Tag Archives: マルタ

【世界の街並み紀行】マルタ

地中海に浮かぶ小さな島国、マルタ共和国を紹介します!

 

 

 

 

**************************************

 

私は今年の2月7日から3月8日までの約1か月間、語学留学のために滞在していました。
マルタの公用語はマルタ語と英語ですが、現地の人はほとんどマルタ語で話しています。
英語は独特なアクセントがあり、バスのアナウンスもマルタ語だったので最初は戸惑いましたが、語学学校で英語の勉強はちゃんとできましたよ!(笑)

私は、グッジーラという静かな住宅地に位置する語学学校に通っていました。
近所にはスーパーやパン屋さんもあるので、何不自由なく生活できます!
マルタは食べ物に関しては物価が安いので、美味しいパンがたくさん食べられます♪

マルタは路線バスが発達しています。
各町をバスが頻繁に結んでいるので、移動するのにとても便利です。
バレッタには大きなバスターミナルがあり、そこから乗れば島のほとんどの町に行くことができます。
マルタは東京23区の半分くらいの面積しかない国なので、バスで国が一周できるのです!

 

それでは!マルタを町ごとに紹介していきます♪

————————————————————————————————————————-

首都バレッタは、美しい街並みと青い海を同時に楽しめます。

(↑メインストリートにあるオブジェ)

メインストリートの名前は、リパブリック通り。
お土産ショップやカフェが軒を連ねる賑やかな場所です。
町の入り口のバスターミナルから半島の先端まで、まっすぐにのびています。

マルタ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた、聖ヨハネ大聖堂もリパブリック沿いにあります。
騎士団の富と力が結集した内部は、荘厳で美しく豪華絢爛です。
びっくりするほど細かいところまでゴージャスなので、観光スポットとして本当にオススメです!

ほかにぜひ足を運んでもらいたい歴史的建造物は、カーサ・ロッカ・ピッコラです。
16世紀に建てられた貴族の館で、当時の豪華で豊かな暮らしぶりを実感できます。驚くことに、現在も子孫が住んでいるそうです!

小腹がすいたら、ぜひジェラート店へ♪
何店かありますが、イタリアから来ているジェラート屋さんが1番美味しかったです(笑)

私はマルタで、よくカプチーノを飲んでいました。
1.5ユーロくらいの値段で、大きいマグカップにクッキー付きで出てきます!
ほとんどのカフェは無料Wi-Fiがあるので、ぜひ利用してみてください♪

(↑海は青く、透き通っています)

バレッタだけに限らずマルタ全体に言えることですが、休日はお店のほとんどが閉まってしまいます。遊びに行く際は気をつけてくださいね!

私がマルタに行った時はまだ気温が低かったので海には入れませんでしたが、夏には多くの観光客が海水浴やマリンスポーツを楽しみに来ます。

————————————————————————————————————————-

日曜日の朝は、マルサシュロックの朝市がオススメです。
バレッタのバスターミナルから40分ほどで着きます。
観光客は市場のほうへ歩いて行くので、道が分からなくても波に乗って着いていけば辿り着けます。
新鮮な魚介類や野菜のマルシェ、伝統工芸品のレースや銀細工、ゴゾ島特産の蜂蜜など、たくさんの商品を低価格で購入することができます。
朝市では生産者に直接会うことができるので、ディスカウントしてもらえるかも…!?

市場の近くのレストランでは、美味しいシーフードが食べられます。
観光客が多いところなので、お店の人たちはとても優しくフレンドリーです。
マルタでは1人分の注文で2人分の量が出てきて完食するのが大変ですが、シェアして食べてもOKなので安心してください♪
高級なレストラン以外チップが要らないことも学生の私にはありがたいことでした。

(↑朝市のエビや魚介類)

————————————————————————————————————————-

かつて騎士団が闊歩した町イムディーナは、今はオールドシティと呼ばれる寂しげな雰囲気をもつ静かな町です。
この町は城壁に囲まれており、どこまでもくねくねした狭い小路が続いています。
ここに行けばタイムスリップをしているかのような錯覚に陥ります。

(イムディーナのメインゲート)

イムディーナにはファンタネッラという人気のカフェがあります。
チョコレートケーキが有名ですが、ほかのケーキも美味しそうでした。
開放的なテラス席からは、マルタの長閑な田舎の景色を楽しむことができます。
お店は綺麗なお花で溢れていて、女の子はぜったい気に入ると思います!

