Tag Archives: ベルギー

【世界の衣食住】ベルギー

今回は先週7月21日が建国記念日だったベルギーの衣食住文化についてご紹介します!

 

 

*******************************

 

みなさんベルギーと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

ベルギーは、オランダに隣接する北部のフランダース地域とフランスに隣接する南部のワロン地域、首都圏ブリュッセルの3地域に分けることができます。

フランデレン地域ではオランダ語、ワロン地域ではフランス語が話され、さらにドイツ国境付近ではドイツ語が話されるというように公用語が3つある特殊な国です。

言語の違いは政治や教育、文化などに影響していて、日本の九州とほぼ同じくらいの面積の国土に多彩な魅力が詰まっている国です。

 

 

~衣服~

 

ベルギーのファッションは、アントワープ王立芸術アカデミーファッション科の卒業生6人が活躍した1980年代頃から世界的に注目され始めました。アントワープ王立芸術アカデミーがあるアントワープという都市はファッションをはじめとするアート文化の発信地となっています。目抜き通りには有名デザイナーのショップが並び、ウインドウショッピングを楽しむ人で賑わいます。ファッションに興味を持つ観光客向けに、ファッションをテーマにしたガイドツアーも行われているようです。

世界最先端のファッション文化を発信するベルギーの人々のファッションは洗練されていておしゃれといわれています。

 

~食事~

 

ベルギーといえば、ムール貝!チョコレート!ワッフル!ビール!…といろいろなものが連想できますね。

ベルギーでは地理的に肉類、野菜、海産物など豊富な食材に恵まれ、多彩な食文化が発展してきました。

さて、みなさんベルギーの主食が何かご存知ですか??

答えはじゃがいもとパンです。

ベルギーの人々は大のじゃがいも好きで、料理にフリッツ(フライドポテト)やマッシュといった付け合わせがついています。

実はこのフライドポテト、発祥国はこのベルギーなんです!19世紀頃、冬に海が凍ってしまった際にじゃがいもを切って揚げたのがはじまりと言われています。街には「フリトリー」と呼ばれるフライドポテトの屋台や「フリチュール」と呼ばれるフライドポテトショップがあり、手軽に食べることが出来ます。

 

~住居~

 

ベルギーの住居スタイルは、マンションとメゾンと呼ばれる一戸建てがあります。一戸建て住宅のなかで、庭付きのものはヴィラと呼ばれています。

ブリュッセル市内では築200~400年の建物もマンションとして普通に使われています。歴史ある建物でも建物自体の構造に影響を及ぼさなければリフォームして住むことが出来るため、多くの人はこのような歴史ある建物の一室を自分好みにアレンジして住んでいます。

また、ベルギーでは「一日の中に四季がある」といわれるほど天気が変わりやすいため、住居を選ぶ際に日当たりを重視する人が多いようです。特に日照時間が短くなる冬では、日中にどれだけ日光の光を取り込めるかがポイントとなっています。

 

ブルージュ・ゲント(ベルギー)

運河

ベルギーには首都のブリュッセルだけでなく、

ブルージュ、アントワープ、ゲントなど、素敵な街がたくさんあります。

今回は私が行った、ブルージュとゲントの街をご紹介します!

 

ブルージュは、ブリュッセルから電車で1時間。

地元の人も声を揃えて、ベルギーならブルージュがおすすめだと言います。

私は去年の夏にも行ったのですが、今年も来てしまいました。

看板

特に目的はなく、ひたすらぶらぶらとお散歩しました。

ここのメインストリートには、可愛い雑貨屋さん、チョコレートのお店、ザラなどの洋服店が建ち並びます。

街並み

街並み

どこを撮っても絵になりますよね!

運河

これには綺麗すぎて絶句。

ブリュージュは水の都と呼ばれており、運河が有名です。

運河

ぶらぶら歩いていると、大きな広場に行きつきました!

広場

ここの広場はヨーロッパ感溢れていてとってもとっても素敵です。

パリやバルセロナのような都会とは全く違ったヨーロッパの雰囲気があります。

カランコロンって音がしたと思ったら、馬車が来ました。

広場

みんな昼間からテラスでビールやワイン飲んでるんですよ!

なんてのんきな一日!今日平日だけどお仕事は?と聞きたくなっちゃうくらい。笑

広場

とにかく、何もかもおしゃれです!

この雰囲気をまったり味わうことが好きです。

3~4時間あれば十分まったりできるかと思いますよ☆

 

そしてもうひとつ、ベルギーには可愛らしい街があります。

ゲントというところです。ゲントはブリュッセルから電車で30分です!

