Tag Archives: 世界の街並み紀行

【世界の街並み紀行】韓国(ソウル)

プルダッポッピュンミョン

今回の街並み紀行は韓国についてご紹介いたします!!!

 

 

 

 

 

*********************************************

こんにちは!!

今回は私が夏休みに行ってきた韓国です!

結構韓国は今迄の街並み紀行でも多く取り上げられたり、皆さんが旅行に行ってたり、非常に身近な国だと思います!

 

なので、今回はテーマに絞って紹介したいと思います(^○^)

今回のテーマは…韓国のチェーン店です*\(^o^)/*

 

今回はソウルに来たのですが思ったことはスターバックスの多さ!!笑

都内と同じ位の東京と同じ、もしくはそれ以上の多さがあるのでは…!?

starbucks coffee

こちらが目に入ったオシャレなスターバックスです!屋根が瓦で古風と洋風が調和したオシャレな建物!

 

そして、ソウルでものすごく多いと思ったのが、Dunkin’ Donutsっていうファーストフード店!!こちらは本社はアメリカで、世界に展開しているお店だそう。

日本では、昔にあったそうですが今はもう撤退したみたいです。しかし、韓国ではあちこちにありました!もしかしたらコンビニと同じ位あるのでは!?と?思わせるほどです。笑 こちらがワッフルにチーズAND卵を挟んだメニューです(名前は忘れちゃいました…)温かくてめちゃくちゃ美味しかったです!

Dunkin'Donuts

こちらが商品ができた時の呼び出しの機械。CMが流れていて、待ち時間も退屈しないなと感動しました。

呼び出し機械

そして、次が道に迷って迷い、目にとまったコムタン屋さんです!会社帰りのサラリーマン達が多くいました!日本で言う牛丼屋みたいな雰囲気です!

コムタンはテールスープのような牛肉スープにご飯を入れる料理のようで、辛くないのがノーマルだそう。迷いに迷ってお腹はペコペコだったので、格別に美味しく感じました(^○^)

コムタン

メニューはハングル語だらけで(当たり前ですね笑)何が何か全くわからなかったです!!笑

このあと動揺に気付いた店員さんが日本語のメニューをだしてくれました!

優しい(^ω^)店員さんは基本的に優しいです。

ぶっきら棒ですが、よく考えると日本よりサービスがいいのでは!?と思うことが多かったです。

ハングル語!!!

最後はカップ麺です!

こちらは韓国に来て初めて食べた食事です!!笑

パッケージだけじゃどれがどんな味か細かく推測できません!

なので、色々と買ってみんなで食べたのですが…

この3種類の中でどれが一番辛いでしょうか?

実は両端の黒色のカップ麺です!

プルダッポックンミョンと言う名前です。(噛みそうです)

韓国でも辛くて有名なカップ麺です。

これを辛いのが一番苦手な友達が選び、涙して食べてました。笑

プルダッポッピュンミョン

私たちは始めての韓国で、ハングル語が全く分からないので、英語や日本語表記がある方がいいと言うことで、出来るだけチェーン店に入ってました。これでは韓国は満喫出来ないのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、これだけ色んな料理を食べ、日本との違いや韓国の良さを十分に味わえました!

韓国や台湾などは日本語が多くて、旅行した気にならないと言う人も行ってみると、その国の人や文化にたくさん触れ、現実を忘れた素晴らしい時間を過ごすことができました。

何より、韓国の人はみんな優しいです!

道がわからなかったら、日本語がわかる人が来て教えてくれたり、英語で教えてくれました。

ぜひ近いので機会があれば行ってみてください(^ω^)

 

 

 

 

 

【世界の街並み紀行】イタリア

カラフルな家 レース 小さな島

今回の街並み紀行はイタリアについてご紹介いたします!
 
 
 
 
 
*********************************************************

 

こんにちは!

 

私は今年の夏休み、ずーっと行きたかったイタリアに行ってきました!!

 

イタリアといっても、様々な地域や町があり、

景色や食べ物もその地によっていろいろですが、

今日はその中から、ヴェネチアとローマについてご紹介しようと思います。

 

まずはヴェネチアです。

ヴェネチア ゴンドラ

ヴェネチアと言えば水の都!

車は一台もなく、徒歩での移動か、このゴンドラか水上バスというものを使って移動します。

ゴンドラを漕ぐ方は「ゴンドリエーレ」という職業で、

なんと5か国語も話せなければなれなません!みなさん、歌も上手で明るい方ばかりでした!!

しかし、このゴンドラ、料金は30分で約1万円となかなかのお値段がします。

30分で1万円なんて無理だよ!そう思いますが、安心してください!!

 

最大6人まで乗車可能で何人でもこの料金は変わらないため、多ければ多いほどお得です!

私は友人と一緒に乗ってくれる方を探し、中国人の男の子1人が乗ってくれたため、3人で乗りました!

それでもやく3000円と乗る前は割高と感じましたが、本当に気持ちよくて楽しくて絶対に乗るべき!!と感じましたー!

シーフードとトマトのパスタ

こちらは、ヴェネチアで食べたシーフードとトマトのパスタです。

美味しい食べ物で有名なイタリアですが、ヴェネチアのシーフードは絶品です!!!

そして、なにより量が多い...

2人で1人前を食べておなかいっぱいになりました!

 

これは、こちらの店だけに限らずどこのお店も日本よりも量がとっても多いため、

注文しすぎないように気を付けましょう。

カラフルな家 レース 小さな島

こちらは、ヴェネチア本島から水上バスで1時間弱で来ることのできる、カラフルな家の街並みとレースで有名な小さな島です。

写真を見て分かるように、本当にカラフルでかわいらしい、見てるだけで楽しくなってしまうような眺めでした。

隣の家とは、色がかぶらないようにしているらしく、景観を大切にしていることがよく伝わりました。

ゆったりとした時間が流れていて、帰りたくなくなってしまうような素晴らしい空気感がありました。

赤ワインジェラート

そして、イタリアと言えばジェラート!!

こんなにかわいく盛り付けてくれました!

こちらの赤いジェラートは、赤ワインジェラートです。

暑―い天気の中で食べる、このさっぱりとした味は最高でした!

 

ジェラート屋さんは日本のコンビニよりもあるんじゃないか?

と思ってしまうくらい、観光地にはジェラート屋さんがたくさんありました!

