Tag Archives: 大学生

【留学体験記】ドイツ(フランクフルト)

今回は大学2年の春休みにフランクフルトへ4週間短期留学をした体験記をご紹介します!

 

 

***************************************

 

上智大学2年(留学時2年)

留学の国:ドイツ  地域:フランクフルト

留学期間:4週間

語学研修先:Sprachcaffe Frankfurt

総費用:約50万(観光、食事、土産代含め)

滞在形態:ホームステイ

留学を決めた理由:

ドイツ文学科という学部で2年間ドイツ語、ドイツの文化を学びドイツという国に魅入られ、実際に自分の目で確かめたいと思ったため。また自分の今の実力を試したいと考えた。

 

 

 初めは留学斡旋会社を通した留学を考えていましたが、話を聞きに行ったり、調べているうちに自分で飛行機と学校、滞在先をそれぞれ決めた方が安く、更に自分の好きなスタイルで留学ができると分かり後者を選びました。

 

 航空券が一番安い2月3月、気温に関しても想像より寒くなかったです。

今回はドイツの航空会社ルフトハンザを利用しました。直行便で約12時間です。

 

 

 留学という名のドイツ1人旅でもありました。そのため平日の午前中は学校、その放課後は毎日フランクフルト散策、休日は少し足を伸ばしてドイツ観光をしました。

フランクフルトという都市自体はベルリンやミュンヘンに比べ有名な建物や食べ物が少ない街ですが、ヨーロッパ最大級の空港があるということ、またドイツの中央に位置し交通網も発達しているのでドイツ各地へ移動するのに便利でした。

 

ドイツの移動手段にはS-Bahn、U-Bahn,Straßen–Bahn、バスなどがあり、1回券から1日券、1週間など自分の用途に合った切符を買う必要があります。

 

私は1ヶ月の滞在だったのでMonatsKarteというマンスリーカードを中央駅で後々買うことになりました。

 

空港に直結する駅にてわからないながらに私も初めて切符を買ってみました!

しかし!目的の電車に向かって歩いて行くとそのままホームにいました!電車がきました!そうですドイツは駅に改札がありません!

 

 買わなくてもいいんじゃないか、そう思ってしまいそうですが、電車内でたまに抜き打ちで監査員がチェックしにきます。私も1ヶ月の滞在で5回くらい見せました。目の前で捕まり罰金を払う人もみました。罰金は40ユーロだそうです。

 

フランクフルトにはありませんでしたが、ベルリンやミュンヘンには刻印機というものがあって、買った券の使い初めに必ずホームにある刻印機に入れてから使わないと罰金など地域によってルールが違うので注意が必要です。

 

 

▲S-Bahn、ドアのところにボタンがあり打ちからも外からもボタンを押さなければドアはあきません。

 

 電車では大声で喋ったり、電話したり、バナナを食べたり、自転車を置く場所があったり、犬が乗っていたり、日本では考えられない光景を沢山みました。

ヨーロッパでは遅延などが多いと聞いていたので心構えしていましたが、定刻にくることがほとんどでした。

 

 初めての電車に戸惑いながらもようやくステイ先につき、挨拶をしました。

 私のステイ先はトルコ人の家庭でドイツ語を話しますが、料理や文化などはトルコのものでした。初めて触れるトルコの文化に初めは驚きましたが、美味しい料理やお酒を飲まない習慣、トルコティーを毎晩飲むなど私には親しみやすい生活でした。

暖かい家族で不自由なく、のびのびと過ごせました。Wi-Fiも使えました。

 

2年間学んだドイツ語の自信はドイツにきて打ち砕かれました。

ホストファミリーにも初めのころは、聞き取れない、伝えたいことがうまく伝えられないもどかしさがありました。

ステイ先には6歳になる男の子がいて沢山遊んでくれました。一人だし、ドイツ語の壁にブルーになっていた私でしたが、遊ぶなかで癒され、言葉もどんどん覚えていきました。

 

 

▲家にはグミの棚があって毎日、男の子が色んな種類のグミをくれました。ドイツのニュースやアニメをみながらグミを食べる時間が好きでした。

 

 

 