イムディーナでお土産を買うなら、イムディーナガラスへ♪
店内は美術館と間違えるくらいきらびやかで、時間を忘れて綺麗な作品の数々に見入ってしまいます。
1階の天井に掛かっているシャンデリアも、美しいガラスで作られています。
お店に行くことがあれば、ぜひ探して見てください♪

————————————————————————————————————————-

私が滞在中、1番好きだった町はスリー・シティーズです。
ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの3つの町の総称で、バレッタの対岸に位置しています。

(↑自家用の船が所狭しに並んでいます)

スリー・シティーズはゆったりと時間が流れていて、住民の方が本当に優しいです。
家の中から挨拶してくれたり、カフェでは話しかけてくれました♪
マルタは小さな国なので、ほとんどの国民が知り合いでどこでもおしゃべりしていますが、スリー・シティーズは特に住民同士が仲良しだと思います。

スリー・シティーズはほかの町よりは観光スポットは少ないですが、歩いているだけでリラックスできるし、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれる不思議な町です。
対岸に賑やかなバレッタが小さく見えるのも、ここスリー・シティーズの魅力だと思います。

————————————————————————————————————————-

休日はフェリーでゴゾ島まで足を延ばすことをオススメします。
バレッタから約1時間で行くことができます。
ゴゾ島では観光バスかタクシーを使うと、丸1日有意義に時間を使うことができますよ!
私はグループでタクシーを利用したのですが、運転手のおじさん2人は親切で優しかったです。
おじさんたちにルートはお任せし、お昼ご飯のレストランも島民オススメの場所に連れて行ってもらいました♪

(↑青の洞門、ブルーグロット)

ゴゾ島で有名なのは青の洞門、ブルーグロット!
陸続きの高い岩礁が年月をかけて波と風でえぐられ、自然の大きなアーチを描いています。
周囲の美しい海面と相まって、青の洞門と呼ばれています。
私が行った時は天気が悪かったので写真では伝わりませんが、晴れている時のブルーグロットは本当に綺麗です!

だまし絵がおもしろい大聖堂もあります。
建築当時はドームが載るはずだったのですが、資金不足により取りやめになってしまいました。
そこでイタリア人の画家アントニオ・マヌエルによって遠近法を駆使した天井画が描かれ、あたかもそこに壮大なドームがあるような錯覚を与えることに成功しました。
注意深く見ないと、本当にドームがあると思ってしまうほどですよ!

————————————————————————————————————————-

最後に、私のマルタで1番好きなスポットを紹介します♪

(↑ローアー・バラッカ・ガーデン)

バレッタにあるローアー・バラッカ・ガーデンです。
この公園からは、スリー・シティーズの方を一望できます。
オリーブの木などの緑が茂る公園の中央には、新古典様式の神殿が建っています。
マルタはネコが多いのですが、この公園でもたくさんのネコが日向ぼっこをしていて癒されますよ♪
マルタの人たちもベンチで寝ていたり、本を読んだりしてリラックスしていました。
ここは、実際のマルタの雰囲気を感じられる場所のひとつだと思います♪

————————————————————————————————————————-

マルタはまだまだたくさんの魅力がある国です。
ここでは伝えきれない人々の温かさや、ゆったりと流れる時間、美しい景観の数々…
直行便がないため飛行機に乗っている時間は長いですが、訪れる価値は本当に大きいです!
みなさんもマルタへ旅行してみてはいかがでしょうか?(*^^*)

【留学体験記】マルタ

マルタでの3週間の留学生活についてお話しします!

大学3年の春休み、「外国に友達がほしい!」と思い立ち、日本人が少なく、ヨーロッパ系の学生の多いマルタへの留学を決めました。

 

とにかく日本人が少なく、留学費が安いことを優先しました!

 

総飛行時間は17時間だったでしょうか…ドバイでのトランジットをしてからは、機内の日本人の数は一気に減ります。

ドバイではマルタに行く人だけ飛行機までバスで運ばれるのですが、唯一2人の日本人に出会いました。2人とも社会人の女性で、1人は有休で語学留学、1人はヨーロッパのバックパックをしていました。マルタでは、25歳以上の留学生が多いことも特徴だったと思います。

 

さて、バチカンの次に小さいマルタ共和国に到着です!!!

首都はヴァレッタ。過去にイギリスの植民地だったので、公用語は英語です。

猫が街の至る所にいるので「猫の」と呼ばれたりもするそうです。

 

また、マルタ人は自らを「Maltese(マルチーズと同じスペル)」と呼び、強いアイデンティティを持っています。

マルタは本当に治安が良く、自然も豊かで、比較的ごみもあまり落ちていません!