上の写真以外にも、ピスタチオやフルーツのものも食べましたが、本当にどれも美味しかったです。

トレビの泉

お次はローマです!

この写真はどこか分かりますか??

 

 

 

正解は...

 

 

 

 

トレビの泉です!

 

 

 

泉なのに水が流れてない???

 

 

そうなのです。

私が訪れたときはちょうど工事中で、この状態でした。

多くの観光客でにぎわっていましたが、みんながっかりの様子でした。

 

それにしても、予想以上の大きさでとても圧倒されました。

トレビの泉は、後ろ向きにコインを投げるともう一度訪れることができる というとっても有名なジンクスのある場所です!

また絶対に水の流れるトレビの泉を見に来たい!!!と心から思いました。

コロッセオ

こちらは、ローマを代表する コロッセオです!

こんなに大きな建物が西暦80年に完成したなんて、古代ローマ帝国のすごさが伝わってきます!

多くの観光客でにぎわっていて、チケットを買うにも長い列ができているほどでした!

 

ローマは、地下鉄やバスなど公共交通機関が充実していたため、移動もとても簡単でした!

特に、バスは移動しながらローマの素晴らしい街並みを眺めることができるのでとても楽しく移動が出来ちゃいました!

 

 

 

…と、以上のように景色もきれいでご飯もすべて美味しく、人も優しくて

イタリアはとっても素敵な国でした♡!

みなさんも、機会があればぜひ訪れてみてください!!!

【世界の街並み紀行】韓国

風景

こんばんは!

今回の街並み紀行は韓国についてご紹介いたします~!!
 
 
 

****************

 

 

あんにょんはせよ!

 

私は夏に3週間、ソウルにある大学に韓国語を勉強しに行ってきました!

 

平日は昼まで授業でしたが、午後はほぼ予定なし!

たくさんソウルで遊んできました~!!

学校の寮に泊まったけれど食事はなかったので毎日外食!今回はソウルで見つけたおいしい食べ物を紹介します!(韓国は過去にたくさん記事あります!そちらも合わせてどうぞ~)

 

 

まずは新登場のスウィーツから!ホンデ

 

ポップコーンのついたソフトクリーム!ホンデで発見しました!日本にもありそうでない!おいしい!

日本感覚で値段を見て1人一つにしようとしたら…

油断しないでください。多いです。2~3人で食べる量!!ソウルについてすぐのおやつだったのでまだ感覚がつかめず危ないところでした。(笑)

 

 

次!韓国で最近人気の虹色のケーキ!虹色ケーキ

見た目のインパクト!これが食べ物?と言いたくなります。でも、ちゃんとケーキです。

それなりにでかめで、しかも見た目よりしっとり系の生地で、三人で朝と昼の間のおやつに食べました。(笑)ちょうどよかったです。

 

はい、次!

パッピンス

食べてないけど、日本でもおなじみ、「サーティンワンアイスクリーム」にこんなものがありました!日本では見たことがないかき氷のアイス(パッピンス!!)となんかすごいやつ!!

ちなみに韓国では31ではなく、baskin robbinsと呼びます。同じ店だけど呼び方が違うからなんとなく違う店のような感じ…!

 

 

まだまだ行きます。食べ物特集。

そろそろご飯を食べましょう~

ポッサム 豚足

左はポッサム!豚肉を茹でた料理です。キムチと豚さんを一緒に食べます。とてもとてもおいしいいいいい!

しゃぶしゃぶの肉が分厚いバージョンみたいな感じ?それとキムチの組み合わせが最高です。

右の端に移っているもう一つのお肉は、豚足!!私がずっと食べてみたかったもの!おいしいいいいいいい!!

 

 

それから私が韓国滞在中によく食べたもの!

キムパップ 韓国風海苔巻き

キムパ(ッ)(ブ)!(地味に日本語に表すのが難しい音です。笑)キムが海苔でパブがご飯。つまり海苔巻き!韓国のソウルフード!学校で売っていたのですが、多い安いうまいの三拍子!(笑)

二本分入って300円前後。全部食べるとだいぶお腹がふくれます。この上にマヨネーズをかけて食べるのがおすすめです!(と先生が言っていました!)

海苔巻きと言っても中身は日本の物とは違うのも面白い!

写真の物はツナがメインで、他にたくあんなどが入っています。私が一番好きだったのは、チキン!細いフライドチキンみたいなものが入っているキムパが最高においしかったです。

 

 

チキンが出たところで、次はチキン料理!

韓国人は謎にフライドチキンを愛しています。町のあちこちにフライドチキン屋さん!

そして私も鶏肉愛好家。韓国最高です。

 

まずは定番フライドチキン

フライドチキン

甘辛だれのヤンニョムチキンがとてもおいしいいいいいい

 

色んなお店があって色んなフライドチキンがあります。から揚げ フライドチキン

 

このあたりはフライドチキンというより日本のから揚げと近いかな。みんな大好きさっくさくの衣とジューシーなチキン~

 

続いて変わり種!クリームソースチキン

クリームソースチキン

クリームパスタのパスタの代わりにフライドチキン、みたいな感じです。

わけわかんない~と思った方。そんな人に食べてもらいたい。私はこれを食べにもう一度韓国に行きたい。とてもおいしいです。お!す!す!め!

 

 

余談ですが、チキンと一緒に飲むものと言えば、、、

 

ビール!

 

韓国ではチキンとビールが最高の組み合わせ!ということで、「チキンとビール」を合わせて「チメク」と呼んでいます。

チキン+メクチュ(ビール)=「チメク」

 

 

でも残念ながら、私はビール飲めません。(笑)

 

そこでソーダを頼むのですが、ここでもびっくり。ソーダのコップがでかい。(もちろん内容量も)

なので、一人じゃなくて二人で飲むことが多いです。韓国で飲み物を頼む時は1つがどのくらいの量なのか確認すべし!!!

(確認せずに頼んだら、500mlペットボトルで出てきて驚きました。飲めなくて焦りました。)

 

でも大きいから二人で一つと頼むと、時にこんなかわいくされてやってきます。

ソーダ

カップル用か。

 

と突っ込みたくなりますが、韓国にいるとシェアが多すぎてだんだんとこのくらいじゃ動じなくなります。

友人と仲良く二人で飲みました。はぁと

 

 

それから私的一番の驚きはこれです。

ビールInペットボトル

コンビニでビールがペットボトルに入って売っていたのを発見。

 

でかい。韓国人は一度にどれだけ飲む気なんだろう...