▲普通のスーパーにあるグミの棚です。この棚があと4つくらい。

 

 

 

 

▲どこのスーパーにいってもこの規模のソーセージ売り場。ドイツはソーセージ、納得でした。

 

 

 

▲フランクフルト、レーマー広場

 学校でできた香港の友達にフランクフルト観光してもらいました。

 市場やゲーテハウスなどに連れて行ってもらい、フランクフルトを1日で満喫できました。

 

フランクフルトで毎日行ったのはツァイル通りのMyZeilです。

ここは人気なお店が揃っていて、トイレが無料、WiFiフリー、くつろげる場所、給水所、なんでもあります。

 この旅に携帯Wi-Fiを持って行かなかった私にとって救いの場でした。

(のちにインターネットは大切だと痛感し、SIMカードを買いました。)

 

 

▲トイレが無料と言いましたが、ドイツにある公共のトイレはほとんど有料です。

 駅のトイレも1ユーロです。無駄に綺麗でした。コインをいれたら次回半額券がでてきました!

 

 

 初めての土日は家族とゆっくり過ごしました。

 

▲公園にお弁当をもっていってピクニック。

 子どもたちが無邪気に遊ぶ姿は世界共通なのかな。変わった遊具も沢山あって楽しそうでした。

ドイツでは日曜日は休む。それが当たり前でお店などもほとんど閉じています。

 

 

 

▲フランクフルト名物フランクフルタークランツ。

ガイドブックには載っていない美味しいケーキ屋さんなどをみつけたり毎日街を歩いて新たな発見をすることが楽しくてたまりませんでした。

 

 

 

 

▲ドイツはサッカーも盛んな国です。

フランクフルトは長谷部選手や乾選手の所属するアイントラハトのホームでもあって練習を見に行くこともできました。

 写真やサインもちゃっかりもらいました!

ブンデスリーガも見にいきたかったです!

 

 

 

 

▲学校は10人くらいの少人数クラスで自由な雰囲気でそれぞれの国の文化の違いについて驚いたり笑いあったりしました。わきあいあいで楽しかったです。

 

 

 

▲学校でできた日本人の友達と行った木曜日と土曜日限定のマルクト!

 屋台や酒場などが集まって賑やかな雰囲気です。空いた席に座ると夫婦やおじさんが話しかけてくれました。

 

 

 

 

▲お酒を勧められワインは好きじゃないと言ったらとなりのおじさんが白ぶどうのジュースを買ってきてくれました。優しい人が多いです。

 

 

 

▲ドイツはワインというイメージはあまりありませんでしたが、フランクフルトはアップルワインが有名で、ワインが好きではなかった私でも美味しいと思えました。

 

 土日にはローテンブルク、ノイシュバンシュタイン城、 ベルリン、ケルンなど現地ツアーを申し込んだり、DBというアプリで高速列車ICEの格安券を買ったりと、ドイツ中自分の行きたいところを旅できました。

 同じドイツでも地域によって雰囲気や文化が全然違くて、ドイツがもっと好きになりました。

 

 

これはドイツ全域にいえることですが、治安はとてもよく、びっくりするほど親切な人が多いです。

 物価も安いです。洗剤、お酒、ビールなど同じものが日本の半額以下で買えるものも多く、お土産に喜ばれました。

 

 学校はもちろん、なるべく部屋で1人になる時間を減らして家族と話したり、外へ出て買い物をしたり生活に馴染む時間を増やした方がお得でした。

 

 自分の知っているドイツ語はまだまだ観光のレベルだと思い知ったし、性格や行動の面でも自分の弱点を痛感しました。

 

 1ヶ月の留学ではどうしても観光になってしまい、いいところが目立って見えがちと思いますが、短い期間でも自分次第でその国のガイドブックなどに美化されていない雰囲気を感じられると思います。

実際ショックだったり日本すごいなと思ったりしたこともありました。

それを踏まえても、行く前では将来ドイツで働くなんて無理だと考えていましたが、働きたいと思ってしまうほど魅力のある、過ごしやすい国でした。

 

 「自分のしたいことをしたいときに。」ホストマザーに言われました。

どうしてもお金や時間の問題が発生する留学ですが、解決する方法を必死に考えて、できるとき貪欲にしたいことをすることで楽しいかけがえのない経験ができると思います。

 一度きりの人生、留学に行きたいけど、悩んでいる人におすすめしたいです。

 満足の1ヶ月でした。

第2回:大学生に聞いてみた!

