Tag Archives: レシピ

【世界のレシピ】カポナータ(イタリア)

カポナータ

今回はイタリア・シチリア島の伝統料理、カポナータをご紹介!お酒にぴったり!

 

 
 
**************************************

 

 

 

こんにちはたいしょーです!

さあ今日も世界の料理を作っていきましょう!

 

今日作るのは

カポナータ

 

カポナータとは、イタリアにあるシチリア島の伝統料理です。

ナスをオリーブオイルで炒めた甘酢煮です。

 

【材料】

ナス・・・1本

ズッキーニ・・・1/2本

玉ねぎ・・・1/2個

塩コショウ・・・適量

酢(ポン酢)・・・大さじ1

オリーブオイル・・・大さじ2

にんにく・・・適量

 

【作り方】

①玉ねぎは大きめのみじん切り、その他の野菜はいちょう切りにする。

②フライパンでオリーブオイルとニンニクを熱し、玉ねぎを炒める。そのあとその他の野菜を加える。

③塩コショウ、酢で味付けをし、少し炒めたら完成!

実に調理時間

5分!!!

決して手抜きではない

 

 

酸っぱくて、夏にはもってこい。

とてもお酒に合います!

 

みなさんも是非、カポナータでシチリアの風を感じてください☆笑

 

 

 

【世界のレシピ】タッカルビ(韓国)

タッカルビ

暑い日には辛いものを食べて汗をかこう!!ということで韓国料理をご紹介!

 

 

 

********************************

 

こんにちは!たいしょーです!

暑い日には、辛いものを食べて汗をかくと涼しくなれます。

もちろん寒い日は体を温めてくれます。

ということで今日紹介するのは、

 

「タッカルビ」

 

タッカルビとは韓国料理です。

鉄板の上で鶏肉と野菜を甘辛く炒めた料理です。

「タッ」とは「鶏」、「カルビ」は「あばら肉」を表します。

では韓国の紹介とともに、レシピを紹介していきましょう!

 

<韓国>

 

公用語・・・朝鮮語

首都・・・ソウル

人口(25位)・・・50,004,441人

面積・・・100,210km2

 

 

<材料>

にんじん・・・中1/2本

キャベツ・・・1/2玉

たまねぎ・・・1個

その他お好みの野菜

鶏肉・・・1枚

★コチュジャン・・・大さじ2

★にんにく(すりおろし)・・・小さじ1

★しょうが(すりおろし)・・・小さじ1

★醤油・・・大さじ1

★酒・・・大さじ1

★砂糖・・・小さじ1

★ごま油・・・大さじ1

粉唐辛子・・・大さじ2

韓国海苔・・・お好み

<手順>

①鶏肉を切る。★をすべて混ぜ合わせ、肉をつけておく。

 

②野菜を切り、フライパンで炒める。

その後漬けた鶏肉を野菜の上に乗せ、ふたをして蒸し焼きにする。

 

③野菜と鶏肉に火が通ったら、味付けに粉唐辛子をふりかけてまぜる。

味が足りない場合は★のたれを追加する。

韓国海苔をきざみ振りかけたら・・・

 

 

\完成/

 

 

本当はホットプレートや鉄板で調理した方がおいしくなると思います。

しめにごはんをまぜると本当においしいです!!!

←これを楽しみに作ってました笑

 

では暑い夏を乗り切りましょーーー!

 

 

 

 

 

 

【世界のレシピ】ヤンソンさんの誘惑(スウェーデン)

出来上がり

スウェーデンの家庭料理「ヤンソンさんの誘惑」をご紹介!ヤンソンさんって・・・?

 

 

 

**************************************

 

 

今回はたいしょーがお送りします世界のレシピ!

 

最近暑いですよね〜。

そこで頭に浮かんだのは涼しい国、

涼しい国と言えば北欧・・・・

 

そこで!今日ご紹介するのはスウェーデンの家庭料理

「ヤンソンさんの誘惑」

 

これは何かというと、いわゆるグラタンのようなものです。

名前の由来は19世紀に菜食主義者のエリク・ヤンソンという宗教家が、

あまりにもおいしそうな見た目と匂いに勝てずついに口にしてしまったということに由来するそうです。

 

たいしょーは由来を調べながら気づきました。

\これクリスマスに食べるやつだわ/

 

でも後戻りもできないので、とりあえず材料を揃えて調理開始です。

また冬によかったらつくってみてください(笑)