 

 

ここまで食べ物ばかりでしたが、最後にすごく楽しかった場所を2カ所紹介します!

1カ所目はボーリング場!

地下にある怪しいボーリング場。中に入ると、なんと!

ボーリング場

こんな風に暗くてあちこちが光っているという謎~

でも盛り上がる~

蛍光ボーリングボール

ボールも蛍光!貸しシューズも蛍光!いつもとちがう気分でボーリング。謎の空間の影響で、謎にテンションが上がりました。面白い体験をしたい方におすすめ!

 

 

2カ所目は韓国民俗村!

韓国民族村

韓国の昔の街並みが再現されていて、韓国の昔の暮らしを知ることができます~

時代劇の撮影でよく使われていて、あちこちに○○撮影地という案内が置かれていました!

伝統音楽の演奏 網渡の公演

韓国の伝統音楽の演奏や綱渡りなどの公演も行われていて、とてもおもしろい!また、乞食の人や結婚式のパフォーマンスが見られます!

韓国に来たなら韓国ならではの場所へ行きたい方にぴったり~!!

 

 

 

おいしい食べ物とわいわい遊べる場所がいっぱいの韓国!

今回紹介した食べ物、実は、付け合わせのキムチを除くと辛い物ないんです!辛い物がそこまで好きではない私でも十分グルメツアー可能でした!!

 

三週間いても食べ足りません~(笑)

 

これまでのイメージを覆す、「辛くない韓国料理巡りの旅」をしに韓国へ行ってみてはいかがでしょうか~

風景

【世界の街並み紀行】ハワイ

Doleプランテーション

こんにちは!今回の世界の街並み紀行はハワイについてご紹介いたします!

 
 
 

*************

aloha!!

常夏のビーチリゾート!ハワイに行ってきました!

おいしいもの、やさしいひと、楽しいこといっぱい!
そんなハワイをご紹介いたします!
ビーチ

まず、ショッピング

自分へのご褒美なら免税店!
kate spadeやCOACH、L’OCCITANEなど
日本でも人気のブランドがそろっていました!
しかも、とってもお安い…日本では信じられません…

ハワイの暮らしを覗き見たいなら地元のスーパー!

ででん!

スーパー①

でででん!

スーパー②

ででででん!

スーパー③

スパイス、コーヒー豆、チーズ、お惣菜...
量り売りのもがずらりと並んでいましたー!

お会計のやり方がわからず、おどおどしていたら
(おそらく地元の)こどもちゃんが教えてくれました...
ありがとう、少年、とっても助かったよ( ;∀;)笑

ちょっとしたおみやげやお菓子を買うなら
ABCストアや日本でもおなじみのドン・キホーテ!

日本のいたるところにコンビニがありますよね
ハワイにもあるんです!それがABCストア!

コンビニと言っても、品揃えはスーパー・デパート並み
食べ物、飲み物はもちろん、水着、ビーチサンダル、コスメ、アクセサリー、ムームー…
なーんでもそろってますー
夜遅い時間までやっているので急に何かほしくなったとき便利ですよ

ドン・キホーテは日本とほぼ同じです笑

そして!1番のおすすめはファーマーズマーケット!

ファーマーズマーケット

私はKCCファーマーズマーケットに行ってきました!
新鮮なフルーツやハワイアンフードでおなかいっぱいでした~

野菜や果物をたくさん買っていく人、言葉を交わしあう人たち、
ハワイの日常に自分がいることを実感できて楽しかったです♪

自分史上1番すてきな朝になりました~

そして、観光スポット

空は青い!海はきらきら!自然はあざやか!
どこに行ってもきれいな景色が広がっていました~

じゃん!

ワイキキビーチ

これははずせない!
ハワイといえば、ワイキキビーチ!

排水が流れだして規制とかなんとかニュースで見たときは
焦りましたが、まったく問題なし。
サーファーたちがかっこよく波に乗っていて安心しました笑

ダイヤモンドヘッドもみえますよ~

ヒルトン 花火

こちらはヒルトンの花火!

夕方あたりにビーチに行くとたくさん人がいたので
調べてみたら、花火の日でした!

予想よりもたくさんの花火が打ち上げられました
まさかハワイで花火を見られるとは思わなかったので感動~

じゃじゃん!

ウィルミナライズ坂

ウィルミナライズ坂

こちらは目的地までの移動時にトロリーから見ただけですが...
この坂道すごいですよね!?
びっくりするくらいまっすぐで、びっくりするくらい果てしない笑

この坂道の上からはダイヤモンドヘッドが一望できるみたいですよ!

じゃじゃじゃん!

マツモトシェイブアイス

マツモトシェイブアイス

某テレビ番組でおなじみのマツモトシェイブアイス~
テレビで見たマツモトさんもいらっしゃったので感動でした!
モヤモヤグッズたくさんありました!笑

シェイブアイス、モヤモヤグッズのほかにも、
パンケーキミックス、Tシャツ、ポストカードなど
いろいろそろっているのでおみやげ探しにもおすすめです

じゃーん!

サンドバー付近

サンドバー付近

沖を見るとどこまでも続く海
島を見ると豊かな自然
360度、大自然に囲まれてぷかぷか波にただよう気分は最高でした~

シーカヤックで戻る途中には泳いでいるウミガメを発見!
口と目がするどくて、ちょっと怖かったです笑

じゃじゃーん!

Doleプランテーション

こちらはDoleプランテーションです!

この写真にパイナップルが写っているんですよ
どれだかわかりますか?

手前にある地面から出ている葉っぱ…
なんと!パイナップルの葉っぱなんです!

パイナップルってそうやってなっているんだ…と驚きました笑
常識だったら恥ずかしい…
でも、その場にいた人たちはみんな驚いていましたよ笑

次は、モアナルア・ガーデンパーク!

モアナルア・ガーデンパーク

このーき なんのき きになるきー
でおなじみの木です!見てきましたー!

あんなに大きいとは…とても迫力がありました!