イタリアに近いこともあって陽気な気質を持ちながら、島国のゆったりとした感じもあって、とても居心地の良い国です。

 

語学学校でのアクティビティも充実していて、週末は、姉妹島のGozo島やComino島に小旅行に行きました。

 

まずは、観光についてお話します。

 

【観光編】

 

 

・首都のヴァレッタ観光

・Mdina観光

・Gozo島、Azure Window

・Comino島

・Blue GrottoとMarsaxlokk

・ダイビング

・週末のパーティー

 

マルタの観光は、これをすれば完璧です!

というくらい、マルタって狭いんです(笑)

 

中でも、Azure Windowは晴れの日はボートで下をくぐることができるので、大迫力ですよ!!

 

 

 

現地の人も言っていましたが、ビーチが賑わう夏がおススメのシーズンみたいです。

 

 

 

 

 

Marsaxlokk(日曜の朝市)

 

 

 

市場では、歩いているだけでクッキーを試食させてくれたり、新鮮な魚やフルーツ、おみやげが安く買えます。

はちみつやサボテンのリキュール、レースの小物はマルタ土産におススメです!!

 

 

Mdina観光

 

聖ヨハネ騎士団の歴史があることでこんなものがあったり…

 

 

 

 

馬に乗ってこんな通路を走ることもできます。

 

「FONTANELLA」というカフェは、いつも行列で人気なので、ぜひ行ってみてください!

美味しくて景色も素敵ですよ~!!

 

 

 

意外と穴場な観光スポットは、ポパイ村です。

映画ポパイのセットがそのまま残っているようで、外から見ても、中で遊んでも楽しめるスポットです。

 

 

 

 

こんな写真を撮って遊ぶこともできますよ~!!

見てお分かりの通り、海が透明で、魚が見えるくらい、とっても綺麗なんです!!

 

 

 

 

 

次は気になる食事!

 

【食事編】

 

私は、学校がセント・ジュリアンスという繁華街のある街にあり、そこにステイしていたので、

 

・Avenue(地元も認めるピザ!!バースデーにもOK)

・Hugo

・Gochi(日本人のいるお寿司屋さん)

・Loco(アットフォームなカフェバー)

によく行きました。

 

イタリアに近いせいか、ピザ・パスタ・ジェラートには困りませんでした!

 

マルタの郷土料理と言えば…

 

ウサギ料理です!!

 

ウサギなんて食べれない…と思うと思います。(私もそうでした)

でも、せっかくマルタに来たんだから、ウサギを食べてワインを飲んでおきたい!

と決心し、地元でも人気のレストランに行きました。

午後6時過ぎに行ったらもう満席で、9時にならなければ空かないということで、待ちました!

 

外見はこんな感じで、坂の途中の細い路地にあり、日本でいう隠れ家的名店です。

 

 

赤ワイン、バケットをつまんでいると、ボリューミーなメインが運ばれてきました!

 

 

 

レバーっぽい部分と、鳥と牛の間くらいの触感の部分があって、骨の周りは食べにくかったですが、美味しかったです!

 

お客さんのほとんどのテーブルに、このラビットと、ワインが並んでいました。

 

 

 

さて、いよいよ留学生活編です!

 

【留学生活編】

 

私は、アメリカでホームステイで当たり外れがあることを痛感した経験があるので、今回は寮生活にしました。

 

寮に着くと、迎えてくれたルームメイトは、フランス人とオランダ人で歳も近く、「外国の友達をつくる」ことが目的だった私には、期待どおりでした。

学校が終わると、私たちの寮はチケットで外食をする制度だったので、毎日のようにLocoに夕飯を食べに行きました。ルームメイトの友達もオランダ人で、ものすごく話すのが早いので、リスニング力は伸びたと思います。寮は中国人や、ロシア人の友達が近くの部屋にいてすぐ遊びに行けました。共同キッチンのある寮は、みんなで自炊したりと楽しそうでした。

しかし、私は1週間は寮で過ごしましたが、残りの2週間はホームステイに変更しました。

ルームメイトとその友達が母国語で話したり、寮だとルームメイトが帰るまで暇で会話をしない時間があったからです。

 

新しいルームメイトはベネズエラ人の30代の女性でしたが、とても親切で、恋愛話をしてくれるくらいたくさん話しました!

 

週末はみんなパーティーに出掛けて、クラスメイトとばったり会って一緒に踊って仲良くなれたりします。

 

 

マルタにいる留学生は毎日のようにパーティーに行く人も多く、びっくりしました(笑)

 

 

学校は、学生200人くらいに対し、日本人は10人もいないくらいで、国籍は、ドイツ、イタリア、ポルトガル、リビア、オランダ、スイス、フランス、中国、コロンビア、ブラジルと様々でした。

クラスでのグループディスカッションでも色々な国の訛りや発音に慣れることができるので、日本に帰ってきた今でも、なんとなく発音によって国がわかってきて面白いです。

 

そして何より、ヨーロッパ圏に友達ができて、いつかその国へ遊びに行って、宿に困らないのも嬉しいです!