さあ始まりました、第二回大学生に聞いてみた!!

今回は、イギリスに1年間留学した方にインタビューをしてきました!

 

 

 

―留学にいこうと思ったきっかけはなんですか?

いろんな人と話したかったのはもちろん、そのうえでの最低限の英語力を身につけたかったことのほうが大きかったです。どちらかといえば語学重視でしたが、語学だけで終わらないよう、こういうことしよう、とかは多少考えていて、最低限の力を身に付けたうえで、留学後半になにかできたらいいなと思っていました。

 

 

 

 日本文化を広めたい

―留学先で何かできたらいいなと言っていましたが、どんなことを?

「日本の何かを広めたいな」と思っていて、自分が日本の文化について一番知っているのはなにかと考えたときに出てきたのが、小学校から続けていた柔道でした。イギリスに行ったときも、イギリス国内で柔道について一番知っているのは自分なんじゃないかなと。そこで、柔道教室を開きました。あとは、大学の日本文化サークル的なものに入ってみたり。大学の柔道部、アイスホッケー部。旅行もたくさんしました。実際、留学中にしたことはそんなになく、留学中になにかしたかといえばやっぱり柔道教室ですね。

 

 

―実際、向こうで柔道教室を開いたわけですが、大変だったことはありますか?

いや、楽しかったですね。教室探し、講師探し、ライセンスの取得から始めましたが、やってできないことはないんだなと。ただ、柔道の認識が向こうでは違っていて、柔道=格闘技という、勝負より戦い、みたいな認識がありました。なので、武道というのは、相手がいるからこそ成り立つものだし、相手を尊重するものなんだよ、という柔道に対する考え方から教えていきました。

 

 

 

「海外ってどんなところなんだろう」

―語学力を重視していたようですが、もともと海外への興味はありましたか?

留学に行くまでは、一度も海外に行ったことがなかったので、どんなところかな、という程度でした。一番は、「海外に行ってみたい」という思いもありましたね。

 

―この留学が初海外ということですが、なにか海外に対して不安はありましたか?

面白いくらいに、なかったんです(笑)周りの人の方が心配してくれて。特に家族の中では、出発日が近づくにつれてどんどんおおごとになっていって、終いには「トイレットペーパー持っていきなさい」といわれ、渡されたときは衝撃でしたね!さすがに日本に置いていきましたけど(笑)

 

 

ー留学先をイギリスに決めた理由はなんですか?

アメリカ留学も考えたのですが、アメリカ人としか触れ合えないと思って。留学先のケント大学は、1/4位が留学生で構成されているんです。いろんな宗教、文化、言葉などの背景、バックグラウンドを持った人たちとと関わりたいと思っていたので、この大学に留学を決めました。そいう意味も含めてイギリスでした。

 

 

―留学先であった出会い、なにかありますか。

旅行先で出会った人たちも含め、向こうで深く関わった人たちとの出会いは大事にしていきたいと思っています。東京オリンピック決まった瞬間には、メッセージがたくさん来ました。彼らにとって、東京といったら自分なんだなと感じて、なんだか嬉しかったです。

実際、去年の夏にはベトナムへ友人に会いにもいきました。彼はベトナム人だけどイギリスの大学で3年間過ごす予定の人で、仲良くさせてもらいました。ドイツ、マドリードに行った時も友達の家に泊めてもらいました。つながりはほんとに大事にしていきたいですね!

 

―では、留学後は海外へ行くことが多かったのですか?

留学中も結構行って、特にヨーロッパはたくさん行きました。旅行できるっていうのも結構イギリスを選んだ理由でした(笑)イギリスからフランスまで3000円でいけるんですよ!いるときだけで10か国は行きました。

 

 

―留学中はいろんなところへ行くべきだと思いますか?