この木なんの木をバックに思わず歌いました笑
この場に行けば思わず歌いたくなりますよ…きっと…笑

最後はこちら~

アラモアナ・ビーチ サンセット

アラモアナビーチのサンセット~
はぁ~いつみてもすてき~笑

日が沈むまで30分くらい
ビーチでまったりうっとりしていました~(*´▽`*)

語ることは何もありません。
写真をご覧いただいたほうが伝わりますね。笑

ほかにもたくさん魅力はありますが、
全部書いていたらなかなか終わらないのでこのへんでやめておきます笑

やさしい人々がいて、すばらしい景色があって、
ゆったり時間が流れている。

訪れないのはもったいない!!

ちょっと日常から離れたいな~、ゆっくりしたいな~、
と、思ったらハワイに行きましょう!!!

ただのビーチリゾートだと思ったら大間違いです!笑

ビーチ ハイビスカス

ぜひ1度行って、見て、食べて、感じてください(^^)

 

【世界の街並み紀行】台湾

千と千尋の神隠しの舞台 

こんにちは!今回の街並み紀行は台湾についてご紹介します!

 

 

 

 

*******************************

私は今回、台湾に行ってきました!

台湾のお目当ては。。。。『食』です!!笑

台湾は美味しい食べ物がたくさんあることで有名です
ガイドマップにも食べ物特集ばかりです

そんな台湾に、食べること大好きの友達と2人で行ってきました!
3泊4日なんですが、格安で行ったため、1日目は深夜に到着、4日目は早朝に出国だったため、観光できたのは中2日でした。

観光1日目

最初からやらかしました。

お粥があり、様々なトッピングができたので
漢字は読めないけどなんとなくいろいろ入れました。

その一つに、豆腐の密度をぎゅっとしたような、、、
味噌の塊を食べたような、、
今までに食べたことのないまずい味がしました。

後でわかったことですが、私の食べたのは。。。

台湾の珍名物「臭豆腐」だったのです!!!

また出てきますが、夜市に行ったとき、この臭豆腐の香りが半端なく臭かった・・・

しかし、ほかの料理はおいしくて
(別に台湾っぽくない食べ物もたくさん食べ、、、)

お腹いっぱいになりすぎてしまい、
昼に予定していた小籠包のお店「鼎泰豊」に行くことを断念しました・・・。

しかし、甘いものは別腹ということで

人気のかき氷屋さんに行きました!

お店1番のメニューです!

image001

器に山盛りで、マンゴーは甘く、氷は雪のようでした

この夏話題になったアイスモンスターは、じつは台湾で人気のかき氷屋さんなんです\( ˆoˆ )/

そのあとは、アジアで一番高いビルの「台北101」に行きました

image003

せっかくなんで登ろうとチケットを買い、世界最速のエレベーターであっと言う間に上の階へ。

上から見下ろす街の景色は、まるで模型のようでした

image005

晴れていたため遠くまで見ることができ、

このビルで面白かったのはスーパー!
知らない食べ物が売っている一方で、日本のものがかなり多く輸入されていることにも驚きでした!

さてさて、この日は最も楽しみにしていた九份に向かいました

バスで首都台北から離れ、標高の高い田舎へ…
バスが何度も交通事故起こしそうで怖かった…

九份はよく雨が降る地域なんですが、天気にも恵まれ最高の観光日和でした!

image007

千と千尋の物語のモデルになったところで有名な九份ですが、

確かに千と千尋のあの独特な世界でした!

image009

狭い路地にお店がズラって並んでいて、
赤い提灯が特徴です

しかし、漢字も読めないし、何んだかわからない食べ物が売られていて手を出しにくかったです(´Д` )

お腹もすいてきたので、景色が一望できるレストランで夕暮れを待ちながら夕飯を食べることにしました!

注文したのがこちら

image011

魚介たっぷりトマト風味の台湾鍋!!

お店の人にジェスチャーと片言の英語で何とかお店で人気の料理を聞き出して注文しました

言葉がたとえわからなくても気持ちとジェスチャーで通じるんだな、と思いました。笑

鍋は魚介のうまみがたっぷり出ていて、またトマト風味だったんでとても食べやすかったですね~

なんだか食レポみたいになってしまいました・・・^^;

そして、夕日
こんなにきれいに見れると思ってなくて、涙が出るかと思いました。

image013

この景色は実際に行った人にしか体験できないですね。。。

悩み事とかすべて忘れられるそんな景色でした~

すっかり日が沈むと、仇份の本領発揮です。

image015

提灯がともり、赤色がますます強調されます。
幻想的な世界で、中国の昔の世界に迷い込んだかのようでした~

そして観光客の数が増加して、狭い路地にあふれかえって前に進むのもやっとでした。。
驚くことにそのほとんどが日本人でした!
さすが千と千尋効果ですね~

帰りはバスではなく、
赤の他人の日本人の方と相乗りタクシーで帰りました!

相乗りは初体験だったんですが、なんだか旅って感じがして楽しかったです!

次の日

観光2日目

この日はほぼ買い物です!

1日目に断念した鼎泰豊にも行ってきました~~~

薄皮に、肉汁たっぷりのスープがじゅわ~っと!(^^)!

小籠包を作っているところがガラス張りになっているので、見ることができます!

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

そうそう!

台湾のスタバにも行ったんです!
やはり店員さんはかわいかった・・・・(*^^*)

image019

「welcome taiwan」
サービスも日本と変わらず素晴らしかった!

台湾の移動はほとんどMRTという地下鉄を使いました。
日本は乗り換えがややこしですが、台湾はとっても使いやすい!
なので2日目は現地の人並みに巧みに乗りこなしてました笑

駅の間隔が狭く安いのも魅力的でした~
切符が紙じゃなくて、チップのようなプラスチックの丸いもので、
日本との違いを感じられました

台湾の原宿と言われる「西門駅」周辺をぶらぶらし、
夜は夜市に行きました!一番大きな「士林市場」というところです!

わいわいがやがや。
人もたくさんで台湾のB級グルメも食べられとても楽しいところでした!

そんな感じで2日間ノンストップで楽しみました~

見て分かるように、ずっと食べていました。笑

同じアジアということで、日本でよく見慣れたものもありますが、

何が何だかわからない、でもおいしそうなものが沢山ありました!

