Tag Archives: 世界の街並み紀行、アジア

【世界の街並み紀行】タイ

今回の街並み紀行では、タイにある島、クレット島の様子をお伝えします!!
 
 
 
******************************

私は大学3年の夏休みにタイに行きました!

9月だったのでタイは雨期。
夕方にスコールが降ることはありましたが、日中はずっとお天気でした。

お天気を通り越した日差しの強さは、
日焼け対策に抜け目がありがちな首元にしっかりと跡をのこしました(*_*)

今回訪れた中で紹介したいのが「クレット島」です!

チャオプラヤ川の中州にあるため、船で行きます。

ものすごいスピードが出るこの船は20バーツで乗りました。
(日本円で70円くらいです。)

これではないゆっくりと島へ向かう船はなんと!
3バーツで乗ることができます。
交通費が安いと色んなところに気軽に行けるからいいですよね~

クレット島にあるお店は土日のみ空いているので、
観光客の方が多くいらっしゃいました(^ω^)

そんなクレット島で有名なものの1つめがこちら!

花の天ぷらです!
赤いお花はとげとげしていて痛美味しかったです。笑
お味は意外といけますよ~♪♪

有名なもの2つめがこちら!

いい笑顔ですね(*´▽`*)
一緒にクレット島に行ったタイの大学生の子です。

…大好きなこの子はおいといて、
有名なのが彼女が持っている陶器です!

横を向いてしまっていますがどうやらウルトラマンの形をしているようです。

いいのかなあ??笑

陶器を買うと一緒に飲み物をいれてくれました。

この島では陶器をろくろを使って作っていました。
ろくろ体験も日本に比べてとってもお安くできたのですが
乾かすのに時間がかかるため断念しました。残念。

お昼を食べるためにお店に入りました。

ここで食べたのが「カオチェー」といわれる宮廷料理。

カオチェーは固めに炊いたご飯に、
氷と清涼感のあるジャスミンウォーターをかけて頂く、お茶漬けの冷たいバージョンです。

暑さで食欲がなくなりやすいソンクラーン(タイの正月)に少しでも食欲が出るようにと考案されたものだそうですよ~

氷も入っているので見るからに冷たそうなんですが
食したことがそれまでなかったために、お茶漬けを想像していた自分は
カオチェーの冷たさと味に驚きました。笑

佃煮のように甘辛く味付けされた魚や大根などと一緒にいただきました。

カオチェー。
慣れてくるとたまらなくおいしかった!!!

あとは、外国人が好きなタイ料理第1位を誇るパッタイもいただきました。

他のお店でも食べたことがあったので辛さもそのままに注文したら、
このパッタイはかなーり辛かったです(;_:)(;_:)
でもでも、辛うまでした!

お昼をいただいたこちらのお店のアイドルを発見!

子猫ちゃんです*

私たちがご飯を食べている隣のテーブルで
我が物顔に寝っ転がっていました。

アイドルは計4匹(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

猫カフェを訪れた気分にもなれるかもしれません♪♪
(自分は猫カフェを訪れたことはありません)

この看板は一体なんでしょう!?

水族館でもあるのかなーと思い、矢印の方向に進んでみると

いたのは大量の鯉たちでした。

さきほどの看板の裏で鯉にあげるためのパンを売っていたので
買って餌付けすることにしました。

日本でも池に鯉がいると餌をやったりするので
そこらへんはどの国でも一緒なのかなと思っていたのですが、

タイではお寺にお魚を献上したりするので
鯉などの魚も大事にする風習があるとのことでした。

ただ餌やりを楽しむとは違った理由があっても、
餌を食らう鯉の勢いはあまりどこでも変わらないようでした。笑

クレット島は島をぐるりと回ってたのしめます☆

バンコクで有名な寺院をまわるのも素敵ですが
ちょっと離れた島で1日を過ごすのもありだとおもいました!

クレット島を訪れた際は
ぜひぜひ陶器作りもチャレンジしてみてください(*´▽`*)

タイの方は親日家のかたが多いと言いますが
本当にその通りで、お店の方やすれちがった方と目が合うと
にこりとほほえんでくださる方がたくさんいらっしゃいました。

微笑みの国でいやされてください*

【世界の街並み紀行】プレー(タイ)

タイの観光場所といえばバンコク!

しかし今回はあまり知られていないタイ田舎、プレーを紹介しましょう。

  

プレーってどこ??というそんなあなたに!

 

プレーはタイの北部に位置しています。

人口は約45万人

 

空港や電車はありません。

チェンマイからバスで約4時間

バンコクの北バスターミナルからであれば約8時間のところにあります。

 

 

私の場合、バンコクから車で約7時間半かかりました…。

国内なのに長旅

 

プレーに到着すると、バンコクでは見かけなかった変わった形の家が!

 

それは田舎ならではの高床式住宅、

プレーではこの形の住宅が一般的です。

家のほとんどの部分が木でできています。

 

こう見ると、ザ田舎!!というかんじがしますよね。

そこがプレーのあじわい

 

高温かつ多湿なタイでは高床式にすることで暑さをしのいできたのです。

タイの醍醐味といえばタイ料理!

 

プレーにはデパートやスーパーがありません。

そのかわり屋台レストランで安価に料理を食べることができます。

 

 

タイは1年を通して温暖な気候なので料理をあまり作り置きすることがありません。

 

現地の人は手軽で美味しい屋台レストランを3食利用するということも少なくないのです。

 

それだけタイで屋台レストランは重宝されていいます。

 

 

次に、私が食べたタイ料理の中で美味しかったものを2品紹介します!