 

<スウェーデン>

 

公用語・・・スウェーデン語

首都・・・ストックホルム

面積・・・449,964km2(世界54位)

人口(2013年)・・・9,596,436人(84位)

 

 

 

<材料>

じゃがいも・・・1個

たまねぎ・・・1/2個

アンチョビフィレー・・・一缶

バター・・・ひとかけ

塩こしょう・・・適量

生クリーム・・・100ml

とろけるチーズ・・・お好みで

パン粉・・・適量

 

 

<手順>

1、たまねぎは薄切り、じゃがいもは細切りにする。

 

2、じゃがいもは耐熱容器にいれ、電子レンジで6分ほど温める(500w)

 

3、フライパンにバターを敷き、たまねぎが飴色になるまで炒める。そこに先ほど温めたじゃがいもを入れ炒める。味付けに塩こしょうをする。このときオーブンを200度で予熱しておく。

 

4、グラタン皿に、3を敷き、その上にアンチョビを敷く。それを交互に繰り返し、最後は野菜が一番上になるようにする。

生クリームを入れたら、そのうえにチーズとパン粉をお好みで振りかける。

 

5、熱したオーブンで30分ほど焼く。一旦様子を見て、表面がこんがり焼けるまで焼く。

 

 

\完成/

 

トレーはフィンランドの国民的ブランドマリメッコですが・・・気にしません。

冬に家族と食卓で食べたいような料理ですね♪

 

ではまた次回お会いしましょう!たいしょーでした。

 

 

【世界のレシピ】セッキーリョ(ブラジル)

世界のレシピ「セッキーリョ」

セッキーリョ ブラジル

 

 

 

<ブラジル紹介>

 

公用語…ポルトガル語

首都…ブラジリア

人口…198,400,000人

人口、面積共に世界5位を誇るブラジル。いくつもの州に別れていて、地方によって料理も異なります。なぜならブラジルは、インディオ、ポルトガル系、イタリア系、ドイツ系、アラブ人、日系を主体とするアジア系の混血人種で、これが地方の特徴づけられた料理形式を生み出しているからです。

 

COOKING第一回は、ワールドカップ目前ということでブラジル料理に挑戦!セッキーリョというお菓子を作ってみました。私も海外の食べ物を作った経験がなかったので、まずは簡単なお菓子からと思い、これに決めました!(ほかの料理は材料集めが難しいという裏話しもありますが・・・(笑))では、Let’s cook!!

 

☆セッキーリョ

元はカトリックの復活祭にパドリーニョ(Padrinho:洗礼の際、霊の親となる人)がフィリャードス(Filhados:霊の子となる人)にプレゼントしていたお菓子。

 

<材料>

コーンスターチ 300g

卵       1個

砂糖      80g

マーガリン   50g

ベーキングパウダー 3g

コンデンスミルク 100ml

小麦粉     25グラム

 

私はコンデンスミルクを見つけられず、コンデンスミルクを作るところから始めました(笑)

念のため参考に・・・http://ws-plan.com/spice/condensed-milk.html

 

<作り方>

①    ボールにコーンスターチを入れ、真ん中にくぼみを作ったら、その中に卵、砂糖、室温に戻したマーガリンを加え、混ぜる。

 

②    生地が混ざり、ぽろぽろになったらベーキングパウダー、コンデンスミルク、小麦粉を加え、耳たぶの硬さになるまでこねる。

 

③    手で適当な大きさにちぎり、手で丸めキッチンペッパーの上に並べる。

(天板の方は、マーガリンかバターを塗って小麦粉をふるった上に並べる)

④    180℃に予熱しておいたオーブンに入れ、約15分焼く。

 

⑤    焼き終わったら熱いうちに別の容器へ移動して冷ます。

 

以上でできあがりです!簡単ですね♪

私は③の工程で生地が、ぽそぽそすぎたので牛乳を混ぜながら手でまとめられるくらいにしました。みなさんも生地の様子を見ながら調節してみてください。

 

<完成>

味は赤ちゃんとかが食べる、「ボーロ」に似ているかな?と思いました。素朴で優しい味です。フレッシュクリームを入れて作ったりもするみたいので、みなさんオリジナルのセッキーリョを作ってみてくださいね♪

 

次回はどの国のお料理でしょうか?楽しみにしていてください(^^)/

veja você(ベジャ ボセ:またね)