正直、自分は行き過ぎたと思っています。イギリスに留学していたのに年末の休みはドイツに1か月いたりとか(笑)でも旅行することによってその国の文化や生活スタイルを学べたと思うと、よかったなと思います。それぞれの国で友達の家にもいったから、家のスタイルも分かったし、家族にも会って、一日友達の弟とサッカーゲームして遊んだり。一度も勝てなかったけど(笑)

そういうのも含めてよかったとは思うけど、もし、せっかく留学してるんだからイギリスで過ごした方がよいと言われたら、それも正しいことだと思うので。どっちがおすすめというのはなくて、自分には旅行は楽しかったし、やってよかったなと思います。

 

 

―留学中OR旅行中、なにかハプニングはありましたか?

語学は最初困りました。最初の方は本当に聞き取れなくて・・。講義とかになると聞き返すこともできないし、特に大教室だと本当にわからなくて。

なので、録音機を持ち込んで録音し、部屋に戻って何度か聞くってことを最初の1、2か月くらいは繰り返していました。語学学校じゃなくて普通の授業をとっていたので経済学とかも普通にとっていて、ミクロマクロ、ゲーム理論、統計学がもちろん全部英語で(笑)大変でした。

旅行では、スイスに行った時。カードだけで2日間過ごそうと思っていたんですが、国によってトイレにお金を払う国があって、スイスがそれで・・コインを入れないといけないんです。最終日、飛行機に乗る前にトイレ行きたくなったけど、「コインない!」てなって。カード入らないし本当に困りました(笑)

 

 

―海外に行ったことで、海外へのイメージは変わりましたか?

料理がおいしい。

―意外ですね・・!

イギリスって結構「おいしくない」と言われてますが、僕はそうではなくて、薄味で、自分で味付けして食べる文化なんだと思うんです。テーブルには必ず塩コショウが置いてあり、パブとか行くとたくさんの種類のソースやマヨネーズ、ケチャップなどがあってつけて食べるんです。

日本人が、そのまま行って、日本の感覚で出てきたものを食べるから「味薄い・・!」と感じてしまうけど、イギリスの文化は自分で味付けするものだから、それを楽しめるひとには向いてるんじゃないかなと思います。

 

 

 留学したからこそわかった国の文化

あと、イギリスの食文化ってあまりないんですよね。

産業革命がイギリスで起こった時、イギリス料理が確立される前に他の国の料理が入ってきたのでイギリス料理が発展しなかったんです。逆にいうと、イギリス国内ってたくさん民族料理屋があるんですよ。特にインドが多くて。チキンティカマサラっていう料理も、インドにはなくて、イギリスのインド料理屋さんにはあるんです!インド料理がイギリス国内でさらに発展してうまれた料理なんです。なので、イギリス料理は、どちらかというと種類が少なく、味も薄味という文化なんだなと、向こうに行って感じました。

 

―これから行ってみたい国はありますか?

インドと南米ですね。

ゼミで開発経済をやっていて発展途上国に若干興味があって。そういう理由もあって、ベトナムとカンボジアは去年行きました。その延長ではないけど、発展途上国の代名詞的な、そしてなんかちょっと『インドにいったら何かがおこる』的な噂も気になるので(笑)

南米は、ミステリアスな雰囲気に惹かれて(笑)アジアアフリカとかは若干イメージできますが、「南米・・??」みたいな。単純に、ウユニ塩湖やマチュピチュにも行ってみたいです。

 

 

 

 

「留学はゴールではなく、スタート」

―これから留学する方に向けて、これはした方がいい、ということ教えてください!

「留学した」とうことで満足してはいけないと思います。留学をしたあとに、自分は何ができるのか。留学先で、何かを成し遂げる。例えばそれが日本人だからできることとか、日本人の中でも自分だからできること、自分でしかできないことなのかはわからないけれど、留学先で、自分にしかできない何かを、周りの人と違った強みみたいなものをさらに押し出していく、ことが必要だと思います。

 

