Tag Archives: 世界遺産

【世界遺産特集】古代都市

こんにちは。世界遺産特集第5回です。

****************************************

歴史が好きな方なら「古代都市」と聞いて胸が高鳴るのではないでしょうか。私も歴史に興味があり、日本の城や寺院を観光するのが趣味だったりします。特に城下町は、過去にタイムスリップしたような感覚を得られるので好きです。
それではロマンあふれる世界の古代都市を紹介していきます。

①ダマスカス(シリア)

シリアの首都ダマスカスは、なんと紀元前3000年(日本では縄文時代)というはるか昔に成立した都市です。敵の侵入を防ぐために、都市の構造が迷路型になっているのが特徴的で、道が複雑に入り組んでいます。715年に建築された世界最古のモスク「ウマイヤド・モスク」が都市内にあり、域内最大の観光スポットになっています。とはいえ、現在ではシリア騒乱により危機遺産登録されており、残念ながら訪れることはなかなか難しいでしょう。

②テオティワカン(メキシコ)

神々の都市とも呼ばれるテオティワカンは、紀元前2世紀頃から6世紀頃まで反映した宗教都市です。都市の中央には「死者の大通り」という4キロにも及ぶ道が整備されていて、その両側には太陽のピラミッド、そして月のピラミッドをはじめとする多数のピラミッドや神殿があります。その建築の様式から、高度な文明を誇っていたことが分かります。最盛期には20万人以上の人が暮らしていたそうです。成立も滅亡も、詳細は謎であり、ミステリアスなスポットです。

③ネセバル(ブルガリア)

黒海に突き出した半島に位置するネセバルは、現在ではリゾート地として栄えていますが3200年もの歴史を誇る古代都市です。埋め立てにより陸地と繋がれる以前は完全な島であり、その周囲が防壁で覆われていました。その地形上の有利から、他の文明による侵略を防ぐことができたと考えられます。教会などの歴史遺産だけではなく、海を楽しむこともできるので、観光スポットとしては最高でしょう。

 

いかがでしたか?俗世離れした不思議な感覚を味わえる古代都市は写真を見るだけでもワクワクしますね。また、一口に古代都市と言っても地形・宗教・時代などによって姿は様々です。興味を持った方は他にもいろんな古代都市が世界にはあるので是非調べてみてください。

【世界遺産特集】花

こんにちは。世界遺産特集第4回は、世界の「花」をテーマにお伝えします。

***************************************

2017年の春はひたち公園が一躍有名になりました。InstagramなどのSNSで拡散されたことがきっかけとなり、満開のネモフィラの「青い絨毯」を一目見るために、日本各地、そして世界からも観光客が集まりました。来場者数はゴールデンウィーク中の9日間だけで58万人と、とてつもない人気だったそうです。シーとランドを合わせた東京ディズニーリゾートの来場者数が年間で3000万人程と考えると、いかに多くの人がひたち海浜公園に集まったかが分かるでしょう。

というわけで、今回は花の世界遺産をご紹介します。

①カーステンボッシュ植物園(南アフリカ共和国)

アフリカ大陸最南端に位置し、ケープ植物区保護地域群という名で登録されている世界遺産の中にこの植物園があります。日本ではなかなかみられないアフリカ原産の植物が多く自生しています。写真はプロテアというアフリカ固有の植物で、中でもキングプロテアという種類のものは人の顔ほどの大きな花を咲かせます。アフリカというと砂漠の印象が強いかもしれませんが、ここでは鮮やかな彩りを見ることができます。

②ナンダデヴィ国立公園と花の谷国立公園(インド)


元々はナンダデヴィ山を含む地域が1988年に「ナンダデヴィ国立公園」として世界遺産登録されていましたが、2005年に「花の谷」と名付けられた渓谷まで登録範囲が広げられました。花の谷国立公園は標高3500m程度に位置し、そこではヒマラヤの高山植物を見ることができます。夏の終わりには「花の谷祭り」が行われ、「幻の花」とも呼ばれるブラフマカマルという白い花を村の男たちがつむのだそうです。厳しい気候条件の中で花を咲かせる高山植物は凛々しく感じますよね。

③キナバル自然公園(マレーシア)