そして台湾は世界一の親日国ということで、とーても優しかったです!
こっちが何とか伝えようとしていることも頑張って理解しようしてくれたり、
日本人だとわかると、少し知っている日本語で話しかけてくれたりなど、、

中国人は日本人に当たりが強いイメージがあったんですが
やはり現地に行ってちゃんと触れ合ってみないとわからないことも多くありました。

一番多く使った言葉は「謝謝」です。

感謝の気持ちを込めて、
優しくしてくれた現地の人、
お店の人、
ホテルのスタッフさん、
おいしい食べ物に素敵な景色、

台湾全てに『謝謝』!!!

【世界の街並み紀行】オーストラリア

カンガルー

こんにちは!今回の街並み紀行はオーストラリアです!!
 
 
 
 
*******************************

 

 

 夏休みを利用してオーストラリアに行ってきました!

 友達と予定が合わず、今回は6泊9日の一人旅。

 

 羽田空港から約8時間。時差は30分〜1時間です。

 ケアンズ(3泊)エアーズロック(1泊)シドニー(2泊)という忙しめのスケジュールでした。

 

オーストラリア

 

 

 

 シドニーでの飛行機乗り換え時、ゲート変更に名前がアナウンスされるまで気付かず飛行機に乗り遅れそうになったり、ホテルの部屋の電気がつかないなど、ハプニングもありましたが、なんとか帰ってきてこの記事を書いています。

 

本当にたくさんの場所に行き、たくさんの人と出会いました。

ケアンズでは、グリーン島、キュランダ、マリンバ,,,

エアーズロックでは、ウルル、カタジュタ,,,

シドニーでは、ブルーマウンテンズ、ジュノランケーブ、マーケット、オペラハウス…

すべては紹介しきれないので、特別思い出に残っているものを厳選して紹介します!

 

第3位は…グリーン島!!!

グリーン島は世界遺産グレートバリアリーフの玄関口にあたる島です。

こんなにきれいな海ははじめてで、心があらわれるような感覚でした。

次は、友達と行って、泳げたらいいなと思います。

グリーン島

 

第2位は…ウルル(エアーズロック)登山!!!

日本ではエアーズロックとして知られるこれ

エアーズロック

先住民であるアナング族やアボリジニの人々からは、ウルルと呼ばれています。

ウルルの登山についてはたくさんの意見があります。原住民にとってウルルは聖地なので、そこに土足で登ることは、日本にきた外国人が神社の鳥居に登るようなものだそうです。だから、原住民の人々は、ウルル登山をよくは思っていません。登山口の前には「登らないでください」との標識もあります。

しかし、完全に禁止にはしていません。原住民の人々は、観光客が考えた上で「登らない」という選択をしてもらいたいそうです。このことを知っていたので、「登らないでおこう」と思っていました。また、この登山口は、強風などのさまざまな原因で閉まっていて、開かずの扉と言われ、3日に1度開けばラッキーと聞いていました。

だから、「まさか開いていないだろう」と思っていました。

しかし、実際に登山口に行き、登れることが分かった途端、「せっかくだから登りたい」という衝動にかられました。そして、私はウルルに登りました。登山ときいて想像するようなものではなく、どちらかと言えばロッククライミングのような感じでした。死者がでているという話も理解できました。万全の準備が必要です。山頂は地上の7倍の風速の風が吹くと聞いていましたが、それも本当で立っていられなくなることもありました。途中、泣きそうにもなりました。ただ、山頂からの眺めは最高で、達成感もただものではなく、登ってよかったと今は思っています。

 

そして第1位は…マリンバで乗った熱気球です。

気球に乗りたいと前から思っていましたが、やっとその夢が叶いました。

「すっっっっっっっっっっっっご!」これが素直な感想です。

生身のからだで雲よりも高いところにいく。こんなことはもうないと思います

熱気球がらの風景
熱気球

なにか地球のパワーのようなものを感じたような気がしました。

 

…どうだったでしょうか。オーストラリアに行ってみたくなりましたか?

 

 次に、私が現地でびっくりした話をいくつか。

 まず、物価が高い!!!!!水1本200円弱。

ご飯も毎食1500円くらいはかかってしまいます。

 このフィッシュ&チップスも15ドルでした。

 ラーメン屋さんやお寿司屋さんなど日本の料理屋さんが多いのにも驚きましたが、回転寿司も1皿300円もしてまたまた驚きました。

 日本で時給900円くらいのレストランのアルバイト、オーストラリアでは時給2000円くらいもらえるそうです。給料が日本の2倍くらいだそうです。物価が高い理由はこれでした。
フィッシュアンドチップス

 あとは、信号も日本とは少し違っていました。横断歩道で歩行者用のボタンを押さないと、信号は変わりません。また、日本では「青」が点滅しますが、オーストラリアでは「赤」が点滅します。「赤」に変わるのもすごく早いです。「青」の間に向こう側まで行くのは絶対に不可能でした。笑

 現地の人は、結構信号無視をしていたので、こんな感じなのかなと思っていましたが、信号無視が見つかったら7000円の罰金だと後で聞きました。笑

 シドニーの話をしていなかったので、最後に。

田舎町のケアンズに対して、シドニーはThe都会という感じでした。セブンイレブンもUNIQLOもダイソーもあってすごく驚きました。

 

昔、イギリスの植民地になっていたこともあって、当時の街並みが残されているところもありました。

街並みが一番きれいだったのはシドニーです。2つの大きな港があるのですが、どちらもすごくきれいでした。シドニーでは時間がたつのも忘れてお散歩しました。気温もほどよく暖かくて、とても過ごしやすい街だと思いました。

シドニー

シドニー

 とにかく言いたいのは

「オーストラリア最高!!!!!!」ということです。一人旅ということで、本当にたくさんの人に助けてもらいました。旅で出会ったすべての人に「ありがとう」を言いたいです。また、自然の中でぼーっと、物思いにふけったり、いろんなことを考えたり、自分を見つめ直すこともできました。

 

私はあまり英語をしゃべれないので、はじめは本当に不安でしたが、みんなすごくやさしくて、私の拙い英語を一生懸命聞いてくれました。

オーストラリアは意外と近いし、時差もあまりないので、みなさんも是非オーストラリアに行ってみてください!

 

最後は、私がべた惚れしたカンガルーの写真で終わります!

 

\最後まで読んでいただいてありがとうございました!/

カンガルー

【世界の街並み紀行】ハンガリー

結婚式

今回は、中央ヨーロッパ、ハンガリーの街並み紀行です。
 
 
 
 
 
 
**************

 

皆さんは「ハンガリー」または「ブダペスト」と聞いて、何を連想しますか?