 

 

地理的に、週末はイタリアやスペインに遊びに行けるのもマルタ留学の良さです。

サマータイムでは、飛行機が増便するので、さらにお得にスペインなどに行けます。

 

 

 

最後に、ヨーロッパの雰囲気が好きで、英語も学びたい、色んな国の友達が欲しいっていうよくばりを全部叶えてくれたのが、マルタです。

ぜひ、留学や夏のバカンスなどで迷ったら、マルタに行ってみてください!

【世界の街並紀行】マルタ

大学2年生の春休み。

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ島に行ってきました!!

正式名称はマルタ共和国。

面積は東京都23区の約半分で、とても小さい国です。

世界地図では、確認できないくらい小さいです。笑

 

マルタはイタリア、シチリア島の下に位置しています。

首都はヴァレッタで、ヴァレッタは街全体が世界遺産に登録されています。

 

 

マルタへの直行便はないので、私はドバイでトランジットをして行きました。

片道約20時間でとても長いです。でも、この行き方が一番一般的な方法みたいで、マルタで出会った友達も大体ドバイ経由で来ていました。ほんとーーーーーに長い!笑

 

私は語学学校に通いながら、1ヶ月間滞在していました。

あんまり知られていないけれど、マルタは英語留学に熱を入れている国で英語の語学学校がたくさんあります。

ヨーロッパからの留学生が多いなあと感じました。

治安がとても良く、海が綺麗な国なので人気があるのも分かる気がします!マルタにいる間は時間がとってもゆっくり流れているようでした。笑

 

 

さて、1ヶ月の間に島の有名なところはほとんど回ったのでお気に入りの場所を紹介したいと思います!

 

 

まず初めは私が住んでいた街、セントジュリアン。

 

 

学校のすぐ近くに海があり、放課後に友達と海に行ったりしていました。

3月でまだ寒いのに、西欧の友達は普通に海に入るのでビックリ!教室内でも私は寒いのに、「暑いから窓あけて〜」と言っている生徒もいて体感温度の差を身にしみて感じました。笑

 

 

マルタではおなじみの小さなボート。このようなボートは、マルタのどこに行ってもあるのですが使われているのは一度も見ませんでした。夏になったら使うのかなーと思ったり。

セントジュリアンはショッピングモールもあり、美味しいご飯屋さんもたくさんあり住むには快適な街でした。

 

 

次にマルサシュロック市場。

毎週日曜日の朝、開かれている市場です。ヴァレッタからバスで30分ほどの所にあります。

私は滞在中に2回行きました!!

 

 

このように海沿いにたくさんの屋台がならびます。全長500メートルくらい屋台が続いています。

様々なものが売っていて、その日の朝にとれたばかりの魚や、洋服、靴、雑貨、日用品など本当にたくさんのものが置いてあります。ここで必要なものは全て揃います。

見ているだけでも面白いのでお気に入りの場所です!!

 

 

続いてイムディーナ。

ここは昔、多くの貴族が住んでいました。しかし多くの人々がヴァレッタに移り住んでいき、今では住んでいる人は200人程です。

メインゲートを通ると中は静まり返っています。本当に人が住んでいるとは思えないくらい静かでした。

 

 

中には、有名な教会やチョコレートケーキが有名なカフェなどもあります。

小道がたくさんあるので、秘密基地を探検しているようで面白かったです!!

そして教会のあまりの大きさに感動しました。

 

 

 

最後に首都のヴァレッタ。

私は滞在中に何度もヴァレッタに行きましたが、一番のお気に入りの場所はアッパーバラッカガーデン。

 

向かい側にある港を見下ろしたりでき、とても景色が綺麗な公園です。私はここで夕陽を見たかったのですが、見に行ったときに天気が悪かったり、条件が合わずに夕陽を見る事ができませんでした。これは本当に心残りです。涙

 

 

 

マルタはみんな親切で、とても過ごしやすかったです。なにより治安がとても良いので、最低限の注意は必要ですが、安心して行動できました。

マルタでたくさんの人に出会いましたが、全ての出会いが私にとっては大切で宝物になりました。

遠いし、なかなか行こうという気にはならないけれど、街並も海も綺麗なマルタに行く事ができて本当に良かったな、と思います。

 

最後に、私がよく散歩した道にある教会でおしまい!!

PAGE TOP