こちらの自然公園では、何と言っても世界最大の花「ラフレシア」が自生する様子を見ることができます。ただ、この花は9ヶ月もつぼみの期間がありながら、赤い花を咲かせるのはたったの5日ほどで、運が良くないと見れずに終わることも多いそうです。他にも巨大なウツボカズラ等の食虫植物など、降雨が多いジャングルならではの植物が多く育っています。

いかがでしたか。可憐な花から逞しい花まで、世界には色々な植物があります。花を目当てに世界遺産を巡るのも素敵かもしれませんね。

【世界の街並み紀行】モンサンミッシェル

本日の街並み紀行は…モン・サン=ミシェル🇫🇷✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************

今回はパリから日帰りのバスツアーで行きました🚌

バスにゆられること5時間… うとうと

向かっているバスの中から遠くにモンサンミッシェルが見えた瞬間

目がさめました😳 🌟

対岸からシャトルバスに乗って…

どーーーーーん。 

世界文化遺産にも指定されているモンサンミッシェル。少しだけ歴史を紹介します。

モンサンミッシェルができたのは708年。

大天使ミカエル(フランス語でミシェル)のお告げで建設されました。

14世紀にイギリスとの百年戦争の時も不落な固さを見せましたが、

フランス革命の時に修道院は閉鎖し、その後は監獄として使用されていました⚠

修道院が復活したのは20世紀になってから。 こんな歴史があるなんて全く知りませんでした😳😳

島内は入り組んだ石畳の小路や階段がたくさんありおとぎの国にまぎれこんだ気分でした✨

こんなにせまい道が隠れていたり…

 

 

 

修道院の中はこんな感じです!

【回廊:Cloitre】ここは僧たちの瞑想の空間。

【貴賓室:Salle des Hotes】天井のアーチが美しいゴシック様式。

まだまだ見所はたくさんありましたが…あとは行ったときのお楽しみにしておきます😊 

 

 

日が落ちてきたと思ったら、一気に夜に。🌙

夜は、観光客も少なくなって落ち着いた雰囲気で散歩できました😇

モンサンミッシェル名物のふわふわオムレツとラム肉もいただきました🍴

 

ライトアップされた修道院は本当に幻想的で言葉がでませんでした。

自分がどこにいるのか分からなくなる感じです。笑

今回は日帰りでしたが、次は一泊して朝日を見れたらなと思います

みなさんも死ぬまでに一度は美しすぎるフランスの修道院に行ってみては🇫🇷  😌

 

【世界遺産特集】水

こんにちは。世界遺産特集第二回です。

*********************************
今回ピックアップするのは文化遺産ではなく、自然遺産です!
突然ですが、あなたは日本に世界自然遺産がいくつあるかご存知ですか?
正解は、「屋久島」「白神山地」「知床」「小笠原諸島」の4つです。意外と少ないですよね?(富士山は実は文化遺産として登録されています!)
そんな自然遺産の中で、今回はだれもが目を奪われてしまうような美しい「水」をテーマに紹介していきます。

①グレートバリアリーフ(オーストラリア)

グレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁地帯です。その存在は宇宙空間から確認できるほどの規模なんだとか。たくさんの小島が浮かんでおり、ダイビングなどのアクティビティで熱帯の海を満喫できます。常夏の海に飛び込めば悩みや不安もすべて忘れられるような気がしますね。

②プリトヴィツェ(クロアチア)

プリトヴィツェ湖群国立公園はカルスト地形で、その複雑な地形に水が流れ込んで滝や湖が構成されています。夏に透き通った湖を見るのはもちろん、秋の紅葉や冬は凍った滝、春は豊かな緑を楽しむことができ、訪れる季節によって顔が変わるのも魅力の一つです。箱庭のような幻想的な風景は圧巻です。

③ヴィクトリアの滝(ジンバブエ〜ザンビア)

イグアスの滝(ブラジル〜アルゼンチン)、ナイアガラの滝(アメリカ)と合わせて世界三大瀑布と呼ばれていて、水量が凄まじいです。滝淵には”Devil’s Pool”と名付けられた天然のプールがあり、水量が少ない時期はそこに入って、滝が落ちる間近のところまで近づくことがでます。スリルを求める方は行ってみてはいかがでしょうか。

④ペリト・モノレ氷河(アルゼンチン)