私は行く前は「温泉」しか思いつきませんでした。

 

でも!

実際に行ってみると長い歴史や意外な一面も見れてとても充実した時間を過ごせました。

 

ブダペストは西のブダ地区と東のペスト地区に分かれていて、市内には有名なドナウ川が流れている美しい街です。

 

まずはマーチャーシュ教会!

 

マーチャーシュ教会

正式名称は「聖母マリア教会」で、マーチャーシュ1世が建てたので、そう呼ばれているだけで「マーチャーシュ」はあだ名みたなものらしいです。

 

初めはゴシック様式でたてられたのですが、その後ロマネスク様式に改築させられ、またゴシック様式に戻った経歴を持つ教会なんです。

 

 

教会の後ろ側はこんな感じ

マーチャーシュ教会2

次は聖イシュトバーン大聖堂!

聖イシュトバーン大聖堂

 

ハンガリー王国の初代国王、イシュトバーン1世にちなんで名づけられて大聖堂です

ブダペスト市内で一番高い建物で、一番上を見上げるのは首が痛かったです 笑

 

 

その日は地元の子供たちが大聖堂の前でフェンシングの試合をしていて、ちょっとレアな(?)光景を見ることが出来ました! 大聖堂の鐘の音と共に試合開始をして、また鐘の音が試合終了の合図でもあったので、市民の暮らしにとって大聖堂がいかに大切なものかを感じることが出来ました。

 

 

フェンシング

 

 

私が訪れた日は日曜日だったので、結婚式を挙げていた花嫁さんと花婿さんもいらしゃって、子供たちからフェンシングの剣を借りて、記念撮影を撮っていたので、私も便乗してパシャリ

結婚式

 

みんなとっても幸せそうでした♡

 

 

そして「ゲレルトの丘」という小高い丘に登ると・・・

絶景!

 

ゲレルトの丘

 

ゲレルトの丘2

 

 

ドナウ川とブダペストの街並みがとっても綺麗で感動してしまいました

 

その後はブダペストの街をぶらぶら♪

 

ブタペスト

 

ブタペスト2

 

ブタペスト3

 

ブダペストにはこんなお店がいっぱいありました。

とうがらし

 

トウガラシ屋さんです! 実はハンガリーはトウガラシの消費量が世界2位のトウガラシ大国なのです! 私もおみやげにチリを買いました

 

 

日が暮れ、夜になったあと・・・

ドナウ川のナイトクルーズに参加しました♪

クルーズ

ドナウ川はドイツ、オーストリア、スロバキアやクロアチアなどを流れているのですが、ブダペストはその眺めが特に美しいということで、「ドナウの真珠」や「ドナウの女王」と呼ばれているそうです

 

 

ドナウ川沿岸で初めてかかった橋です!

 

 

昼間のくさり橋も綺麗ですが、夜のくさり橋も素晴らしいですよね

 

そしてこちらは「エリザベート橋」!

エリザベート橋

 

ウィーンの記事にも書きましたが、エリザベートはウィーンの王宮が大嫌い。そのためハンガリーにある離宮にずっと潜んでいたそうです。ハンガリー人の女官を可愛がり、ハンガリー語をマスターしたシシィはハンガリー独立運動の立役者になりました。そのためハンガリー人はシシィを愛し、橋に彼女の名前をつけたのです。

 

 

次に船が向かったのは国会議事堂前!

 

国会議事堂

 

国会議事堂2

 

ライトアップされた国会議事堂をほんっとに美しくて、無言で何枚も写真を撮っていました笑 さすが「ドナウの真珠」ですね!

東京と違って、星も瞬いて優雅な時間を過ごせました ♡

 

ハンガリーは中学生のころから気になっていた国なので、今回思い切って行ってみてほんとによかったです! みなさんも中世を旅してみませんか?

 

 

 

 

 

 

この橋は「くさり橋」として知られているセーチェーニ鎖橋。

 

 

【世界の街並み紀行】マルタ

sekaino

地中海に浮かぶ小さな島国、マルタ共和国を紹介します!

 

 

 

 

**************************************

 

私は今年の2月7日から3月8日までの約1か月間、語学留学のために滞在していました。
マルタの公用語はマルタ語と英語ですが、現地の人はほとんどマルタ語で話しています。
英語は独特なアクセントがあり、バスのアナウンスもマルタ語だったので最初は戸惑いましたが、語学学校で英語の勉強はちゃんとできましたよ!(笑)

私は、グッジーラという静かな住宅地に位置する語学学校に通っていました。
近所にはスーパーやパン屋さんもあるので、何不自由なく生活できます!
マルタは食べ物に関しては物価が安いので、美味しいパンがたくさん食べられます♪

マルタは路線バスが発達しています。
各町をバスが頻繁に結んでいるので、移動するのにとても便利です。
バレッタには大きなバスターミナルがあり、そこから乗れば島のほとんどの町に行くことができます。
マルタは東京23区の半分くらいの面積しかない国なので、バスで国が一周できるのです!

 

それでは!マルタを町ごとに紹介していきます♪

————————————————————————————————————————-

首都バレッタは、美しい街並みと青い海を同時に楽しめます。

(↑メインストリートにあるオブジェ)

メインストリートの名前は、リパブリック通り。
お土産ショップやカフェが軒を連ねる賑やかな場所です。
町の入り口のバスターミナルから半島の先端まで、まっすぐにのびています。

マルタ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた、聖ヨハネ大聖堂もリパブリック沿いにあります。
騎士団の富と力が結集した内部は、荘厳で美しく豪華絢爛です。
びっくりするほど細かいところまでゴージャスなので、観光スポットとして本当にオススメです!

ほかにぜひ足を運んでもらいたい歴史的建造物は、カーサ・ロッカ・ピッコラです。
16世紀に建てられた貴族の館で、当時の豪華で豊かな暮らしぶりを実感できます。驚くことに、現在も子孫が住んでいるそうです!

小腹がすいたら、ぜひジェラート店へ♪
何店かありますが、イタリアから来ているジェラート屋さんが1番美味しかったです(笑)

私はマルタで、よくカプチーノを飲んでいました。
1.5ユーロくらいの値段で、大きいマグカップにクッキー付きで出てきます!
ほとんどのカフェは無料Wi-Fiがあるので、ぜひ利用してみてください♪

(↑海は青く、透き通っています)

バレッタだけに限らずマルタ全体に言えることですが、休日はお店のほとんどが閉まってしまいます。遊びに行く際は気をつけてくださいね!

