどうぞ(笑)。

(溝口)

PAGE TOP