ロス・グラシアレス国立公園にあるこちらの氷河ですが、なんと温暖化が進む現在においても唯一活発に成長を続けています。35kmにも及ぶ壁のように連なった氷河の壮大さはもちろん、普通の氷には見られない深い青が印象的で、まるでアニメーション映画の世界のようですね。

 

いかがでしたか?今回はオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカというそれぞれ全く異なる四地域の自然遺産を紹介しました。水は地形や気候などの環境によって多様に姿を変えます。気に入ったスポットがあれば、是非訪れてみてください。

【世界遺産特集】世界のお墓

こんにちは。こちらの【世界遺産特集】のコーナーでは、いろいろな世界遺産をテーマに記事を書きます!

***********************************

記念すべき1回目の今回は、「世界のお墓」をテーマにお伝えします!権力者の象徴とされる墓。日本では、大仙陵古墳などの「古墳」が有名ですね。それではさっそく紹介して行きます。

①ピラミッド(エジプト)
世界遺産の墓と聞いて、誰もが真っ先に思いつくのはピラミッドではないでしょうか。一口にピラミッドと言っても、砂漠の中にあるエジプトのものや、森林の中にあるメキシコのものなど様々ですが、なんと言っても有名なのがギザのピラミッドでしょう。
ギザのピラミッドはクフ王の墓として伝えられており、「メンフィスとその墓地遺跡」として世界遺産登録されています。日本人がなかなかイメージすることができない一面砂の世界、一度は足を運んでみたいものです。

②タージマハル(インド)

一見宮殿のように見えるこちらの建物ですが、実はムガル帝国時代の王妃のお墓です。白く壮大なその様子から、世界一美しい霊廟とも呼ばれています。シンメトリーが特徴的で、調和のとれた外観が魅力的ですね。インドに行くなら必ず訪れておきたいスポットだと思います。

③モアイ像(チリ)

最後は太平洋にポツンと浮かぶ孤島、イースター島のモアイ像です。「ラパ・ヌイ国立公園」という名で島の一部が世界自然遺産に登録されています。島には約1000体もの像が点在しています。ミステリアスで未だ謎が多いですが、台座の部分からは人骨が出土しており、墓碑になっているという説が有力です。アクセスが大変悪く、訪れるのは簡単じゃありませんが、それゆえのロマンがありますよね。

 

いかがでしたか?有名な世界遺産が実はお墓だというのは意外と知られていない事実ですよね。もし今回紹介した場所に訪れる機会があれば、是非そこに埋葬されている人やその時代に想いを馳せてみてください。今までとは違う見え方で世界が見えるようになるかもしれません。

【世界の街並紀行】マルタ

大学2年生の春休み。

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ島に行ってきました!!

正式名称はマルタ共和国。

面積は東京都23区の約半分で、とても小さい国です。

世界地図では、確認できないくらい小さいです。笑

 

マルタはイタリア、シチリア島の下に位置しています。

首都はヴァレッタで、ヴァレッタは街全体が世界遺産に登録されています。

 

 

マルタへの直行便はないので、私はドバイでトランジットをして行きました。

片道約20時間でとても長いです。でも、この行き方が一番一般的な方法みたいで、マルタで出会った友達も大体ドバイ経由で来ていました。ほんとーーーーーに長い!笑

 

私は語学学校に通いながら、1ヶ月間滞在していました。

あんまり知られていないけれど、マルタは英語留学に熱を入れている国で英語の語学学校がたくさんあります。

ヨーロッパからの留学生が多いなあと感じました。

治安がとても良く、海が綺麗な国なので人気があるのも分かる気がします!マルタにいる間は時間がとってもゆっくり流れているようでした。笑

 

 

さて、1ヶ月の間に島の有名なところはほとんど回ったのでお気に入りの場所を紹介したいと思います!