ゲント

ちなみに、ブリュッセルから1駅(所要30分)行くとゲント、2駅行くと(所要1時間)ブルージュです。

つまり、ゲントもブルージュも一気に行ける電車が通っていますので、

1日まるまる空けておけば、どちらの街にも行けちゃいます!

街並み

街並み

街並み

冬に行ったので、冬らしい天気ですね。笑

ゲントで有名なのが、この運河に面して立ち並ぶ、ギルドハウスと呼ばれる中世の建物です。

ブリュージュとはまた違った雰囲気があって、ゲントも好きです\(^o^)/

街並み

街並み

ベルギーを訪れた際には、

ブルージュとゲントという街にも足を運んでみてください(^〇^)

 

以上、ベルギー、ブルージュ・ゲントのご紹介でした!

ブリュージュ歴史地区(ベルギー)

ひっそりとした路地裏

ベルギー/ブリュージュ

ブリュージュ歴史地区

(町全体が世界遺産として登録されている)

 

ひっそりとした路地裏

●2000年登録

●文化遺産

入場料:無料(街中の各施設に入る場合は7€程度かかる)

アクセス;ブリュッセル中央駅からICで約1時間、ブリュージュ駅から徒歩で約10分程で街の中心部へ

今回は自分自身初のひとり旅の2カ国目に訪れた、ベルギーにある美しい街を紹介します。

それはブリュージュ。

なんと町全体が世界文化遺産に登録されており、さらにはこの街をはじめベルギー国内に点々と存在する鐘楼は「ベルギーとフランスの鐘楼群」としても世界文化遺産になっているという、とても素敵な街です。

州庁舎

ブリュージュ(Brugge)とは「橋」の意味で、その名の通り街には50以上の橋が架かっており、まさに水の都とも言えるブリュージュ。

かつてオランダが制海権を握っていたころ、海港都市として中世ヨーロッパの商業の中心地として繁栄していたのですが、その発展につれ川底に泥が沈殿してしまい商船が入港できなくなり、水路という唯一の外部との接触手段が断たれてしまって一時的に死んだ街になってしまいました。

しかし、そのため外部の影響を受けずに独自に発達したおかげで中世ヨーロッパの街並みがほぼ当時のまま保存されているので、他の街とは少し違った古い街並みを楽しむことができるのです。

そこに一歩足を踏み入れると、観光客でそこそこの活気はあるものの、静かで品のある街並みが目の前に広がっていました。

ベルギーを訪れる前はオランダの各地を転々としていたのですが、オランダの都市部ほど騒がしくなく道なども綺麗で建物も統一されている感があります。

街中には馬車も通ります

ブリュージュの街全体が世界遺産なので特に際立った見所は無いのですが、ぼんやりと路地裏をふらふらと歩いているだけでも、そこら中で蚤の市をやっていたり、人形劇(写真参照)などをやっていたりなど目を引くものは多々あり、しばらく歩いているとだんだんと眠くなってきてしまう、そんなのどかな街なのです。

人形劇

人形劇ではなく、それを見てにこにこしている子どもたちを見ているほうがなんだか楽しく、見ているこちらも自然と笑顔になってしまいます。

子どもたちって、世界共通で可愛いものですね。

特にこれといった見所がないこの街ですが、強いてあげるとしたら、街の中心部のマルクト広場にあるこの鐘楼です。

鐘楼

先にも述べたように、ベルギーとフランスの鐘楼は世界文化遺産になっているのでさすがの迫力がありました。

366段の螺旋階段を上って鐘楼の上のほうに行くにはお金がかかるのですが、下から見上げてみるのもなかなか迫力があったり細かい装飾もじっくりと見ることができるので面白いですし、たしか15分毎に鐘が鳴るので、広場のベンチに座ってそれの音にぼーっと耳を傾けるのもなかなかいいものです。

ちなみにベルギーのお土産といったらチョコレートですが、ブリュージュはレースの名産地として有名なので、多少値は張りますが女性へのお土産にはいいと思いますよ。

訪れるのにお勧めの季節と時間帯は秋の夕暮れ。

日本より一足早く木々の葉の色が色づき、それが夕焼けと美しい建物とすごくマッチしていてとても綺麗でした。

気温も20℃ないくらいなので、時々吹く風も心地よかったり。

冬には建物がライトアップされるらしく綺麗だと思いますが、ヨーロッパの冬は何しろ寒いのでご注意。

~耳寄り情報~

マルクト広場の鐘楼の前にアイスクリームの出店がある(あった)のですが、そこのお兄さんがめちゃくちゃおしゃれでイケメンでした。

女性のみなさん、ブリュージュを機会があればぜひ鐘楼前のアイスクリーム屋さんにお立ち寄りください。旅がよりいっそう楽しくなること間違いなしです。

PAGE TOP