私がマルタに行った時はまだ気温が低かったので海には入れませんでしたが、夏には多くの観光客が海水浴やマリンスポーツを楽しみに来ます。

————————————————————————————————————————-

日曜日の朝は、マルサシュロックの朝市がオススメです。
バレッタのバスターミナルから40分ほどで着きます。
観光客は市場のほうへ歩いて行くので、道が分からなくても波に乗って着いていけば辿り着けます。
新鮮な魚介類や野菜のマルシェ、伝統工芸品のレースや銀細工、ゴゾ島特産の蜂蜜など、たくさんの商品を低価格で購入することができます。
朝市では生産者に直接会うことができるので、ディスカウントしてもらえるかも…!?

市場の近くのレストランでは、美味しいシーフードが食べられます。
観光客が多いところなので、お店の人たちはとても優しくフレンドリーです。
マルタでは1人分の注文で2人分の量が出てきて完食するのが大変ですが、シェアして食べてもOKなので安心してください♪
高級なレストラン以外チップが要らないことも学生の私にはありがたいことでした。

(↑朝市のエビや魚介類)

————————————————————————————————————————-

かつて騎士団が闊歩した町イムディーナは、今はオールドシティと呼ばれる寂しげな雰囲気をもつ静かな町です。
この町は城壁に囲まれており、どこまでもくねくねした狭い小路が続いています。
ここに行けばタイムスリップをしているかのような錯覚に陥ります。

(イムディーナのメインゲート)

イムディーナにはファンタネッラという人気のカフェがあります。
チョコレートケーキが有名ですが、ほかのケーキも美味しそうでした。
開放的なテラス席からは、マルタの長閑な田舎の景色を楽しむことができます。
お店は綺麗なお花で溢れていて、女の子はぜったい気に入ると思います!

イムディーナでお土産を買うなら、イムディーナガラスへ♪
店内は美術館と間違えるくらいきらびやかで、時間を忘れて綺麗な作品の数々に見入ってしまいます。
1階の天井に掛かっているシャンデリアも、美しいガラスで作られています。
お店に行くことがあれば、ぜひ探して見てください♪

————————————————————————————————————————-

私が滞在中、1番好きだった町はスリー・シティーズです。
ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの3つの町の総称で、バレッタの対岸に位置しています。

(↑自家用の船が所狭しに並んでいます)

スリー・シティーズはゆったりと時間が流れていて、住民の方が本当に優しいです。
家の中から挨拶してくれたり、カフェでは話しかけてくれました♪
マルタは小さな国なので、ほとんどの国民が知り合いでどこでもおしゃべりしていますが、スリー・シティーズは特に住民同士が仲良しだと思います。

スリー・シティーズはほかの町よりは観光スポットは少ないですが、歩いているだけでリラックスできるし、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれる不思議な町です。
対岸に賑やかなバレッタが小さく見えるのも、ここスリー・シティーズの魅力だと思います。

————————————————————————————————————————-

休日はフェリーでゴゾ島まで足を延ばすことをオススメします。
バレッタから約1時間で行くことができます。
ゴゾ島では観光バスかタクシーを使うと、丸1日有意義に時間を使うことができますよ!
私はグループでタクシーを利用したのですが、運転手のおじさん2人は親切で優しかったです。
おじさんたちにルートはお任せし、お昼ご飯のレストランも島民オススメの場所に連れて行ってもらいました♪

(↑青の洞門、ブルーグロット)

ゴゾ島で有名なのは青の洞門、ブルーグロット!
陸続きの高い岩礁が年月をかけて波と風でえぐられ、自然の大きなアーチを描いています。
周囲の美しい海面と相まって、青の洞門と呼ばれています。
私が行った時は天気が悪かったので写真では伝わりませんが、晴れている時のブルーグロットは本当に綺麗です!

だまし絵がおもしろい大聖堂もあります。
建築当時はドームが載るはずだったのですが、資金不足により取りやめになってしまいました。
そこでイタリア人の画家アントニオ・マヌエルによって遠近法を駆使した天井画が描かれ、あたかもそこに壮大なドームがあるような錯覚を与えることに成功しました。
注意深く見ないと、本当にドームがあると思ってしまうほどですよ!

————————————————————————————————————————-

最後に、私のマルタで1番好きなスポットを紹介します♪

(↑ローアー・バラッカ・ガーデン)

バレッタにあるローアー・バラッカ・ガーデンです。
この公園からは、スリー・シティーズの方を一望できます。
オリーブの木などの緑が茂る公園の中央には、新古典様式の神殿が建っています。
マルタはネコが多いのですが、この公園でもたくさんのネコが日向ぼっこをしていて癒されますよ♪
マルタの人たちもベンチで寝ていたり、本を読んだりしてリラックスしていました。
ここは、実際のマルタの雰囲気を感じられる場所のひとつだと思います♪

————————————————————————————————————————-

マルタはまだまだたくさんの魅力がある国です。
ここでは伝えきれない人々の温かさや、ゆったりと流れる時間、美しい景観の数々…
直行便がないため飛行機に乗っている時間は長いですが、訪れる価値は本当に大きいです!
みなさんもマルタへ旅行してみてはいかがでしょうか?(*^^*)

【世界の街並み紀行】モンゴル

放牧

今回の世界の街並み紀行はモンゴルです!
 
 
 
 
 
*******************************

 

 

大学2年の夏休み。モンゴルに詳しい知り合いに付いて行って、初の訪モ。

目的はズバリ、草原で馬とラクダに乗ること!

 

意外と短い5時間のフライトと1時間の時差。とっても楽チンでした!

 

一日目は首都ウランバートルで、知り合いの友人の家に泊めさせてもらうことに。ウランバートルはここ数年で高層ビルやマンションが次々と建てられたそう。

 

町の至る所にチンギスハーンと建国の父スフバートルが。

 

モンゴルの伝統音楽のホーミーや馬頭琴、シャーマンの伝統舞踊のショーを観て、予想以上に感動!!本当に興奮した!日本で公演があったらぜひ行ってみてください!あまりに感動しすぎて、写真を撮る暇がありませんでした。笑

 

現地の大学の教授とお話ししたり、子供病院やチベット仏教のお寺などに行き、その後待望の草原へ!!