 

 

まず初めは私が住んでいた街、セントジュリアン。

 

 

学校のすぐ近くに海があり、放課後に友達と海に行ったりしていました。

3月でまだ寒いのに、西欧の友達は普通に海に入るのでビックリ!教室内でも私は寒いのに、「暑いから窓あけて〜」と言っている生徒もいて体感温度の差を身にしみて感じました。笑

 

 

マルタではおなじみの小さなボート。このようなボートは、マルタのどこに行ってもあるのですが使われているのは一度も見ませんでした。夏になったら使うのかなーと思ったり。

セントジュリアンはショッピングモールもあり、美味しいご飯屋さんもたくさんあり住むには快適な街でした。

 

 

次にマルサシュロック市場。

毎週日曜日の朝、開かれている市場です。ヴァレッタからバスで30分ほどの所にあります。

私は滞在中に2回行きました!!

 

 

このように海沿いにたくさんの屋台がならびます。全長500メートルくらい屋台が続いています。

様々なものが売っていて、その日の朝にとれたばかりの魚や、洋服、靴、雑貨、日用品など本当にたくさんのものが置いてあります。ここで必要なものは全て揃います。

見ているだけでも面白いのでお気に入りの場所です!!

 

 

続いてイムディーナ。

ここは昔、多くの貴族が住んでいました。しかし多くの人々がヴァレッタに移り住んでいき、今では住んでいる人は200人程です。

メインゲートを通ると中は静まり返っています。本当に人が住んでいるとは思えないくらい静かでした。

 

 

中には、有名な教会やチョコレートケーキが有名なカフェなどもあります。

小道がたくさんあるので、秘密基地を探検しているようで面白かったです!!

そして教会のあまりの大きさに感動しました。

 

 

 

最後に首都のヴァレッタ。

私は滞在中に何度もヴァレッタに行きましたが、一番のお気に入りの場所はアッパーバラッカガーデン。

 

向かい側にある港を見下ろしたりでき、とても景色が綺麗な公園です。私はここで夕陽を見たかったのですが、見に行ったときに天気が悪かったり、条件が合わずに夕陽を見る事ができませんでした。これは本当に心残りです。涙

 

 

 

マルタはみんな親切で、とても過ごしやすかったです。なにより治安がとても良いので、最低限の注意は必要ですが、安心して行動できました。

マルタでたくさんの人に出会いましたが、全ての出会いが私にとっては大切で宝物になりました。

遠いし、なかなか行こうという気にはならないけれど、街並も海も綺麗なマルタに行く事ができて本当に良かったな、と思います。

 

最後に、私がよく散歩した道にある教会でおしまい!!

ケルン大聖堂(ドイツ)

 

ケルン/ドイツ

 

 

●1996年登録

●文化遺産

●入場料:無料

●アクセスケルン中央駅から出てすぐ

自身初の一人旅で5ヶ国目に訪れたドイツ、その中でも特に感動したのが、この世界最大のゴシック建築と言われるケルン大聖堂です。

私はオランダのフェンロという町からケルンに入ったので、途中で電車を乗り継ぎながらケルン中央駅に到着。
駅を出るとすぐ、その大きな教会が姿をみせました。


世界史を勉強するのがもともと好きだったので、もちろんこのケルン大聖堂の事は前から知っており、自分の中の「一度は行ってみたい場所ベスト5」にランクインしていた場所であるのでわくわくが止まらなかったのですが、実際にそれを目の前にした時はただただ圧倒されました。

「…でかい…」

ボキャ貧かも知れませんが、本当にこれ以外の言葉が出てこないくらい大きく、重く、気品の漂う建物でした。

高さは157m。

日本には333mの東京タワーや634mのスカイツリーなどがあり、「そんなに大きくないじゃん。」と思うかもしれませんがとんでもない。

 

実際にそれを目の前にした時の建物からあふれ出るような重厚感。

それもそのはず。ケルン大聖堂は金属を使っておらず、全て石で作られています。

 

 

上の写真を見て分かるでしょうか?