なるべく人と話すこと

部屋にこもりきりとかじゃなく、外に出る。

日本人と固まるなっていうけど、留学先で会う人って結構価値観が似ていたり、目指すものが近くて留学しに来ているから、困ったときに相談したり、将来のこと、帰国してからのこととかを話すのは有益な時間だと思います。向こうで仲良くなった日本人とは、いまでも連絡を取っています。その人は違う年代の人だけど、向こうであったから同級生みたいな感じで。同じ悩みを共有した者として思い出話もできるし、辛さを共有した者として、まじめな話じゃないけど、心のこもった内容のやり取りもできるので。現地で日本人と絡むなっていうのは、どうなのかな、と感じますね。個人の意見としては一概に悪いとは言えないと思います。

 

留学したあとも、なにかできればいいと思う。

僕自身、帰ってきてから後輩に英語を教えるところで働いてみたり、後輩の留学の支援をしてみたり、翻訳のバイトをしたりしました。また、アジア国際柔道大会みたいなものがあって、添乗員として英語で選手とやりとりしたりもしました。留学へ行って、自分にしかできないなにかをして帰ってきて、その経験をもとに自分にしかできないなにかをする。

すべてを点で終わらせないで、線でつなげて。先へ先へ進んでいく。

自分のなかにとどめないで、周りのひとになにか手助けをしてあげるっていう姿勢でなにかに取り組めるとなおいいのではないかな、と思います。

 

 

 

第1回:大学生に聞いてみた!

みなさん、こんにちはーー!
今日から、世界市web新コンテンツ、“大学生に聞いてみた!”始まります!

え。大学生に何をきくのかって?
はい。このコンテンツでは、大学生に彼らの旅の思い出などを語ってもらい、日本から外に飛び出すことの魅力をみなさんに届けていきたいと思います。

インタビューさせていただく方々は、普通の大学生です!
等身大の彼らの思いによって、あなたの“海外欲”を刺激してみませんか?
 

 

 

 

本の世界を追憶する

――そうだ、旅に出よう――

 

今回は、ある本がきっかけで旅に出ようと思った大学生にインタビューしてきました。

 

 

・ きっかけは、1冊の本でした。

 


--何カ国くらい行ったことがありますか?
初めて海外に行ったのが、大学1年の夏で、2週間タイに行ってきました。そして、大学2年の春に、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポールの7か国に行ってきました。一応生まれは、アメリカなんですけど、小さい時だったので覚えてなくて(笑)、大学に入るまで海外は行ったことはなかったです。
 

 

--何がきっかけで旅に出ようと思ったんですか?
高校1年生の時に誕生日プレゼントで父親に沢木耕太郎の深夜特急という紀行小説をもらったんです。その本を読んでから、ずっと旅に出たくて仕方なかったんです。本当はインドに行きたかったんですけど、まずは近場の東南アジアから攻めていこうと思って。あとは、環境が変わった時に自分はどういった考え方をするのか知りたかったというのもありましたね。
 

 

 

・ 帰れないかと思った...

 


--初めての海外旅行は緊張しませんでしたか?
お金のこととか初めは緊張しましたけど、行ってしまえばだんだん慣れてきました。考えるより先に行動していましたね。

--何か困ったことや、失敗してしまったことってありましたか?
実は、両替する額を失敗してしまって、空港まで行けないかもって焦ったことがありました。空港で両替すると、レートが高いので、街中で両替しようと思って少しだけ両替して行ったのですが、ラオスとかタイの街中に、円が両替できる所がなかったんです。両替所があっても土日で閉まっていたりして、本当に困りました。不足分のバス代をまけてもらったりして、なんとか大きい街に行ってやっと両替することができました。今思うと、円じゃなくてドルで現金は持ち歩いていればよかったな、と思います。ドルならそこまで大きくない街でも使ってくれる所がありましたから。

 

 
・ 旅に出るってかっこよくない?

 


--あなたにとって、海外に出る魅力ってなんだと思いますか?
今まで日本にいて気づかなかった日本の良さに気付くことができるとことですかね。外に出てみると、あれ、案外日本悪くないじゃん。て思わされました。外に出て行ったから、自分の国の良さを再確認できました。
それに、旅に出るってかっこよくない?(笑) 人の話聞いただけじゃ、分からないことってあると思うし、行ってないより行った方がいいと思います。

--最後に一言、なにかありますか?

深夜特急ぜひ読んでみてください!笑
絶対旅に出たくなりますよ!

 

PAGE TOP