 

まず1品目はカオマンカイ!(タイチキンライス)

 

これは鶏肉を煮たスープで炊いたご飯と

その鶏肉のチキンライスです。

 

鶏肉のダシが効いていて、いい香りのご飯が食欲をそそります。

 

 

 

 

2品目に!(マンゴーとココナッツライス)

 

酸味と甘みのあるマンゴーと

甘しょっぱいココナッツライスがやみつきになります。

 

カオニャオマムアンはタイの最も人気なデザートの1つです。

 

タイに行ったらぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

そしてプレーならではのいいところは、

なんといっても自然!!

 

タイの都会では見られない

バナナの木の林、道路を歩く水牛、高床式住宅団地、畑の赤土

 

ここにしかない風景。

 

どこか懐かしくて安心します。

 

 

いかがだったでしょう、

 

実際に行ってみるとまた自分の目でこの良さがわかるでしょう。

そして都会とは違う、日本にはない発見があるはずです。

 

みなさんも一味違ったタイを味わってみてください!

シェムリアップ(カンボジア)

俺はラオスの南からシェムリアップにバスで入った。道がボコボコでお尻が何度も浮く。イライラした。バスは予定時刻3時間遅れの夜の1時に着いたので案の定どこのゲストハウスもやっていなくて、トゥクトゥクのおっさんが連れていきたがるゲストハウスに向かうことになった。

新しい町に夜につくのは少し怖い。

そして連れられていくとそこでは10ドルの部屋があるらしく高いが見せてもらうことにした。見るとその部屋はきれいだった。

しかし高かったので値切った所、「8ドルでいいけど他の部屋にしてSAME SAMEだから。」と言われた。完全に怪しい。同じなら部屋そのままでいいだろ。と思いながら部屋に入ると、普通に変わらなくて綺麗な部屋だった。

その部屋に泊まることにした。

そして

グダグダしているときに、ふと枕をみると、アイツがいた。はじめましてだ。南京虫。

 

こいつに刺されるとやっかいだ。ボツボツができ、とてつもない痒さになるということらしい。というかまず気持ち悪い。

 

しかし、夜行性らしく,電気つけとけば大丈夫らしい

なので体に虫除けスプレーを大量にまいて無視することにした。

 

バスでこっちは疲れているんだ。近寄るなよ。そう思い、寝た。

 

 

 

 

朝、起きると、、、

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫だったようだ。一安心。

 

それからシェムリアップの日々がはじまった!

 

が、しかし

 

翌朝に

クレジットカードが2枚とも使えないことが発覚した。

もう俺の手持ちの金は日本円700円と2ドルしかなかったのだ。

 

 

なんてこった。クレジットカード作った意味がない。詰めがあまいのだ。2枚作ったのにどっちも使えないのだ。

 

 

「おわった。」

 

と思った。

 

 

 

 

しかし俺には友達がいたのだ。その人は、友達になったばかりなのだが、

俺に金を貸してくれた。本当に本当に助かった。

持つものは友達だ。使えないクレジットカード2枚なんかじゃない。

 

 

 

 

 

お金がないので、かの有名なアンコールワットはあきらめることにした。

あれは入場料で20ドルとられるのだ。

カンボジアはアンコールワットの入場料で稼ぎにくるのだ。なんて奴だ。とても見たい俺の気持ち考えろよな。

 

 

 

その代わりに

俺は美味しいものを食べた。

 

プカプカというカフェのマンゴーかき氷。

 

 

 

 

 

 

名物だというカボチャプリン。

 

 

 

 

 

 

画像では伝わらないけど美味しいカレー。

 

 

 

アンコールビール。

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで食事には金使った。よく考えて使えばアンコールワット入れたと思う。

 

ミスった。人生失敗の連続だ。

 

 

 

 

アンコールワットはいけなかったけど代わりに

 

シェムリアップからバスで4時間のタイとカンボジアの国境にある世界遺産の崖、プレアビヒアに行った。

 

プレアビヒアは遠いためミニバスを15人くらいで借りないと安くならないので、ゲストハウスで仲良くなった人たちと行ってきた!

全部で20ドルはかからなかったので人数集まったらいってみてくださーい。

 

あまり写真では伝わらないけど自然が綺麗で壮大だった。

 

すごいきれいなんだ。実際行ってみてくれ!!!

 

 

 

 

 

 

プレアビヒアにいるこの子たちは、毎日この景色見ているのか。いいなーー。と思ったけど、この子たちは俺とは違い、他の国に行くことは一生に一度もないのだろうな。と思い自分は幸せだ。と思った。

 

 

 

そして

シェムリアップの夜も楽しんだ。

 

 

外国人観光客でにぎわっているPUB STREET

ここは様々なレストランやバーが建ち並んでいて、なかにはアンジェリーナジョリーが映画の撮影でカンボジアにきていた時にいきつけだったred pianoというバーもある。

これはhiphopというなんとも単純な名前のクラブで大半がカンボジア人で盛り上がっている。言葉は通じないけど踊りで分かち合える。

しかし私は踊りが下手なのでカンボジア人に爆笑されていた。

そしてここでは、たまに民謡が流れる。よくわからない。

ぜんぜんhiphopじゃないのだ。爆笑だ。

 

 

シェムリアップは、日本人観光客も多く、ほどよく都会なのでとても過ごしやすいのです

ぜひ行ってみてください!!ぜひぜひアンコールワットを見てみてください!!!!

PAGE TOP