柱の一本一本に細かい彫刻が施されており、もう言葉を失うほど美しいのです。

 

繊細な彫刻が施されている157mもの石の建築物を見たことがあるでしょうか?
まるで子供のころのわくわくがよみがえってくるような感覚になります。

この協会のドイツ語名称は「ドム・ザンクト・ペーター・ウント・マリア」 といい、現在のものが3代目。
これが完成するまでには632年の期間を要したと言われています。

一番初めに完成したのが4世紀。

現在のケルン大聖堂は19世紀初頭のナポレオン戦争時、ヨーロッパにおいてナショナリズムの高揚がみられ、その流れの中で自民族の伝統をアピールしさらには心の拠り所とするために修築作業が初まり完成しました。

私が訪れたときも、まだ一部では修築作業を行っていたようでした。

 

 

 

外見に圧倒されながら中に入ってみると、思わず息をのむような景色がそこにありました。

 

 

映画でしか見たことが無いような装飾、そして祭壇。

内部には観光客はもちろんですが、熱心なキリシタンの方々もいらっしゃって、あちこちで十字を切る人や目を閉じ祈りを捧げている人がいて、神聖な場所なんだなと肌で判じることができます。

 

あ、ちなみに教会内では帽子は必ず外すようにしましょう。
かぶったままで教会内をうろついていると、神父さんらしき人にいきなり怒鳴られてしまいますよ。(体験談)

 

 

教会内にあるステンドグラスも本当に美しい。


 

 

教会内のガイドは確か2 €で販売していました。(値段は覚えてない…)

日本語のガイドもあったので、それを見ながらまわるとより一層楽しめるんじゃないかなと思います、

私は無宗教でキリシタンな訳ではないのですが、なんだかその場所にいるだけで心が洗われるような気がして新鮮な気持ちになりました。

 

 

 

 


外にある
ギフトショップではこんなものが。

 

ケルンとデュッセルドルフはライバル都市なんでしょうか?
わかりません…

 

 

 

 

ドイツには首都ベルリンをはじめ、フランクフルトやミュンヘンなど数多くの有名な観光地がありますが、ここケルンがドイツでは一番だという人も少なくありません。

そんなケルンの顔が、このケルン大聖堂。

年間600万人もの人々を引き寄せるその魅力は、実際に行ってみないと決してわかりません。

人生で一度は、このケルン大聖堂を訪ねてみてはいかがでしょうか。
少し寒いですが、クリスマスシーズンはより一層綺麗な景色が見れるはずですよ。

胸を張っておすすめできる、世界遺産の一つです。

厳島神社(日本)

日本/広島県

厳島神社

 

●1996年登録

●文化遺産

●入場料 大人300円 高校生200円 小中学生100円

アクセス JR山陽線宮島口駅→徒歩5分 宮島口港→フェリー10分 宮島桟橋→徒歩約15分

 

日本人でも一度は訪れてみたいと思っている人が多い広島県にある世界遺産、厳島神社。

瀬戸内海に堂々と立つ、鳥居の写真を見たことがある方も多いだろう。

鳥居

なぜ鳥居が海にあるのかというと、厳島神社のある宮島は元々島全体が神として崇められ、陸地に建てるのは恐れ多いとして海中に建築したのだ。

対岸からの眺め

普段ガイドブックなどでは見る機会が少ないが、鳥居側から本殿を見ると海が透き通るほどきれいだと言うことがよくわかる。海に浮かぶ本殿の朱色がよく映えている。

東側廻廊

本殿に入り、廻廊を進む。柱と柱の間は8尺(約2.4m)で、その間にある床板は必ず8枚。なぜ「8」で統一されているのかと言うと、仏教では8が神聖な数字であるからなのだ。

さらに、進むとおみくじを引くことが出来る。

 

~厳島神社のうわさ~

おみくじには「凶」が多いらしい…。

 

この年の初詣に別の神社で「凶」を引いた私はこのうわさにどきどきしつつ引いてみる。

凶

見事に「凶」である。1年に2回も凶を引いた私こそ「最凶の女」

本殿を抜けると反橋に出る。丸く反り返った橋だ。

反橋

昔は天皇からの使者である勅使(ちょくし)だけが渡ることが出来たので別名勅使橋共呼ばれている。現在は一般の立ち入りが禁止されているので残念ながら外から眺めるしかない。

 

~おすすめの食べ物~

広島の名物もみじ饅頭を油で揚げた「揚げもみじ」はとてもおすすめ。神社への参道で食べることが出来る。あつあつでさくさくとした衣に包まれたふわふわのもみじ饅頭は最高だ。

あげもみじ

 ちなみに、厳島神社周辺のお店は大抵18時頃には閉まってしまうので要注意。

最後に、とっておきの1枚を皆さんにお見せしたい。

夕焼け鳥居

 (石嶋)

 

 

 

PAGE TOP