 

ウランバートルから4WD30分ほど走らせるとすぐに草原が広がります。そこからさらに2時間ほどのところにあるのがテレルジ国立公園です。見渡す限りの草原と一本道。モンゴルは日本よりも標高が高いため、太陽が近いです。沿道には旅の無事を祈る儀式ための石の山があります。ここを3周してから出発です。

 

 

 

道中には意外とゴツゴツした岩もあります。「亀石」や「ブタ石」など、動物の形をした岩が見られます。なんと、亀石には登ることができました。

 

 

 

そして、念願の馬とラクダ!!どっちにも乗ることが出来ました!私のオススメはラクダです。コブがプニプニしてて可愛かった!

 

 

 

 

 

 

 

その後今日の宿へと向かいます。テレルジ国立公園の中には観光客用のゲル型のホテルが所々に置かれています。そんなゲルを横目に、さらに草原の奥へと進んで行きます。こんな奥地には誰も来ないからオフロードを運転させてもらったりして!!そうこうしているうちに、目的地に到着!今日の宿。遊牧民のゲルです。

 

 

 

番犬とおばあちゃんと孫がお出迎えしてくれました。この番犬、オオカミから家を守ってるらしい。(…え、オオカミいるの。笑)

 

こちらがゲルの中。意外と広い!テレビもある!(昼の内にソーラーパネルで電気を貯めるらしい。おばあちゃんが夜にメロドラマを観てました。)

 

 

 

 

夕方になるとおじいちゃんがヤギと羊を連れて放牧から帰ってきて、おばあちゃんは牛の乳搾りを始めました。お手伝いしたけど、下手くそすぎてすぐに交替させられた。笑

 

 

 

基本的に主食は肉。とにかく肉。そして、ヨーグルトやアーロールと呼ばれる乳製品です。アーロールは獣の味がします。モンゴル料理はさほどレパートリーがなく、数日間でほぼ制覇できるほど。基本的に美味しい!

 

 

 

 

今回の旅の衝撃は何と言っても、草原での朝の散歩です。すごく懐いてくるかわいい番犬と、トコトコ歩いていると、オオカミに襲われたヤギが!すると、あのかわいい番犬がしっぽを振って食べ始めるではありませんか!!!

…もう、衝撃すぎましたが、広大な自然のせいで麻痺してしまって、笑っちゃいました。笑

 

見渡す限りの草原と、広い青空、満天の星空。そんな下でトイレをし、川で顔を洗い、本当に非日常でした。しみじみ、楽しかった!

 

また、あの家族に会いに行きたいな!バヤルラー!(ありがとう!)

 

 

 

 

 

【世界の街並み紀行】ボリビア

ウユニ塩湖3

今回の世界の街並み紀行では、ボリビアの様子をお伝えいたします!!!
 
 
 
************************

この春休みに行ってきたボリビアを紹介します!

ボリビアと聞いて最初にイメージするのは、最近有名なウユニ塩湖・・!!

だと思います、が!!

ボリビアにはウユニ塩湖以外にもたくさん魅力があるのです~!!

もちろんウユニ塩湖はとーっても素敵でした♡

では、これから私が行ってきて感じたボリビアの魅力を紹介します!

まずは、ティワナク遺跡

 

ボリビアのペルー国境付近に位置しています。

ティワナク遺跡は世界遺産にも登録されています!

ティワナク遺跡は、紀元前200年から紀元後1200年頃までの1400年間も栄えた文明で、

インカ帝国の始まりだったのではないか・・!?!?!とも言われています。

ですが、まだ遺跡の発掘も30%くらいしか進んでおらず、多くが謎に包まれています。

↑を使って、太陽の動きで日にちや時間を把握していたそうです。

しかも、かなり精密に・・・!!!

ティワナク遺跡は、人類にとっても大きな影響を与えた場所らしいのですが、

未だ多くのことが解明されていないことや、

ボリビア政府が観光にお金を回すほど余裕のないことから、あまり有名ではありません。

ですが今後大注目される可能性大のとても神秘的な場所です!

遺跡好きな人はぜひ・・・!!

次はボリビアの都市ラパスです!

世界一標高の高い首都(3800メートル!!!)やすり鉢状になっている都市として有名です!


街の下の方に行けば行くほど、所得の高い人が住んでいるそうです。

ラパスは本当にきれいな街で、車を少し走らせると、月の谷という観光スポットがあります。


ここにきた宇宙飛行士が、なんだか月みたいだと言ったことから月の谷と名付けられました!

都市の中に急に現れるのでなんだか不思議です。

ここだけ異空間でとても楽しかったです~!!!

さて、ラパスはとても都会でして、


シマウマが道路にいることもあります(笑)

でも、これにはしっかり意味があって交通整備を若者にやってもらうことによって

雇用対策になっているそうです!!!

なぜ、シマウマなのかは謎です・・遊んでいるだけのように見えなくもないです・・

日本では想像できないですね~!!!

歩くだけでも楽しい、ラパスでした~~!!!

では、次にボリビアといえば!ウユニ塩湖を紹介します

ラパスから車で8時間!!!ウユニの街を目指します!

飛行機も運行しているらしく、それだと2時間ほどで着けるらしいので、時間が無い人は飛行機をおすすめします(笑)

でも、時間はそれなりにあるという方にはぜひ車で行きましょう!

まず、乗る車が四駆なのです!!


日本で乗るとこはあまりありませんね!!

しかも、ラパスからウユニに向かう道は大自然に溢れていて、とーっても楽しいのです!


野生のアルパカやリャマがいたり、


きれいな地層があったり、


車が横転したり・・・

ウユニに行くまでの間に十分ボリビアを満喫できます!!笑

そんな8時間の長旅の末到着したウユニ塩湖・・


きれいすぎます!!!

写真で見るよりも何倍もきれい!!!!

ウユニ塩湖は秋田県と同じくらいの大きさだそうです。

空がちかくて、空気もきれいで、このきれいさは言葉では表せないです、本当に!!!


行くのは大変だけど、その分本当に感動は大きいです!!

南米大好きになりました!!

今度、旅行に行く際は、ぜひボリビアを候補に入れてみてください♡